MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

一昔前の田舎の女性は冬はハンドメイド率が高かった



t02200300_0470064013529067306.jpg



田舎暮らしをするところが雪の降る地域での第一次産業の場合、

冬には仕事をしない!

といったケースが業種によってあります。


しないというより『出来ない』に近いのですが。。。


畑も雪で埋もれるし、外出も不便になり

買いだめをして余り外に出ない生活になることも。



t02200146_0600039913529070240.jpg



そんな中、女性はずっと家にいて何をしているのか?


退屈しないの?と思ってしまいますが、

田舎の女性の趣味はハンドメイド率が高い!


冬温かいこたつに入りながら

ハンドクラフトをされる方が多いです。



t02200147_0800053313529073562.jpg



•編み物

•縫い物

•木の実等を使ったアクセサリー作り

•絵画

•ペーパークラフト


等々、、、クラフト系の御趣味をお持ちで

帽子や鞄、マフラー衣服、バック、パッチワーク、キーホルダー、イラスト等、

手作りで作っていると

あっという間に時間が過ぎてしまいますよね。


私も男性ですが一応は編み物とかやるので

クラフトが好きな人のお気持ちが分かります。


田舎移住してからお裁縫や紙大工をやりたくなって本格的にはじめました。



秋までお仕事して冬は手芸に勤しむのは昔から

私は雪国生まれでは無いですが、

祖母やおばに

セーターやマフラー等の編み物を頂いていたのですが、


正直、、、子供の私には

ちょっとその柄は…と思うこと等もあり^^;


編み物に良いイメージがなかったのですが、

今実際に雪国の暮らしをすると

ハンドクラフトが趣味の方が多いのが目に付きます。



町の行事でクラフト教室等も

時折あるので空き缶の蓋を集めて

小さなオブジェを作っている人とか結構いるなと。


私なんて雪でも長靴でウロウロと走ってます…笑



ハンドメイドで作った作品を

オークションに出すのも楽しいし

作る励みになりますよ。



でも、雪国の女性はハンドメイド率が高いというのも

一昔前のお話しになりつつありますね。


今は苦手な人の方が多いのかな?





田舎移住後の暮らしもこれで安心!在宅副業の入り口



農産物の値段は何を基準に付ければ良いのか?



t02200165_0259019413487366107.jpg



私が常々お伝えしている田舎暮らし農業に関することは

教科書で習ったことではなくて

私の実演での体験ですので、

賛否両論あると思いますが

是非参考にして下さいね。



自分で農産物を売るということは

自分で値段が付けれるので

その強みを活かす市場開拓をしましょう^^




具体的な値段の付け方ですが、

私は自分が出店する場所の

1番売れてる店を比較しながら試し販売して

価格調整していました。


独自ショップならライバルはいませんが、

買いやすい価格を意識しながらも利幅がちゃんと

残るようにしていました。



狙う市場のお客様の層にもよりますので、

一概に言えませんが、販売価格から経費等の

逆算をして決めます。



市場や農協に卸して値付けされるのとは違うので、

ご自身でする場合はある程度

同じコンセプトのお店を参考にしつつ、

テスト販売などされてみて下さい。



個人販売は自分で値段が付けれる代わりに、

最初は値段が分からない場合には

同等のショップを参考にしつつ試してみると良いです。



独自なので価格の設定は自由です。


農業関係の学校での算出方法は分かりかねますが、

実体験としてやっていた事はパッケージや経費、

その他モロモロ見え難い経費も全て算出して

利益が残るように設定していました。


利益が残るということは絶対に必要です。


ライバルが凄く安いからといって無理して安くするのではなく、

適正価格で購入して頂ける市場開拓、伝え方、集客を取り入れてみて下さい。



明確な回答ではありませんが

参考になれば良いです。





在宅で会社にばれずに副業がしたい!
でもこれって本当にお小遣い稼ぎができるの?


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。