MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

価格競争と言う名の底なし沼にはまらない事!



t01830275_0183027513473922754.jpg



田舎暮らしをしていると昔からよく言われる

手と手を取り合って皆で仲良く…


と言いますが、素敵な言葉ですよね。


でも、お仕事に関して言うと…


皆で仲良く…には裏側がありますね。


皆で足の引っ張り合いをしましょう

という意味も含まれています。




私は製造業をしている時に商社さんに、


●●製作所はこの値段で出来ると言ってました。


●●会社はこの条件で良いと言ってました。


と。。。


はあ?だ、か、ら?

と思うんですが結局、


●●製作所はこうしてるんだからあんたも黙って

この条件を呑めば良いんですよ。

とそんな感じです。


すると作る方もライバル会社が幾らで作るか

気になって仕事を取られたくないから

安く出荷してしまいます。


そう、その商社しか販路が無いと

断られたら仕事が無くなるからですね。


で、その状況に洗脳されると次に

高く販売している人が悪人になるんです。


でもですね、

その価格の価値の判断は消費者がする訳で

同業者には関係の無い話しです。
本当は。



しかしながら●●製作所は、この価格で出すから

うちは高くしたらボッタクリに見られるかな?

等という発想になるんですね。


何て人が良過ぎなんだ…


あ、いや、そこに共感している場合じゃなくて。。。



これが農産物直接販売で言う、あそこの農家は高く出荷して

儲けようとしている等という噂を気にして、

価値のある有機野菜でも高く販売出来ない状況です。


周りの意見を気にして自分の労働力を切り売りして

周りの生産者さんと穏便にしようとする。


実際言われるのでお気持ちも分かります…


そしてその中で誰かが値段を安くすると、

自分も安くしないと売れないんじゃないかと

安売りに走る。


利益が無い。苦しい。続かない。

こういう状況です。

足並み揃える事は時に悪事でもあるのです。


でも!


これがインターネット通信販売などを利用して

販路を全国に向けて

自分で売れるようになると同業者や近所の人、

そして卸先にグチグチ言われなくなりますよね。


ちょっと…ヤキモチで?

何か言われるかもしれませんけど^^;


でもちゃんと売れることで本当に心が楽になり

仕事が楽しくなります。



私は農業の分野の野菜で直売が出来るようになり

本当に良かったと思っています。


自分で売る方法を考えるのって楽しいし

何より自己責任なので

他人に振り回されるストレスはありませんね^^



皆さんも汗水流すお仕事が

苦しいだけでなく、満足のいくものにしたいですよね。


手に手を取り合って実は牛丼屋さんみたいに

価格競争で足を引っ張り合いしている

状況から少しずつでも抜け出しましょう。





在宅で会社にばれずに副業がしたい!
でもこれって本当にお小遣い稼ぎができるの?









田舎でも売る力さえあれば何でも売れる!



『売る力さえ身に付ければ、いつでも何処でも誰にでも何でも売れる。』

と思います。


どんな仕事でもまさにそうで

農家の人が自分が野菜しか売ってなくても、

サラリーマンが会社の商品しか売ってなくても、

『売る』という部分には共通することがあります。



t02200144_0300019713430054558.jpg



私は田舎での集客は、

新規のお客様を集めたい場合には、

お客様の属性に合わせてプランを練り、


欲しいと思う見込み客の方に、

買おうと思うようなアプローチやオファーをしています。



私が今までの商売でやってしまった失敗は、

無闇矢鱈に売り込みをすること。


無理矢理な売り込みと言っても、

脅迫や押し売りでは無いですよ〜^^


安いよー値引きだよー大安売りー

といった感じで安売りで集めた顧客は、

私のことや商品は全く興味がなくって、

激安の謳い文句に釣られてきただけです。


値段しか見ないので

価格を少しでも上げたら売れなくなり、

リピートも全くありません。


その人に買い続けて頂くには、

安価で売り続けるしかないのです。



値段の安い物は商品価値も低い。


値段を下げるということは商品の値打ちを落とす。



t02200221_0360036213430068083.jpg



私はいつも何かを買う時は底値に拘るのですが、

皆さんも経験があるかもしれませんが、

新聞の折り込み広告やテレビCMの大安売り広告を見て、

先ず見るのは値段。


メーカー品等は価格比較をして買って、

その後リピートで買う時は

また価格比較をして安い所を選び、

値段にしか興味がないので、

これはどこのお店で買ったかな〜?って

買ったお店も覚えていない。


なんてこと、私は結構あります。



私も半永久的なものや趣味や勉強に関するものには、

品質やデザイン重視で、値段に糸目は付けませんが、


食べ物や消耗品や生活雑貨はまさにそうで、

毎回必要な時に必要なだけ少しでも1円でも安いものを、

セールしている店を見付けて、其処で買っています。


その理由はどのお店で買っても同じものなので、

どうせ買うなら安い方が良いということです。



yjimageBTT12K0V.jpg



野菜もそれと同じですよね。


はっきり言って、どの野菜も味も見た目も大差はないです。


生産者に「どれも同じ。」なんて言うと、

「お前は味を理解していないだけだ。」と言い返されますが、

私は特に他人と議論する気は面倒なので全くありませんが、


ド素人でも明らかに違いが分かるくらい

圧倒的なものこそが、本物ですよね。


いくら「私の作ったものは他とは違う」なんて言っても、

玄人にしか分からないものは偽物。


玄人にしか分からないものはある程度しか売れない。



野菜を買う消費者は殆どが高級百貨店じゃなくて、

スーパーマーケットに買いに行くからです。


一般庶民が選ぶ安価なものも本物ではない、

お金持ちや玄人だけが選ぶ高価なものも本物ではない。


本物というのは、素人にも玄人にでも両方にうける。


少し値段は張る高価なものでも

一般庶民でも財布の紐を緩めて買いたくなるものこそが

本物で一番売れる。



商売をするならここを目指しましょう。



ですから安売りとかそういった売り方は

よっぽど利幅があるものでない限り

安売り価格競争では潰れてしまうので推奨していません。


個人事業主が大手チェーン店と安売り競争して勝つのは至難の業ですよね。



ですが逆に、

見込みのお客様を集めることが出来れば、

全く無名のものでも売ることが出来るし

売れる理由も見えて来ます。


逆にメーカー品でも

その商品を知らない人に気付いてもらう手法をすることで、

ライバルと戦うことなく売ることが出来ます。


これは一朝一夕に身に付くものではないですが、

いわゆる『売り方』を身に付ければ

ほんとに色んな仕事に応用する事が出来て、


更に言うと、価格競争ではない売り方を身に付ければ

利益が残ります。


何かをただ買おうとしているだけで検索する人と

何かを解決したくて検索する人とでは、

属性や感情が違います。


それを汲み取って集客すると

その属性が欲しいものや役に立つものが分かります。


これは様々な仕事に生かせますね。





仕事で稼げていない人必見!寝ている間に集客する!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。