MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

おっさんレンタルとは?おっさんビジネスからサービスを学ぶと農業にも通じてきます!



t02200142_0400025913497150580.png



ず〜っと前にワイドナショーとかテレビなどのメディアでも取り上げられた

おっさんレンタルというサービスを

ご存じの方もいると思います。


田舎暮らし農業と何が関係あるの?って思われるかもしれませんね。



このオッサンレンタル。。。


私もバイトをやりたいなって思いましたが、

おっさんと言う言い方が何だか嫌でしたね^^



おっさんビジネスって簡潔に言うと、

女性がおじさんを一時間幾らでレンタルするというもの。


この手のサービスって男性向けが多いですけど、

おっさんレンタルって女性向けのサービスなんです。



今までもレンタル彼氏とか色々ありましたが、

もっと遡ると逆援助交際的なイメージを

持つかもしれません…。


しかしおっさんレンタルは

ちょっとちがった価値があります。


私の周りにも実際に利用した人がいないし、

やっている人もいないので詳しくは分かりませんが、


良いお小遣い稼ぎにでもなるかな?って思って、

ちょこっと調べてみました。



おっさんレンタルの創始者のお話しによると、

女性がおじさんとデートしたいとかそういうイメージがありますが、


実際のところ、

お父さんの役割をして欲しいという20代の若者男性もお客さんにいたり、

逆にサービスを受ける男性もいるらしいのです。


末期がんの女性がいてただスイーツを食べることに付き合ったり、


容姿に自信のない方が自分の点数を付けて欲しいと言って、

良くも悪くもはっきりと言って上げたりと、


心の穴を埋める、話しを聞いてあげる。


そういったことに価値を感じてお金を払いサービスを受けて、

リピートをする方が非常に多く、

いわばカウンセリング的な役割のお仕事でもあるのだと。



昔で言う伝言ダイヤルとか出会い系って

目的が男性の場合は性行為であることも多く、

犯罪等の怖さもありますし、

後ろめたいこともあるし、


女性の場合は、ただお金稼ぎが目的の援助交際だったり

どろどろした事が浮かびますが、


おっさんレンタルはインターネットで申し込む際に

特商法もしっかり掲げてあるし、


おっさんのセレクト(審査)もしっかりしているので、

危険性や怪しさが伴わないというのも

利用しやすいのではないかと思います。

※ただ類似サービスが増えた場合の危険性はあるかもしれません…



ここで思うにおっさんレンタルだけでなく、


・お客様に安心感を与える

・問題を解決して上げる

・お話しを聞いて上げる



こういった事はお仕事に限らず人間付き合いの基本であり

そのサービスがお客さまにとって満足いけば

成り立つしリピートに繫がっていくんだなあと。




田舎でも問題解決がビジネスに繋がる。


ですから田舎でも人の問題を解決してあげるお仕事というのは

上手くいきやすいのだと思います。



もっと分かりやすく言うと、


・料理が上手くなりたい人に料理教室

・英語が話したい人に英会話教室

・ホームページを作りたい人にWEB制作会社

・イベント集客したい人に広告代理店


等と全てに於いて

問題解決をすることで成り立っていて、



田舎で言うと、


・高齢者の介護事業

・買い物代行サービス

・運転代行サービス


等の高齢者がご自身で出来ないことをサポートするお仕事は

人手不足な位です。


そして現代では悩み相談を聞くということも

立派なお仕事としてあり、


田舎のような、

閉鎖的で人の不幸な噂大好きなところだからこそ

近所の人に知られたくない。


・お金の事・仕事の事

・家族の問題の事

・人間関係の事


等の解決策を見出すビジネスもあります。



私自身もブログなどを通じて

田舎の人のお悩み相談を沢山受けますが、

ほぼほぼお金の事、お仕事の事、家庭の事です。



その解決策で、


・ホームページを作ろう。

・田舎でも出来るお仕事をしよう。


等と解決策を提示しています。



・美味しい野菜を食べたい人に美味しい野菜を提供する。

・田舎への旅行で良い宿を探している人に自分の宿に来てもらう。


これも掘り下げたら問題があって

その答えを提案しているのです。


ただ売ろう、ただ泊まってもらおう、

それだけでは見込みの方に響き辛いです。




ですから見込みのお客様が、


●何が知りたくて何がしたくて何を求めているか?


という事を意識して提案するというスキルも大事です。


なんで野菜を買うのか?

なんでお米を買うのか?


農産物などの食料品を買うのは勿論、生きていく為なんですが、


・何故、わざわざ送料を払ってまでインターネット通信販売で買うのか?

・何故、有機野菜なのか?

・何故、農家さんの直接販売で買うのか?


等、人それぞれに理由が違います。


そこを汲み取ることが出来ると

お客様は納得して購入して下さいます。



何が知りたくて何を求めているか?

それを調査するには、

ブログを作ってアクセス解析をすると

自ずとデータが出来てくるので、

そこから検証して築き上げることで見えてきます。


実践しない限り

誰も答えは分かりません^^;


答えの探し方さえ分かれば

色んなお仕事をやっていけますね。


私も答えの探し方を勉強して

自分のやりたいお仕事や農業に活かせています。





在宅で会社にばれずに副業がしたい!
でもこれって本当にお小遣い稼ぎができるの?



農業で上手くいきたければ儲かってる農家さんの真似をしましょう!



t02200147_0800053313497138265.jpg



野菜や果樹等の農産物の販売を直接販売し始めると

何かしら他の農家の動向が私は気になるんですよね。


特にインターネット通信販売の場合ですと

田舎暮らしでもすぐに他の人の動きも偵察できる環境ですので、


•検索順位

•価格

•売上(売れ行き)

•ブログの内容


等々。。。


気になって見てしまい

上手くいき始めると先を越された!と

そのモチベーションが私のように自分の力になれば良いのですが、


どうしても自分が上手くいかないと

ライバル視したりアラを見つけて批判したりしがちです。


それは会社員でも同じですが。。。




でも、、、⇒ ライバルが成功したら喜んだ方が良いのには理由があります。


ライバルが成功するということは、

自分にとってもチャンスがあるし

プラスに捉える方が良いです。



農業にインターネットを取り入れたり

自分がやりたくない手法等で

何だか嫌な気分になる事もありますが、

どんな方法であれ 売れ始めたことは事実なので、


どのようにしているのか?


等、素直に学んでみることも大事でその中で、


•自分に足りないものは何か?

•自分に取り入れることは無いか?

•チャンスはどこにあるか?


等々、、、

前向きな未来を描く方が良いです。


更に言うと協力し合った方が

お互いの相乗効果を得れることもあります。



マルシェが良い例ですが、

人気の農家さんがブログやSNSで集客していたら

そのファンが足を運びますよね。


そうすることで自分のお店にも来てもらえるキッカケにもなり

もはや有り難いことなのです。



自分のやり方に拘り曲げれないものは

心の芯にありながらも、

上手くいっている人はどうやっているのか?

と素直に見ることも大事です。



人に出来る事は自分にも出来る!


誰かに出来た時が自分にとってもビッグチャンスです!





在宅で会社にばれずに副業がしたい!
でもこれって本当にお小遣い稼ぎができるの?



今年度の新米はどうやって売りますか?



t02200172_0640050013496795045.jpg



私の住む長野県は豪雪地帯ですので、

冬は農業は全くの閉鎖時期になります。


長野県の農家は冬の間は無収入です。


冬の時期は冬ならではのお仕事がありますが、、、


道路の除雪や民家の屋根の雪下ろしやスキー場等のお仕事です。



春に植え付けた農産物

やっとこの時期になると収穫ができて出荷して現金収入が入ってきます。


農的な田舎暮らしは忙しい時期と閑散期の毎年この繰り返しです。



今年度の新米の販売方法の相談をお受けすることも多くなります。


去年の農家さんでも

ぎりぎり過ぎて間に合わず

今年はしっかりと準備をされていますので大丈夫かと思いますが、


慌てて急に今年の新米を直接販売したくなったり、

直売する必要があって

インターネット通信販売を急いで始めてみようとして

ブログやTwitter等も一緒に始めてみても

いきなり売りつけても売れるものでもありません。



逆にいきなり知らない人に

ガンガン売り込まれたら自分なら嫌になりますよね^^;


やはりインターネットでも購入してみようと思って頂けるような

人脈、信頼関係や魅力や話題性が必要になります。




今年度の新米販売に付いてブログ等SNS告知しましょう。


インターネットショップのお買い物カゴの準備をして

ブログ等では収穫までの様子や

先行予約特典や期間限定キャンペーン等を合わせて

販促をするのも年に一度のチャンスです。


ダラダラキャンペーンやセールをするのではなく、

限定性を持たせて 新米の収穫だからという限定で

その時に購入して頂けるように

収穫時期以外でも年間を通して日々読者さんとの交流をして

しっかりと『告知』をしましょう。



一緒に収穫を心待ちにして頂けるお客様

リアルタイムにSNS投稿で様子を届けたりと、

新米が楽しみにしてもらえる告知を心掛けて下さい。


その際に、一度きりではなく

リピート戦略もお忘れなくです。





在宅で会社にばれずに副業がしたい!
でもこれって本当にお小遣い稼ぎができるの?





農産物が売れるか売れないかは商品説明文で決まります!



t02200165_0640048013495871327.jpg



インターネット通信販売農作物を販売する際に、

商品を伝える為と

トラブルが無いようにする為に

商品説明文にはかなり力を入れる必要があります。


今回は田舎暮らしとは関係のないお話しですが、

直販の極一部になりますが、

大事な部分ですので記載します。



農作物のインターネット販売で商品説明文を書く際のポイント


直接販売する時でも

商品のラベルシールを貼りますが、


•商品名(農作物の名前)

•生産者情報


等を簡易に書いていますが、

やはり可愛いポップ等で商品説明されている方が、

思わず見てしまいますよね。



直売所ですと簡単な商品説明文でも

実物を見て納得して購入するので

トラブルになり難いですが、


インターネットの場合は実物が無いので

いちいち説明し過ぎて丁度良いです。



よくあるのがグラム表示・個数のみというパターンですが、

それだけでは実際にイメージが付き難い。


商品説明文次第で購入に至る消費者さんも多いです。


•100gってどれ位?

•1玉の大きさってどれ位?

•3Lとか2Lだけじゃ分からない



農家さんは農業に日々携わっていて

アタリマエの事柄でも消費者さんには当たり前じゃ無いんですよ。


実物を見て買物をする際にも、

1束とか1パック単位で買っているので

何グラムと書かれても分かり難いこともあります。


1玉も普段買っているスーパーの大きさで考えていたら

大き過ぎるとか小さ過ぎる等のクレームにも繋がります。



そういった場合は、


•分かりやすい写真を載せる

•手の平に載せて撮影する


等イメージが付きやすくするようにしましょう。


説明文は説明し過ぎて調度良いです。


ここを面倒になり省くと

お客様の購入意欲も増さない要因にも繋がります。



ただダラダラと栽培方法などを書くのではなく、

お客様の立場に立って

購入する際の不安を取り除く事を

意識して下さい。



ご自身が、インターネットで何かを購入する際にどこを観るか?

何が書いていないと不安か?

いちいち要らない説明は何か?


と置き換えてみるのも良い説明文を書けるようになります。





在宅で会社にばれずに副業がしたい!
でもこれって本当にお小遣い稼ぎができるの?


日本全国で米農家の8割以上が兼業農家



t02200146_0275018313449693237.jpg



田舎暮らし農業を目指す場合の、現実的なお話しをしたいと思います。


全国の米農家さんの8割は兼業農家だと

ガイアの夜明け どうすればいいのか?ニッポンの農業

で言われていました。



利益どころか労働賃金としては全く割に合わない現状。


新規就農でお米農家になる人も多いですが、

今ではコメ農家の58%が農協を通さずに

直接販売したりおコメ屋さんに卸しているのが現状だそうです。



農協の本来の目的は、農業者の生産力を上げる為の職能組織。


それが出来ているか?農家さんの為になっているか?ということが

農業組合会員を維持することの課題となっており、

その為の世界戦略等も放送されていました。


テレビだけの情報なので全てのことを鵜呑みには出来ないのが

実際のところですが、全農では

香港、ロンドン等、世界を視野に入れた販路開拓を計画しているそうです。



しかしその全農に頼らずに、本来のJAが提唱してきた

農家さんのことを思い、農家の生産力を高める為を重要視し、

直接コメ屋さんや消費者に販売することを取り入れたことにより

農家さんは利益を出すことが出来て来た地域農協も一部あります。



私の住んでいる所のJAにも視察しに来る地域農業は沢山ありますが、

現実的に前記のようにするのは

一人の力では無理だとおっしゃていました。


地域農業のトップが全農の障壁を乗り越える力を持たないといけないと。


そうですね。


きっと色んなシガラミや歴史があるのでしょうが、

それを変えていく行動が必要でしょうね。


それが出来ている所は素晴らしいです。



話しは進んでいき、

TPPをマイナスに考えず前向きに捉えて、

直接販売することに積極的な農家さんも沢山いらっしゃいますが、

私が印象に残っている近所の脱サラ農家さんの言葉で、


TPPでだめになるのではなく夢が広がる、

マーケットが広がるんだよと思って挑んでいるという言葉で

やはり、自分で売れる力を持っていることが強みであるとつくづく感じましたね。



どんな業種でも、共通して言えることが生き残って利益が上がっている生産者は

消費者のことを考え研究開発の手を抜いていないこと。


自分で作ったものに責任を持っている事。


甘えが一切無い事。


自分独自の販路も持っていて、新規販路開拓にも積極的だと感じました。





家族や大切な人を豊かにさせてあげれてますか?
この在宅副業ならばもっと豊かになれるかも?



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。