MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

田舎暮らしをしてスローライフは我がままですか?



t02200331_0426064013442321346.jpg



世間から我がままだと言われても、

私は田舎暮らしのお陰で平和で金銭的にも心も豊か^^

ストレスの無い生活を送りたい!

嫌な人間関係をリセットしたい!

好きな場所でのんびり悠々自適に暮らしたい!

残る余生を田舎でスローライフを送りたい!


そうお思いの方はもしかすると

世間から言わせると

『わがまま病』とお墨付きかもしれません。


あ、かも知れませんと言うか…

レッキとしたわがまま病ですね。きっと^^

もちろん良い意味ですよ。




やりたい事をセーブしている人生で

ストレス溜めて愚痴を言うよりは、


誰にも迷惑かけない、

心の赴くままのスローライフを

目指して突き進む方が、 

例え我がままだと言われても

心ゆくまで充実した生活をしている人は、金銭的にも心も満たされる分、

心の余裕が人を傷付けるような事は絶対に言わないし

アクセクせかせかしていなくて、全てが充実している人は

性格もゆったりしていて平和で豊かです。





確かに中々、人は世間の決められたルールは破れません。


しかしその固定観念のルールというものがもしあなたにとって、

家族を不幸せにしてしまうものだったり、

自分のことをおろそかに粗末にするのであれば、

その固定観念は捨ててしまった方が良いです。



決められたルールって法律はどうしようもないけど、

勝手に出来た常識みたいなものであれば

未練なく捨ててしまえば良いと思います。




今、早期退職で再就職先に困っている

大手企業のエリートサラリーマンもいる時代。


良い大学に入っても就職難


それもこれも定年退職まで勤めないといけないだとか、

大学卒業したら大手企業に就職。


こういう固定観念があり、それが崩壊している時代だから

大問題なのであって、そこを最初から目指さなければ

全く問題ない人生が送れます。


中卒でも高卒でも良いじゃない。


世間一般の常識で言うエリート街道に乗らないからといって、

ダメ人間でもなんでも無いのです。


心が満たされてキラキラしていればそれで人生大成功ですよね。




ただいきなり楽してとか、

超簡単にとか、

1日10分の作業で売上アップとか、

誰にでも出来るとか

寝ている間にザクザクだとか、

遊んでいる間に自動で集客だとか、

そういうことは絶対に無理なので、

しっかりと遣るべきことは遣りましょう。


遊んだり寝るのは後から十分出来ます。


いずれ好きな事して楽をする為に今苦労するのですよね。





好きな土地で気の合う人と好きなように働きたい人はコチラ



田舎から都会に出て住居探しの際の注意点



t02200311_0318045013442262705.jpg



今回は田舎暮らしとは逆パターンの都会暮らしのお話しです。


実際は都会から田舎にIターンして来るよりも

田舎から都会に出て行く人の方が圧倒的に多いですよね。


でも、一度は都会に出ても通用せず

田舎にUターンして帰って来るパターンもよく見受けられます。


地方から進学や就職で都会に逆移住して

住居探しの際の注意点を、

大阪出身の経験からお話しします。



普通は新卒入社ならばこの時期ならばもう

進学先や就職先は決まっていなくてはおかしいですよね。


親としては去年から子供の家探しに翻弄していて

4月に入社すれば2カ月経って親も子供もやっと

環境の変化に馴れて来た頃でしょう。


5月病で嫌になってもう辞めようか悩んでいる人や

うつ病っぽくなっている人や様々だと思います。



都会移住に際して地方から中々大阪や東京に行けない為、

用事をまとめて時間にゆとりも無いまま

色んなことを一度に済ませたいお気持ちは分かりますが、


大阪で不動産関係をちょっとだけ遣っていた私として

地方のお客様というのは言い方が悪いですが、

美味しいお客さんだと思われます。



その理由と共にお話します。




急いで探し過ぎると判断力が鈍る!


時間に限りがある為、

部屋の案内も数件しか観ることが出来ず、更に営業マンに、


・早く決めないと他に決まりますよ。

・もう一部屋しかないです。

・今日手付金を下さい。


等と言われることもあります。


不動産の営業マンもお仕事ですから

何度も案内して手間をかけたくありません。


ですから即決を促し手付金だけでも欲しいのが本音です。


それが何度も足を運ぶことが出来ない地方の方は

慌ててしまって冷静な判断も付かず、

土地勘も無い為に引っ越しした後に

後悔するなんてこともあります。


その一つに家賃の安さで選んでしまうケースが多いです。




家賃の安さだけでは決めない!


先ずは学校や職場に近い所を選び、

その次に気になるのが家賃です。


なるべく安い所を借りたいお気持ちは分かりますが、

安過ぎると騒音、治安の悪さ、住民とのトラブル、

老朽化、セキュリティーの不完全、

等といった問題もあります。


間取りや立地条件が気に入ったとしても

安いなりの理由もあるので、

しっかりと物件情報や近隣環境を

チェックするゆとりを持ちましょう。




地方の間取りと都会の間取りは違う!


地方で一戸建てで育っている家庭の方によくあるのが、

都会のマンションの部屋の狭さに驚くケース。


・えっこんな所に!廊下にキッチンが…

・収納も無くてこの値段…

・風呂とトイレが一緒なんて嫌。

・とにかく狭過ぎる。

・駐車料金が別に取られて家賃と同等…


等々、、、といった不満が出て来ます。



yjimageKDPBEYVG.jpg



ですが都会の一人暮らしの物件で

コストを抑えようと思えば

それが普通です…。


セキュリティーも整っていて、

そこそこ広くキッチンも独立してある物件を探そうとすると、値段が結構します。



その他、不動産の営業マンは歩合制のこともあり、

家賃の一ヶ月分が仲介手数料として入るので、

安い物件をご紹介するよりは

高い物件を紹介した方が全く同じ作業でも

入ってくるお金が多い方を選んで紹介するということ当然もあります。


歩合制ですから私も大阪では成績を上げる為に

そうして営業しておりました。



ですから出来る限り、

・前もってインターネットで調べておく。

・知り合いがいたら業者を紹介してもらう。

等といったことも大事です。



とにかく値段の割にえっ!て言うことが都会の住居では多いので、

生活設計は田舎と同じ訳にはいきませんね。





家族や大切な人を金銭的に幸せに出来てますか?
一生懸命なあなたに贈る堅実な在宅副業!


田舎では助け合いが当たり前とは思わないで!いざという時は助けてくれません!



t02200225_0625064013408400780.jpg



田舎移住者商売でお金を請求すると

ドケチだと言われる事が多々あります。


こちらも商売ですので、

お金を請求するのは当たり前なのですけど

田舎の人はそういう感覚に乏しいです。



ですから無料のイベントには人は集まるけど、

有料のものには中々集まりません。


物々交換が当たり前と思ってるんです。


助けてあげた代わりに助けてあげれば良い。


確かにそうです。


でも、タダで何でも貰うのが当たり前で、

それ相応の対価を払うという感覚に乏しい人が田舎には多いですね。


飲み屋のツケが当たり前であったり。

都会だと警察呼ばれますよ。


それと田舎で一番注意しないといけないのは、

借りた物は借りっぱなしであったり。

田舎特有の「なぁなぁ」ってやつです。



そういう考えの人は、

ものを買うのも嫌だけど、

逆に自分がものを売る時に

罪悪感を感じてしまいます。


これでは商売になりません。



そうならない為にも、

価値があると自信のあるものにはお金を貰う。


逆に、価値があるものに自らお金を払う。



払って頂くという気持ちと、払う気持ちというのを体感しないと

自分自身もお金を払わない人ばかりを集めてしまい

ボランティアばかりして商売が成り立ちません。


その結果、お金に苦労しても

そういう時は、地域での助け合いは(寄付してくれる)

絶対にありませんから。。。


都合の良い時は人にたかって、

都合の悪い時は知らん顔ですから。。。



お金を頂かないと収入が無い。


収入が無いと生活出来ない。


当たり前だと思うのですが。。。



田舎で商売すると、「ご近所からお金取るのか!」と、

悪者扱いです。


田舎の人は、やたらめったらと「助け合い助け合い」と言いますが、

本当に苦労した時(お金に苦労した時)は、

誰も助けてくれません。


それは都会でも同じで別に良いのですが、


田舎の人が本当に助け合いと言うのならば、

払うべきものには気持ち良く払ってあげて欲しいものですね。


そういう意味では、

田舎移住者も商売をするには受け入れられるのに苦労します。





低賃金で物価の高い田舎で余裕に暮らし続けるためには在宅副業が必須!

田舎暮らしでの収入源で足りない分を補填する為の手段を用意する必要性



せっかくの田舎暮らしお金だけの為に働いても

決して幸せとは言えないです。


お金よりも仕事を通じて生き甲斐や遣り甲斐を感じて

充実した楽しい人生を送りたい。


家族との時間を犠牲にしてまでストレスを溜めて働きたくはない。


でも、お金に不自由する生活も幸せではない。



田舎に移住して会社の給料や農業収入の足りない分を補填する

最適な収入源を確保する方法ってあるのか?



都会ですと女性ならば水商売とかもありますけど、

田舎ですと会社勤めの合間にアルバイトって難しい所もあります。



t02200333_0264040013441278546.jpg



田舎で仕事を探しているけど収入が足りない。

田舎でカフェをしたいけど回転率の不安がある。

田舎でゆっくり暮らしたいけど収入も必要。

田舎の給料は生活するには十分だけど将来の貯蓄が不安。



農家さんで言うと、

作っている野菜の量だけでは

収入が不足してしまう。


等々で田舎暮らしして仕事をしながらゆっくり暮らしたい、

理想の生活をしたい方で一番の不安要素のネックになるのは

予想は付いているかと思いますが、


一番のネックになるのはストレート過ぎる表現をするとお金です。


こういうお話しは嫌がる人も多い筈ですが、

田舎暮らしの現実として記載しますね。




こういうお話しって大嫌いな人と、

私と同じ思いを持った人と両極端ですね。



分かりやすく言うと...


AKBが好きな人には

同じように好きな人が集まり、


その話題が当たり前になって

モチベーションが上がるように


私みたいにパソコンを使ってでも何でも良いので、

会社や農業収入以外にも収入を得たいと思っている方が集まる場所だと、

そのことにフォーカスして有意義な情報が得られ、

それが当たり前になります。



そういう積極的な行動って、

ありとあらゆることに活かす事が出来るのです。



ここでは先ずは内職でも何でも収入源を増やすということにフォーカスして、

それからその知識を本来やりたい事に活かしましょう。


何故かと言うと、


お金が無くても不自由ですが、

お金だけの為に働いたり、

見栄の為だけに会社にへばりついたりと、


お金があっても

人生が豊かになるとは言えないからです。


やりたい事や守りたいものの為に

必要である収入を得るという意味で、

人や世間に価値を与えてこその対価を頂けるという事を

しっかり意識しないと結局お仕事や商いが成り立たないからです。



目的も無く、誰かの為でも無く、自分の為だけの

とにかく遊んだり贅沢したり見栄を張りたいが為の

お金、お金と、とにかく金儲けだけというのは

私はあまり好きじゃないです。


というかむしろ嫌いですが...。



折角、生み出したお金でまた更に役に立つことや求められることをして、

それから回り回って自分の身にも周りにも

良いものが巡って来ると良いですよね。



パソコンでも対面営業でもお店でも何でも、

販売する、ものを売る、買って頂く、お金を頂く

心構えとスキルを身に付け、

それを本業や遣りたいことに生かして欲しいと思います。



田舎移住を志す人は、

お金ではない幸せや心の豊かさを求めて

田舎でゆっくり働きたいという思いがある方がほぼですが、


現実問題として、収入と生活の維持と将来の不安で踏み止まっている人が多いのも事実です。



そこで肩肘張らずに見栄を張らずに素直に取り入れて頂きたいのが、

足りない収入を補う事です。


私は他の事ならば良いのですが、お金に関しての我慢我慢の苦行は私は絶対に嫌ですね。


かと言って、時間の全くゆとりの無い生活は田舎暮らしをする魅力が半減します。


例えば、田舎ですと会社の出社前に新聞配達をして、

就業後にはまた居酒屋にアルバイトに出掛けて、

休日はガソリンスタンドでバイト、

家には寝に帰るだけなどという生活では、

田舎に来た意味が無いですね。



私の理想の田舎暮らしは、のんびりとは程遠くなる

時間の切り売りをずっと続けることではないのです。



•自分の好きな時間に出来る事。

•場所を選ばず自宅や外出先でも出来る事。

•拘束時間が無くて、勤務時間に縛られない事。

•ノルマも無くて、好きなだけ遣れば良い事。


等々、とにかく誰かに雇われて時間も場所も限られる仕事ではなく、

自分の思うがままに在宅で出来ることを選ぶのが得策です。



その理由は、

私の理想のスローライフが遠のくからです。


お仕事の掛け持ちで何処かに勤めると必ず出勤しないといけません。


自分の時間が無くなります。


好きなことをして暮らしたいのに、

心のゆとりも無くなってしまいますし、体力的にも将来続けること出来ません。



お子様がいると病気の時に休まないといけなくて給料が減ります。


家族の介護が必要になった場合、勤めに出ることも難しいです。


カフェ等のお店だと店を閉めて迄バイトに出掛けると

何の為のカフェ経営なんだ?と思い悩んでしまいます。


だからこそ、


•勤務時間に囚われず自宅にいながらにしてで出来るお仕事。

•子供が寝てから、もしくは起きる前に自分の時間で出来るお仕事。

•カフェのお客様待機時間を有効活用出来る仕事。

•農業の無い時期に集中的に出来る仕事。


が最適なのです。


農業だけでは収入が足りなくてアルバイトに出掛ける場合、

体力的に限界が来ますし、そのバイト先が無くなればたちまち成り立ちません。


そうなると理想の生活の筈が農業を辞めてしまって、

何処かに働きに出る、ということになりかねませんし、


安い給料でも好きな仕事を出来て今の生活自体は

ゆっくり出来て良いけど長期的なことを考えると貯蓄も要るし、

将来の不安が募り、やっぱり都会に帰ろうという発想になります。


好きなことを仕事にしたくて田舎に移住したのにお金で挫折する

これは辛いですよね。。。


田舎でお金じゃない生き方を目指したのに

結局はお金が必要だった現実。


まさに私もそうでした。


だからこそ言っていることです。



好きなことを仕事にして暮らす理想の生活を目指しても

独身なら何とかなりますが家族がいるとそういう訳にいきませんよね。


心の豊かさはお金の不安があると手に入りません。


•本当にお金が無くなったことが無い人。

•仕事が無くなったことが無い人。

•貯蓄が十分にある人。

•健康体の人。


何不自由ない人には中々想像もつかない話だと思いますし、

お金の話しをすると凄く悪い話しをされていると思う人も多いでしょう。


でも素直に考えてみると、絶対に避けては通れない田舎暮らしの現実。


病気も自分がなってから気をつけなさいと周りに言うけど、

健康体の人は自分だけは大丈夫、と気がついてもらえない事があります。



それと同じで、自分だけは大丈夫と思っていても、

今の収入源が本当に長年未来永劫保障されるのか?


これから手掛ける仕事が上手くいくのか?


自分が病気や不慮の事故に遭わない保障はあるのか?


これは田舎に限らず都会でも同じですが

起こってからでは遅いです。


情報だけでも知っておく事をお勧めします。


金銭的に安定して生活的にも安心して

心豊かに暮らしたい人、全般に言えることです。





ド田舎のスローライフを豊かにするために在宅副業で収入補充


田舎で自分に合うお仕事を見つける超簡単な3つの方法!



t02200165_0256019213408376163.jpg



自分に合うお仕事を見つける職探しの方法は?



自分は何が好きなのか?

趣味は何か?

何が得意なのか?


を考える。



趣味に少しでも関連したお仕事を幾つもリストアップする。

リストアップした求人募集を探す。



自分の趣味とは全然関係の無い業種でも、

無理矢理こぎ付ければ、

趣味との関連事項は必ずある。



先ずは普通の会社のサラリーマンの中から再就職を考える。

自分なら簡単な仕事を選んでリクルート活動を始める。

永久就職は全く意識せずに取り敢えずは転職して入社する。



後は、とにかく会社にアポイントメントを取って、

面接に行く。

こっちが選ばれるのではなくて、

こちらが会社を選んでいるという気持ちでのぞむ。





今回は全く大した内容ではありませんでしたが、

田舎移住をお考えであれば、

色んな土地、色んな会社にとにかく足を運びましょうね。





お仕事が少なくて低賃金のド田舎でも在宅副業で安心スローライフ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。