MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

田舎の人間関係は陰湿な面も多い!



t02200147_0640042713509777320.jpg



田舎暮らし人間関係は都会よりも濃厚な分、陰湿な面が多い。


田舎では都会から来た新しい風、出る杭は打たれる!に付いてですが、

私がとある今の土地に引越した時の話しを例に挙げます。



地域活性の為に

こんな仕事をしませんかとプランを出した時に、

他所者の意見は聞かない、従いたくない、怪しい

っと、相手にしなかったのに、

コッソリ自分達でやろうとしていたり…


しかしどっちもどっちという事もあります。



陰湿過ぎて驚きましたが更に言うと、

最初は、考えられない噂話しが飛び交ったり

出る杭は打たれる…っと言う言葉を痛感し、

他所者と新しい風にシャッターを降ろされました。


とにかく小さな世界の権力者が

自分の支配出来ない意見や提案が出ると凄く嫌がるんですね。



町の若者が田舎は嫌だと出て行くのは仕事が無いから?

という理由以外に、

田舎は仕事の意欲が減退するからだって事をこの時に感じました。



仕事に希望を持ったけど、

お上が新しいアイデアという風を受け入れないので

やりたい事が実現出来ない、挑戦する事が出来ないので、

意欲のある若者は都会に出て行ってしまうという事例もあります。



だから夢を持って田舎暮らしをするなら真実を知り

古い体制に頼らずに自分でやるべきだ!っと思ったのですね。


古い体制で町の活性化とかいつまで経ってもお金の無駄つかいです。



私は、食べていかなきゃいけないのは勿論のこと、

悔しいから新しい風を自分で巻き起こす知識を身に付けました。


そして信用してくれた人と仕事をしていますし、

収入源も色んな所から得ることが出来てます。



余談ですが…それをあなたが身に付けたとすると…


それが過疎地であろうがどこであろうが自分の住みたい場所に

住むことが出来て自分の力で生計も立てれるんです。


地域活性に貢献したいのであれば貢献出来るのです。


まあきっと招致の仕方が余りにも粗悪だったら

地域活性に貢献する気にもなれないと思いますが…


幸い私は今は近所付き合いが良好なので、(私はそう感じています。)

ご近所さんと仲良く飲みに行ったりお世話になってます。




田舎の人間関係はストレス?


田舎暮らしの近所付き合い・人間関係は確かに大変だと言われますし、

実際大変な事もいっぱいあります。


陰口というか直接本人に言わないこと等はよくありますね。


私はその点、大事にしてもらってるので有り難いですね。


気にしない性格なので実際は嫌われているかもしれませんが^^



私も人のことは色々と言いますよ。


何かがあれば周りのみんなにも言いまくり一緒に怒りまくってます。


でも、悪口陰口とそうじゃない境ってどこでしょう。


そこに妬みが有るのか無いのか、

本人を目の前にしても言えるのか言えないのか、

事実か不実かではないでしょうか。


気に入らない事は一人で抱え込まずに、

オープンに人に相談する事も大事ですよね。


それらは悪口陰口では無いですが、

明らかに悪意のある悪口陰口が田舎には特に多いです。



私が田舎移住した経験では、本当に色んな事がありましたが、

別に大きな力を借りなくても個人で自由に田舎暮らしはし続けることが出来ます。



現に私は今でも田舎暮らしが好きでやり続けていますから♪


陰湿な人間関係や価値観の違いはあれど、

都会暮らしよりも田舎暮らしの魅力の方が強いから居続けていて、

今は都会に帰りたいっと思った事は1度も無いんです。


これは常々お話ししています。




田舎ならではの本物のヒーリング。


都会だとアンバランスなグリーン計画?で汚い空気の下のオフィスの中で、

ジャングル化してヒーリング計画と言ってますが、


私からすると全然エコじゃないし、人工物なので変化も乏しいです。


本物の素晴らしい自然のグリーンとブルーが近い田舎が

とても魅力的でヒーリング効果があると思っています。


アメリカのIT最先端地帯のシリコンバレーでも、先に植林をして

緑に囲まれたヒーリングの場所を作りましたよね。


そう、疲れた時に1歩外に出たら自然の癒しが治癒させてくれるのです。



自然と共に暮らす事が本来の人間のあるべき場所、

当たり前の姿ではないかと思います。


都会では味えない自然と隣り合わせの空間こそ人間が求めている場所

そう感じていますので、少々不便な事でも田舎暮らしを止める理由にはならないのです。


ただ…田舎暮らしにはもう一つ間違った認識と落とし穴がありました…




田舎移住の現実の落とし穴を知らないと田舎暮らしの失敗組に入ってしまいます。


また次回お話ししますね。






会社員では忙しくて田舎のスローライフができません!在宅の副業はこちら




農業って正直言って儲かるの?儲からないの?



t02200123_0300016813463944377.jpg



農家でこんな高級車に乗ってる人見たことないですよね。


サラリーマンとして働いている人が田舎暮らし

脱サラして農業をする際に、

お金じゃない満足度を重視しがちですが、


儲かるか?儲からないのか?


という点は新規就農してしまう前に絶対に考えないといけません。



農業というのは過去に3K、そう、

キツイ・汚い・危険 という言葉があります。


(臭いとか、結婚出来ないとか、金が無い、格好悪いもあるそうですが…)



そのイメージを払しょくする為に新3Kという言葉もあります。


カッコイイ・稼ぐ・感動


と言ったニュアンスのものです。



イメージアップ云々ではなく、

実際に、稼ぐ事が出来ないと『業』として成り立たない訳ですから

絶対に避けてはいけないことです。




サラリーマンでも営業等の経験がある場合には、

売るということが非常に大事なことは痛感しているかと思いますが、


利益とか売上を重要視したことのない部門にいた場合に、


売れてこその収入


といった認識が欠けてしまうことがあります。



その意志のまま農業研修を受け、新規就農制度等で助成金をもらい、

いざ営農!となると途端に独り立ちが出来なくて困る人がいます。


教えられたこと、与えられたことをするのが得意でも

自分で売ることが出来ないと個人事業主では難しく、

儲かる農業には程遠くなってしまいます。




儲かる農業を実現するには?


儲かる作物を考え儲かる販路を考え、行動しないといけません。


ただ習ったものを教科書通りに作っているだけでは儲からないのです。



作る基礎は覚えても、売ることは自分の努力次第なので

営業力、営業知識がないといけませんし、


かと言って価格とコスト製造工程の手間等を考慮して

利益の出る作物を作らないといけません。



単純に自分の作りたい野菜を作るだけで儲かる程

甘くはない世界です。



儲かる農業は利幅が取れて尚且つ売れるものです。


これは作付面積や作業工程、品種、産地によって変わりますし、

市場調査も必要でしょう。



農業でも、服でも家具でも機械でも何でもそうですが、

もの作りという世界はどれにも共通していて、


コストや作業効率等も全て踏まえて経営・改善しないと

ただ作っただけでは赤字経営になってしまいます。



個人農家さんは一人工場長であり、営業マンであり、社長であります。


ここが出来ないと ぶっちゃけ儲からないのです。





家族や大切な人を豊かにさせてあげれてますか?
この在宅副業ならばもっと豊かになれるかも?
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。