MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

田舎移住後に仕事で失敗する原因は排除しましょう



t02200146_0275018313480119801.jpg



田舎暮らしで仕事が失敗する要因。


田舎で仕事の失敗例で多いのは新規就農者や

インターネット通信販売直接販売がよく挙げられますが、

その情報に付いては、

農業もしくは新規就農などの失敗で検索すると出て来ますので、

今回は地域おこしや個人事業で

田舎の助成制度を使って仕事をする際に

失敗しやすい要因をお話しします。




田舎の助成金制度に依存しない。


田舎には各自治体ごとに様々な

企業支援で助成金制度があります。


例えば、

•◯◯事業の支援をします。

•町の住民を雇用したら◯◯円助成します。

•事務所建築費の◯◯円助成します。


等々。。。


こういう助成金は凄く助かるのですが、

『条件』もあるので依存し過ぎない事も凄く大事です。



例えば町民を雇用する場合、

見合った人材じゃなかったらどうでしょうか?



家が近いから、仕事が無いから

会社でただいるだけ。。。


そういう人が来た場合、

仕事に情熱も無く時間が来たら帰る。


こういうことも有り得ます。


しかし、解雇したくても出来ません。


文句や悪い噂を立てられるだけです。。。



それはまだ育成すれば解決しますが、

プロじゃない集団に決定権を持たさない

何か事業資金の支援がある場合

審査や会議の上に決定することもあります。


その会議で許可を得れなければ

仕事が前に進みません。


更にその決定を下す人が

その道のプロでは無い場合、

判断にも時間が掛かり責任持てないから

答えが出せず先延ばしになり

仕事の機会を失うこともあります。



それだったら自分のお金で

自分のやりたい事を自分のやりたい時に

自由に選択出来る方が良いですよね。



実際に研修と言って他の地域に行って

結局それを実践出来る人材が居なくて

実現していないことから田舎移住者を採用するも、


結局決定権が地域にあり

移住者の思う通りのことが出来ず

結果に繫がらず帰ってしまう人もいます。



地域おこし協力隊で素晴らしいスキルがあっても、

先に進まず形にならないこともあります。


本気なら自分でする位の覚悟を持ちましょう。




都会の感覚を田舎の人に押し付けない。



これは田舎で仕事をするなら必要なことです。


このままじゃいけない、変わらなきゃいけない

そういう意識や責任感で地域おこしを頑張ろうと

都会の感覚で最先端のビジネスを

持ち込んだとしても、


先ずは押し付けるのではなく

必要だと思ってもらえる

『説得力を持つ信頼関係』が必要になります。



人は変わる事に凄くパワーが要ります。


それを他所から来た人に言われると

素直に聞けない気質がある地域や人もいます。


郷を知って歩み寄りましょう。


知る事から始めましょう。





在宅で会社にばれずに副業がしたい!
でもこれって本当にお小遣い稼ぎができるの?






田舎の実店舗をインターネット集客する



t02200165_0540040513430890387.jpg



田舎で実店舗を持っているけど、

インターネットで全国から集客したい場合、


SEO対策(検索上位表示対策)も大事なのですが、

上位表示されればそれでOKかと言うと

決してそうではありません。



世の中の一般庶民の大半は安いものが好きなので、

高価な付加価値のあるものを求める方は

分母が少なくて凄く注文を受ける訳では無いです。


それでも曲げたくない。

じゃあどうやって成り立たせて行くか。


・付加価値を伝える努力をする。

・安く売ってその後にリピート商品で

 利益を取る手法を学んで取り入れる。

(通販でお試しセット、お試しキットのようなもの)

・他で収入を補う。


の3点が挙げられます。



私が注目しているのは、

3番目の他で収入を得る方法ですが、

いきなりそれは出来ないので、

成功に向けて先ずは勉強をして基本的なことを学んで下さい。


空論の口だけでは信用を失います。


来て欲しい方(ターゲット)に興味を持ってもらうにはどうするか?

という所を勉強することも長く仕事を続けるには大事です。



・客層を自分でコントロールする。


パソコンを駆使して

上位表示で集客出来ても結局のところはページを見てくれた人が、


・行ってみたい。

・買ってみたい。

・お世話になってみたい。

・お願いしてみたい。

・お話してみたい。

・教えて貰いたい。

・頼ってみたい。


そう思ってもらわない限り

実店舗への集客に至りません。


その手段は安売り以外にすることをオススメします。


無理な安売りや価格競争で集客すると変な人しか来ない!


安売りは最強の売れるパターンです。


一般庶民は安物が好きな人は圧倒的に多いです。


私も安物大好きです♪


激安って手っ取り早く集客するには持ってこいです。


検索してる人いっぱいいます。


安売りする場合、企業努力や戦略や資金があって

安売りしても利益が出るなら良いですが、

利幅も無いのに仕方なく安売りした場合、

正直丁寧な仕事が出来ません。


品質も劣ります。


それでご飯食べて行けません。



外食産業を見てもお分かりのように

安くしたら安いなりの材料を使うしか無いのです。


サービスも低下せざるを得ません。


安売りが好きな人は物事の価値が分かり辛いので、

安いものでも一級品の品質と見比べて

文句や批判を言い安い傾向にあります。


それが広まると、更に客足は遠のく。


そうすると赤字で経営したのにもっと赤字

更に批判で心が荒んで来る。


丁寧な仕事をする気が失せる。


とまあ、、、、、負のスパイラルです。


『激安』『特価』『特売』その様なキーワードは検索数は多いけど、

その場限りのお客様も多く、デメリットも覚悟しましょう。




本当に好きな場所で好きなお仕事をしたいのならば、

お金以外の選ばれ方に拘りましょう。



ですからSEOで上位表示させてなんとなく集客して、

上位検索されただけで満足しているのではなくて、

自分で来て頂きたいお客様を選んで、来て欲しい人だけを呼ぶのです。



好きな事をお仕事にするなら、

お互いに気持ちの良い取引が良いですよね。


無理な安売りの底無し沼にハマると心が荒むので、

田舎で心豊かな暮らしは出来ません。


値段ではなく、人と製品価値で選んでもらいましょう。





田舎でもパソコンを上手く使えば在宅副業で優雅に暮らせる


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。