MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

農産物を売る時は限定感を売りにしましょう!



t02200165_0259019413494104777.jpg



野菜は日々の食卓に並ぶもので、

これは田舎暮らしも都会暮らしも無関係ですね。


スーパーマーケットに行けば常に野菜や果樹の農産物が並んでいます。



全国の旬の季節の多少のズレや

ハウス栽培等を含めたら

年中野菜があるものもありますね。



あなたの作る野菜、扱う野菜も

年中あったとしても、


『今が旬』

『この時期が一番美味しい』

『春と秋の美味しさの違い』



等が必ずあると思います。



限定感は購買意欲をそそります。


私はインターネット通信販売では果物系の直接販売が多かった為に、

常に限定感があるので言えることかもしれませんが、


•今の時期だからこそ

•今しか食べれない味


ということも強みに出して限定販売していました。


ページにも販売期日をはっきりと書くこともありました。


そうする事で、

『今を逃しては食べ逃してしまう。』

ということが伝わるのですね。



これを煽りと思うとやり難いと思うかもしれませんが、

野菜に限らず世の中のキャンペーンは、


・今だけ◯◯

・◯日はポイントアップ

・残り何個

・先行販売

・期間限定

・数量限定


等といった打ち出し方で行われています。


そしてご自身はどうでしょうか?


きっと心が動くと思います。



根拠の無い限定感は煽り感がありますが、

農業の場合は野菜の旬や数量限定に関しては

嘘偽りなく本当のことでしかないですよね。




本当に美味しい時期に食べてみて!


という訴求から次には

秋の味と春味を比べてみて!


といった食べ比べというリピートにも繋げれます。




野菜には旬や食べ頃があり、

その時に食べると本当に美味しいですよね。


そのタイミングは作っている農家さんが一番知っているので、

心底伝えることが出来ると思います。





在宅で会社にばれずに副業がしたい!
でもこれって本当にお小遣い稼ぎができるの?






田舎暮らしと脱サラはやってみたいと思った時が吉日です!



t02200147_0800053413446310338.jpg



田舎暮らしをして絶対に農業成功するんだ!とか、

何とな〜くやってみたいなぁ〜とか、

人によって事情はあると思います。



私のお話しですが、

私は田舎に来てから遣りたいことを見つけましたが、

漠然と新規就農を志して農業法人の求人も探したました。


趣味がスポーツとアウトドアですが、

都会でいた頃は毎日残業残業ばかりで、

時間的に思うようにトレーニングするのがきつかったので、

田舎の環境の良い所でお仕事しながら、

思い通りにトレーニングが出来たらなぁと思っていました。



体力には絶対の自信があったので、

農業でも出来たらなぁという事で、

農業企業の応募も探しましたが、

思うような条件の企業が全然見つかりませんでした。


住みたい地域と入りたいと思った企業の場所が一致しなかったのです。


私は入りたい会社よりも住みたい場所が優先でしたので断念しました。




農業企業にも色々とあって、

利益さえ大きく出たら人を多く雇って更なる拡大を図りたいと考えてはいても、

中々、農業で人を増やす程の利益が出なかったり、


特に中小企業ですと、農業で固定給を払って雇うというのは

その分の利益を取るのにかなり苦戦するのですね。


なので身内だけで労働時間をいっぱい取って、

何とか少人数でやりくりしている所が殆どです。



田舎暮らしで物価が安いとはいえ、

車は必須だし、増してや趣味があるなら

お金って結局要るのですね。



でも、田舎企業は賃金が安いですし、

特に農業法人はお給料が安いので、

そこで農業企業での賃金面でも条件が合わずに

結局は私は断念していますが…。


結局農業がやりたいのか?覚えたいだけなのか?っというところですよね。


当面お金は頂けなくても覚えたいという

情熱がある人もいますし、

私のように家族が要るとそうもいかない現実もあります。


だからといって、自分で新規就農をと考えても、

脱サラ農業となると更に資金を準備しておく必要があります。


研修制度等を利用して1年間は自治体から補助金が出て、

農家さんに住み込みするっという方法を取っている場所もありますが、


研修終了後にいざ直ぐに収益が上がるかと言ったら

いくら頑張っても、中々現実は難しい事なのですよね。


しかも住み込み先で人間関係のトラブルになると

気まずい等の問題もあります。


住み込み農業って、そこの家族との距離感が難しいですよね。


仕事中も生活もずっと一緒に居る訳ですから。


部屋が別で住宅等を用意してくれても、

所詮は自分の家では無いですから。


アパートみたいな訳にはいきません。



こうやってマイナスな事ばかり言ってますが、

反対するつもりも無いのです。



私は工場で働きながら近所の農家のお手伝いに行って農業を覚えました。


田舎の人は日常会話が農業の話題が多いので、

田舎に来てしまえば、普段の会話からだけでも農業は思えられます。


ですから、農業をやりたいもしくは覚えたいのであれば

そういう環境に取り敢えずは飛び込むのが手っ取り早いです。




農業というのはこれからはやり方次第で

凄く大きなビジネスチャンスなのですっ!


自分が本気であれば、どのような手段を使ってでも

先ずは研修を受けたり、体験農業に参加されることをお勧めします。


そこで農作業の実務をしていると

本当にやってみたい事なのかどうかが見えます(^−^)


そして必要な資金や住まい等を計画立てて

一歩一歩進んでいきましょう♪



こんな筈じゃなかった…

っとならない為にも、

先ずはどんな形でも少しでもかじってみましょう。



私のように「ええい!行ってしまえ!」で田舎に飛び込んで、

地元の農家の一人娘と結婚して、

自然と農家の跡取りになれるという運の良いことになる可能性もあります。




結局のところ、ネットサーフィンだけでは、

運も巡って来ないということが言いたかったのです。





晴れの日は農業、雨の日は在宅副業ネットワークビジネス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。