MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

田舎で地域集客を自然な感じで日常的に相手の記憶に残るようにするには?



t02200156_0450032013495907222.jpg



田舎暮らしで地域の人相手に商売をしていると

人口に限りがあり、

毎日満員御礼毎日契約が取れる

なんて事も都会に比べて非常に難しいです。


農業の農協出荷では中々ピンとこない感覚ですが、

農家さんで本当に儲けたくて

インターネット通信販売などで直接販売をするのであれば

地域集客をどうするか?は考えなくてはなりません。


かと言って毎日売り込みしても逃げられる

嫌がれる事に繋がりますね。


誰でも必要も無いのに【売り込まれる】

逃げたくなるのが心情です。



yjimageFDFE45A6.jpg



田舎で農産物や特産品を売って商売をしていて

集客に悩みをお持ちの方はお読み下さい。




継続しての売り込みは効果が薄れ嫌がられる。


例えば保険の営業・車の営業・士業等

年に何回も利用することの無い

ヘタしたら数年に一回しか利用されない商売の場合や、

カフェや何かのスクールの運営・イベント等

生活消耗品ではなく、趣味の消費の場合等、


毎日毎日ブログで売り込み営業をかけても

効果が無いし書くことに限界がきますし、

読者から見ると『商売目的』なんだというのが露骨だと、

話しに信憑性が薄れてしまいがちです。

※実際は商売目的なのですが。。。



地域の人の知りたい情報を配信する。



そこで先ずは自分の仕事のホームページとは別でブログを作り

地域の人が検索しそうな記事を書きましょう。


•地域のグルメ情報

•地域の遊び&ドライブスポット

•地域のイベント情報

•映画やファッション・新しいお店のレポート


等々、何でも良いのです。


そうすることで地域の人が、


『新しく出来たあのお店どんなお店かな?』

『あそこのラーメンって美味しいんだろうか?』

『あのイベントはいつ迄開催?』


等、調べる人が必ずいます。



その時に知りたい情報が書いていると非常に役に立つし、

地元のその他のランチ情報やイベント情報があると

ついついブログを徘徊します。


そうしている内に文面に好感が持てたら

『これ誰が書いているんだろう?』

ということに繋がり興味を持ってもらえます。


そこでプロフィールにご自身のお店のHP等を

分かりやすく掲載しておくと

読者にしてもらう事が出来て記憶に残ります。


その為には自己掲示も非常に大事です。

どこの誰が閲覧しているか分からないインターネットですので

十分な注意は必要ですが、オープンに自分を公表しましょう。




日常生活に役に立つことを配信する。


例えば田舎やその地方ならではの悩みがありますね。


雪の生活の知恵

害獣や虫対策

遅くまで受診出来る病院

ペットの情報

等々。。。


もしリフォーム業をしているのであれば

家のメンテナンス情報や害獣対策等、


雑貨屋さんをしているなら

片付けや掃除のノウハウ等、


車の販売や保険の販売をしていたら

ドライブ情報や車好きな方が好む情報等、



本業に何となく繫がっていることで

日常生活になるほど!と思えるアイデアを配信していくことで

読んだ人の記憶に残ります。


そうするといざという時に

あのブログ主のお店に聞いてみよう!


お店に行ってみよう!

といことに繋がります。




お問い合わせが出来るようにしておく。


『聞いてみよう』と思われたらそこで大事なのが、

『お問い合わせがスムーズに出来ること』です。


スムーズに不安やストレス無く

お問い合わせが出来るように

連絡の手段を書くことや本業のHPへのリンクを

分かりやすくしておきましょう。


検索で1位を目指して必要な人だけを集めることも必要ですが、

気付いてもらう・いざ必要な時に思い出してもらうという事も大事です。



実際に私もグルメ情報を探していて、そのブログ主の本業を知り、

記憶に残っていていざという時に頼もう!と思ったことってあります。





在宅で会社にばれずに副業がしたい!
でもこれって本当にお小遣い稼ぎができるの?






脱サラ新規就農したい?その前に農業を体験しましょう!



食の安全、環境問題、社会問題等々が取り上げられる現代。


そしてテレビでも芸能人の田舎暮らし

お得な田舎移住特典や新規就農の為の制度や

農業体験のドキュメンタリーを目の当たりにして


サラリーマン生活から転職、若しくは

脱サラして農家さんに成りたいと思う方には様々な動機があります。



t02200311_0318045013449565673.jpg



・田舎で暮らしたい。

農業がしたい。

・安全な野菜を自分で作って、毎日安全な食生活をしたい。

・野菜作り・米作りをお仕事にしたい。

・自給自足的生活をしたい。

・親の家業を継ぐ為。


等々。。。農に触れる第二の人生を始めたい人で

色々な情報をインターネットで検索していると思いますが、

中々踏ん切りがつかなかったり

多くの情報がある中、大事な部分が得られない、

だから前に進まないといった場合に、


答えを求めるのであれば

一番良い手段は実際に農業体験をする事です。



百聞は一見に如かずと言いますが

農業は体で覚える仕事でもあるので、

尚更、机上の空想では答えが出せません。


かと言って、畑で身体で覚えるだけでもダメ。


予備知識や復習や売り方を学ぶ手段として

机上の知識で頭を使うことも非常に大事です。



更に言うと、

メールだけでの問い合わせには答えに困る時もあります。


やりたい農業、作りたい野菜、住みたい場所により答えは全く違う。


この為、誤解を受けるとまずいので

はっきりとした答えがメールでは書けないから

直接問い合わせて欲しいと、

新規就農センターの窓口の方もおっしゃっていました。



私のように大阪府で農業研修をして

実際には長野県で就農するといったケースもありますが、

当然栽培方法や栽培時期、土壌も全く違うので

基礎知識はあっても栽培に関しては最初は試行錯誤します。


このように教科書通りでは出来ないのが自然を相手にする仕事、農業です。


でも、基本的なことは変わらないので研修を受けたり

頭を使って基本を勉強していれば

新規就農後にきっと役に立ちます。



ですから、脱サラする前にインターンシップ制度や

週末援農、週末農業研修に出掛けて農家体験をしてから

本当に自分自身が農業で食べていきたいか?食べて行けるのか?

貧乏したとしても農業を好きであり続けられるか?


そういうことを肌で感じ取らないと

前に進むことが出来ません。



そこから農業に興味を持ち、様々な地域の特性も学びながら、

自分自身の理想とする農地取得に向けて計画を立てると良いです。


基礎知識を得る為には農業大学校という手段もあります。



ただ新規就農制度を当てにして利用するのであれば

規約がありますので簡単に辞めることは出来ないとことと

予備知識を入れる努力もなしに

制度さえ利用すれば簡単に始められる訳ではないことを意識しておきましょう。





家族や大切な人を豊かにさせてあげれてますか?
この在宅副業ならばもっと豊かになれるかも?

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。