MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

田舎移住で農地を探す時に注意する点は?



yjimage8AEZZ29S.jpg



田舎移住をする際にインターネットで検索をすると

色んな不動産の情報がありますよね。


その時に、インターネットの業者が本当に

その土地の事を知っているか?

ということは非常に強いポイントとなります。



実際に足を運んでみないと分からないことが沢山なので、

農地を探す際には必ず地元の人の声を聞いてくださいね。



田舎は近所付き合いが濃密ですし、

色んなしきたりも地域それぞれあります。


そして何より協力してくれる人が身近にいるのは心強いからです。



物事何でもそうですが、

自力と我流ほど遠回りなことはないです。



プロのスポーツ選手でも監督やコーチがいるんです。



プロフェッショナルというのはやっぱり指導者が必要。


なので農業として

しっかり生活していくのであれば、土地探しの際は

経験者という味方を持つ。


これって凄く重要だと思います(^^♪



yjimageRUFRGL3E.jpg




脱サラ農業で新規就農をする際に、

大体の方が先ず新規就農制度等を利用されるかと思います。



初年度は研修生としてどこかで実習するというのが主ですが、

住み込み農業等もあります。



その後、独立する際に、農地をどうするか…?

ということですが、お世話になった人に紹介して頂いたり、

自分で探すことになりますね。



その時、お世話なった人の紹介ならば間違いないかと思いますが、

自分で農地を探す際に気を付けるべき点があります。



段々畑や棚田の場合に

機械が入るかどうか?が大事です。


稲刈り機や耕うん機が入らないとなると

全て手作業になります。



棚田等で手刈り,はざ掛け等で

美味しいお米を作っていますよね。



yjimageXLLP5VMO.jpg



同じように、アナタが作ったお米や野菜が

ブランド力が付いて高く販売出来る戦略があれば良いのですが、


普通の価格で出荷するしかなければ

手間だけが掛かり割に合わず大変です。




その他の注意点はご近所付き合いですね。


田舎でご近所と揉める理由のワースト1は水ですね。



yjimageMDRQU3RM.jpg



何処から水を引いて来るのか?ということも気をつけないと、

川があるから水を取れば良いじゃないって思うかもしれませんが、

河川法が適用される場合もあり、


許可を得る必要があるかもしれませんので

自治体等に問い合わせてチェックして下さいね。




その他、周りの土地のことを考えずに

自分だけが有機野菜を作るんだ!っと意気込んだ場合、


近隣の畑の人に、


お前の畑のせいで家の畑にも虫が来るようになった

っと怒られることもあります。



草もきちんと刈らないと

近所のご迷惑になります。


草ぼうぼうですと景観的にも悪いですし。。。




近隣との関り合いを考えなければならないということも

意識して下さい。





ド田舎でチャンスをつかむ!在宅の副業はこちら






田舎暮らしの初期費用と生活資金計画を事前に念入りに立ててから実行しましょう!



t02200147_0800053313507237806.jpg



田舎暮らしをこれからスタートすると決めてから

計画をたてて目的や場所、家族の同意も得て、

仕事も何と無く決まりそう、、、で準備も万端。。。


しかし実際に田舎暮らしの下見を含めた

その後の生活資金とか

田舎暮らしの初期費用って

幾らくらいかかるの?


っと不安に思いますよねっ。。。



田舎暮らしを始める初期費用は、

やりたい目的によって変わりますし、

一人暮らしで田舎に住む費用と

家族で住む費用とでは全然違いますし、


賃貸住宅にするか売買物件にするかでも

大きく変わってきます。


家を建てるにしても、

家の種類や規模によっても全然違いますし。




田舎暮らしの初期費用を例に上げると、


•農業を始めるには機械代、資材代、肥料や農地の賃料が先に必要。

•趣味のスクール開校には場所代、宣伝広告費、機材等が必要。

•車を持っていなければ免許取得費やマイカー代が必要。

•新生活に関わる生活雑貨や引越し費用が必要。

•賃貸なら敷金.礼金.前家賃.売買であれば物件購入代金が必要。


になります。



目的別でありますが一番お金がかからないのは、

田舎で安い賃貸で一人暮らしを始めて企業に勤めること

です。


もっと安いのは社宅に入ること。

私も最初は社宅でした。



いきなり田舎で家を購入するのではなく、

独立して起業するでもなく、

仕事さえ決まっていれば

引越し費用や賃貸に係る経費、身の回りの物を持っていくのみで

低コストで田舎暮らしを始めることが出来ます(私も始まりはこれでした。)



お試し移住等もこれに当てはまりますね。


私は、最初は自動車部品の製造工場勤務で、

住む家は、水道光熱費電話代全て込みで家賃5千円の会社内の

6畳一間で台所とお風呂トイレは共同の社宅でした。


引っ越しも自分の車で大阪の実家から長野県まで

会社のお休みの週末に何度も往復して引っ越ししましたので、

引っ越し費用は交通費のみでした。



移住に際しての初期費用は

田舎暮らしを始めてみて向いていなれば、都会に帰る…っ

といったことも容易に出来るように考えて行動して、

初期費用をケチって抑えた方が安全策ですよ。



出来ればそうなって欲しくはないですが、

大きな借金抱えて失敗するっよりは余程安全です。



私のように田舎に永住する決意がついて家も購入する場合は、

団塊の世代の方では退職金や今の持ち家を売却して購入することも多く、

頭金等の購入資金に充填するケースがサラリーマンにも目立ちます。



田舎で暮らすということは少なくとも今の仕事を辞めてしまう訳ですから、

住宅ローンを組むのも一苦労なので

なるべくローンのお世話にならないように

考える人が多いですね。



私もその後、ログハウスを新築して、

毎月12万円のローンに凄く苦労した覚えがあります。


民間の銀行だと実質ローンを組む基準が勤務年数等によりますので、

各自治体の助成金制度等も調べると良いでしょう。



田舎では都会と比べて広くて安いマイホームが手に出来ます。


ただ、大きな買い物にはかわりはありませんので、

買うか借りるかという選択は慎重にしましょう。



個人経営等で何かを始めるに当たっては、

軌道に乗るまでを見越した生活費を貯めておく必要があります。



いきなり、大きなことをはじめて何千万と投資をして

失敗していくケース等もありますので、

夢を着実に実現するには

1年位は貯金だけで生活出来る程の生活費を移住前に貯めておくと安心です。



特に農業は、1シーズンで利益を出そうと考えない方が良いです。


農業は短くとも最初の1年は無収入だと思って下さいね。


念の為3年程貯めておいた方が良いとも皆さん言われていますね。



ペンションやカフェ等も最初ローンを組むことなく始めないと

非常にリスクが高いです。



田舎での経営で失敗している例が沢山あるので、

事業収入をローンに回すといった大冒険は

よっぽど成功プランが無いと厳しいので、

初期費用+半年〜1年出来れば3分年の生活費を必ず用意しましょう。





okane.jpg



その為にも住居を探す際には注意が必要ですよね。


田舎暮らしで独立起業する際の資金計画で重要なのは
住宅に関わる資金と、設備投資、軌道に乗る迄の生活費です。



もし、貯蓄が全く無くて全てをローンで始めるつもりだった場合、
リスクが大き過ぎるので今からでも節約生活を心掛けるか、
副業等で貯金をする必要があります…。





田舎移住計画をスムーズに進めるための素敵なサイドビジネスのすすめ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。