MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

農家さんがインターネット通販したい場合、売るものが無くてもオープンしましょう!



t02200165_0300022513494972627.jpg



農家さんでも、


・個人

・法人


等に分かれますが、

大規模に経営している農業ではなく中規模小規模の場合、

今の取引先がありながら

直接販売をしたいとお考えの方もいます。



そのお考えは素晴らしいと思います。


取引先依存型だと

その取引先が何かがあれば

その影響は生産者さんにも及びます。


これはインターネット通信販売でも同じです。


ですから他の販路を見つけておくという事は

非常に大事ですね。




でもそうなると売れる程の野菜が無い

といった問題も出て来ます。



田舎暮らしを始めたばかりで

少しの野菜しか作れないから農産物のインターネット販売は不利?


本当によくこの意見を聞くのですが、

少しの野菜しか無い時から

インターネットショップを始めておくと良いです。



メインを全ていきなりインターネット直売に移すことは

顧客もいないのでリスクは高いですね。


ですが少しづつ取り入れながら

あるものだけ在庫にして販売すれば良いので、



先ずはインターネットで本当に販売してみる事の体験と

可能性と喜びを感じてもらいたい事と



一人でも顧客になって頂くと

その顧客が人を呼ぶということは

インターネットでも実店舗で起こり得ることです。




とにかく一人でも大事にする。


今は少ない量しか売れなくても

売れる状況の時に売れる基礎を作っておくと

口コミをして頂いたり

自分でこうやって営業すれば良いんだな等が見えて来ますし、


いきなり大人数に販売して大きな失敗をするよりも

少ない内から小さなミスを重ねた結果、

改善していく事でいざ大きな仕事になった時の

注意力も防げるのでクレーム防止になります。




無料インターネットショップは月額固定費0

無料で出来るインターネットショップが沢山ありますが、

私も無料ネットショップ開業「BASE」を利用しています。


皆さんにもお勧めですよ。



初めてのショップでかつ常に売る野菜が沢山無くて

利益も見込めない場合には、

月額の使用料だけがかさむと負担になるので、

無料から始めつつそこから次の展開を考えましょうとお伝えしています。




野菜が無ければ在庫を0にする。


常に問い合わせを受け付けれるようにしておく。

等でとにかく常にシャッターを開けていることで

何もしないよりは露出も増える可能性があります。



ただオープンしただけでは当然ダメですが、

オープンしないことには何も進みません。



そうすると、お店を作ると

こんな事を考えないといけないんだな!

という事が見えてきてまた調べなければいけない事が分かってきます。



送料、メールのやり取りの文面等、

実務に基づいて調べていくことで

覚えやすく、手も進みやすいです。





在宅で会社にばれずに副業がしたい!
でもこれって本当にお小遣い稼ぎができるの?






脱サラ農業をしたい人が新規就農前に悩むことのTOP5



t02200146_0640042613449619352.jpg



田舎暮らし脱サラして農業したいけど

新規就農を始める前の悩みとは?


1.研修期間収入源が無くなる不安。

2.何処に相談するのがベストか?

3.農業で食べていけるかどうかの不安。

4.農業の収入はどれ位か?

5.具体的に知りたい情報がインターネットで探せない。


ということです。


特に不安なことは収入源ですね。



yjimageQQL0VAUT.jpg



サラリーマンで月に決まった収入があり、家族を養っている人にとっては

非常に冒険的な挑戦になり家族は勿論不安になるし反対もします。


収入源に関しては40歳以下の場合には青年就農給付金という制度を

利用すると5年間助成金が頂けますので条件さえクリアすれば

その助成金で生活をしていき、その後農業収入で生計を立てることになります。



ですから1.3.4の質問に関してですが生計が立てれるかどうかというのは

個人個人の生活水準や家族構成によって全く異なるので

具体的な答えは出せませんが、

農業だけでの収入らしい収入は3年は見込めないと

考えている方が良いです。



その補填をどうしていくかということを考えましょう。



貯金をきり崩すのか?パートナーが働きに出るのか?副収入を得るのか?

最低でも3年位の資金計画を立てておかないと家族がいると、

何とかなるだろうという

冒険では若干危険な部分でもあります。

(行き当たりばったりで勢いだけで始めた私が言うのもなんですが。。。^^笑)



自然相手のお仕事ですので、

机上の計算通りに上手くはいきません。




新規就農の相談は何処にするのが得策か?!


2.5に関してですが、新規就農に関する相談は

新規就農相談センター (全国農業会議所)

で情報収集をした上で、インターンシップや農業体験等に

申し込んだり窓口に直接相談することがベストです。


ハッキリと記載をしていなくて行政頼りな発言をするのは、

これから新規就農する方が、


・どんな農作物が作りたいか?

・どんな農法でしたいか?

・何処で農業をするか?

・資金はどれ位準備出来るか?

・家族構成や年齢?

・何年くらい無収入で生活していけるのか?


によって全く回答が変わる為に、言い切れる答えがここでは書けません。


私が新規就農前に問合せた時には

新規就農窓口の担当者も同じことをおっしゃっていました。


だからいくら探し求めても具体的に自分にピッタリの情報を

探し求めるのはインターネットだけでは困難で時間が掛かり同じようなページを

ぐるぐる回るだけになってしまいます。



自分が何処でどんな農法で何を作りたいか?をはっきりと決めてから質問しましょう。


そんなことも全く考えてないのに、いきなり行政など人に質問するなんて失礼ですし、

答える方も答えに困りますよね。


答えに困るのでインターネットでは明確な情報は無いですね。


何でも自分の足を使って情報収集するしかないです。




人生の転機の情報は積極的に自分で調べて聞こう。


自分の人生に関わることなのでインターネットだけで完結せずに、

実際に足を運んだり電話するなりして直接訪ねるのが一番早道です。


・どんな農作物が作りたいか?

・どんな農法でしたいか?

・何処で農業をするか?

・生活費も踏まえた資金はどれ位準備出来るか?



しっかりと計画をしてから問合せをしないとお互いが無駄になるので、

先ずは自分自身で徹底的に自問自答してみるべきですね。


よくあるのが農業ってオールマイティーだと思っていること。


農作物なら何でも同じと考えている人が意外と多いのです。


私は何でも作りたいと言う人があまりにも多い!!!


農業を舐めているとしか言いようがないですね!



農業に携わる学校やお仕事をされている方は当然知っていることなのですが、

知らない人は農作物によっても手法や利益率や適した場所が全然違うので、

田舎の農地なら何処でも何でも良いという訳ではないのでご注意下さいね。





家族や大切な人を豊かにさせてあげれてますか?
この在宅副業ならばもっと豊かになれるかも?

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。