MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

お得な田舎暮らしをしたい方の移住特典を探す方法



yjimageM0L5B0AV.jpg



前回の続きで、

お得な田舎暮らしをしたい方の田舎移住特典を探す方法です。


前回のレッスンでは、

まずは目安として JOINニッポン移住・交流ナビを使う。

その後条件を絞って実際に足を運んで判断する。

田舎定住支援制度を有効利用する。

気になる場合お試し住宅制度も利用してみる。

と前回お話しをしましたね。



中古物件になると実際に見ないとわからないことも多く、

リフォーム代や下水工事代が必要になる場合もあるともお伝えしました。




田舎暮らしの空き家バンクの物件価格は高い場合も。


都会と違い田舎は固定資産税も安く、同じ100坪でも評価額の差が大きく、

都会では住めない豪邸が田舎では手に入れやすいです。


アパートを借りる際の駐車場も都会は月額3万円するところもザラ。

しかし地方では場所によりますが2−3千円と0の数が少ないのです^^;


しかも1台分は家賃に含まれていることもあります。そういう視点から見ても

都会の人から見ると田舎の土地は安い

わけですからどれもお得に思いがちなのです。


がしかし、その価格は実は地元の人から見ると高いことも


実際私も今の住まいの土地は地元の人に借り、

150坪あるんで庭も家も広く妥当かと思うのですが、

住んでからご近所さんと親しくなり、土地代が高過ぎると言われています。


誰があの土地借りるんだ?高過ぎるだろ、とまで言われてたそうで…

そう言われるとちょっと悔しいかななんて思いますね^^笑


でも年間7万円ですので大阪と比べればかなりお得ですよねぇ。



沖縄に住んでいた友人が最初は賃貸暮らしで数年後に家を購入し、

都会に戻る際に売りに出して、都会の方に購入してもらった際に

購入価格よりも高く買い取ってもらえたのに

相手は安く買えたと喜んでいたという実例もあります。


まさに、購入者には言えない秘話ですよね…。

ご本人が満足しているので教える必要はないかと思います。


私も後で知らなければ土地代は満足してたので…



最初は田舎で賃貸暮らし・慣れてから購入という方法もあり、

空き家バンクにかぎらず、田舎暮らしの情報を検索すると

ここぞとばかり?不動産屋のサイトが出てくるので

どうしても購入しないといけない固定観念に縛られがちですが

最初はお気軽に賃貸のほうが実は良いこともあります。



その理由として、その地に馴染めなかった場合引っ越ししやすいことや、

地域に慣れたら地域だけの口コミや物件紹介があります。


地元は地元なりの相場というものがありますし、

家の傷み具合なども地域の人はよく知っています。


家賃を払うのがもったいないと思う人もいますが、

いざ購入して損をしたり、あとに引くに引けない状態で

苦しい田舎暮らしになってしまう方がもったいないです…。



田舎暮らしの空き家バンクの物件価格は高い?まとめ。


田舎の物件探しをする際には、

その地の評価額・固定資産税を調べる。

リフォームが必要か・下水工事が要るか調べる。

その地に馴染み、地元の人に相談してみる。





好きなことをしているだけで儲かる超ハッピービジネスで真の成功者になる!


お得な田舎暮らしの移住特典を探す方法とお試し住宅のススメ



yjimageD4NFW809.jpg



田舎暮らしがいかにお得かと感じさせるようなフレーズで

移住特典

という言葉が最近出てきましたが田舎定住支援制度のことです。


今回説明で使用したサイトは、

JOINニッポン移住・交流ナビで検索してみてください。



yjimageE27JXLBN.jpg



JOINニッポン移住・交流ナビで田舎移住情報収集できること。


・田舎暮らしのお得な移住特典

・田舎の住まい情報(空き家バンク)

・地域おこし協力隊情報

・移住体験者のブログ


など閲覧することが出来ます。


全国の移住特典・田舎移住支援制度も探しやすいのですが、

特典には注意点もあります。




移住特典は自治体にも狙いがあります。


田舎移住支援制度は移住者を増やすための特典ですが、

もちろん無条件でだれでも歓迎ということではありません。


理由や狙いがあって自治体は移住特典と名を打って

移住者を募集しているわけです。


なので年齢制限や家族がいる人限定。

何年以上住まないといけない、自治体の指定する場所に住まないといけない

などなど様々な制約も当然あります。



自治体は人口と良い人材と税収がほしい

わけですからそこに応える必要があります。


なので基本的に高齢者に対する移住特典は少ないです。


ただ、東京都日の出町では日本一お年寄りに優しい町として

75歳以上の人は医療費が無料という補助制度があり、

ガン医療費も無料。80歳以上のお年寄りには温泉の宅配もあり。

60歳以上の人は町内を走るバスが無料。

1食500円週2−3回栄養バランスの取れた食事の宅配サービスがある。

65歳以上、1回500円で年に6回出張カットをしてもらえるなどなど

住んでいる高齢者は幸せそうに暮らしているとのことです。




空き家バンク・住まい情報でお試し住宅も探そう。


空き家バンクは各地の空き家情報が見れます。


各自治体によって掲載方法は違いますが共通して言えることは、

物件は写真と図面だけで判断してはいけません。


中古物件になると実際に見ないとわからないことも多く、

改装しないといけない荷物が入ったまま、

ボットントイレ、ずっと空き家で虫だらけ

ということもあります。


最初は無理に購入しなくても、お試し住宅制度などを

利用した方がいいと私は考えます。


一度お試しで住んでみて近所づきあいや、生活や仕事を経験し

そこから住処を見つけるほうが移住を失敗する後悔が少ないと思います。



田舎の住まいのことや各地の移住情報まとめ

まずは目安として JOINニッポン移住・交流ナビを使う。

条件を絞って実際に足を運んで判断する。

お試し住宅制度も利用してみる。





好きなことをしているだけで儲かる超ハッピービジネスで真の成功者になる!

地方こそチャンス!田舎で集客できるホームページを導入しよう



yjimage5D77DLKN.jpg



田舎暮らしのビジネスの営業集客

についてです。




お店を知られないと存在していないのと同じ。


田舎で商売を始めても

お店の存在を知られない限り

集客につなげることは出来ません。


都会のようになんとなく人が通って

立ち寄ろうと思う人の流れは地方は少ないです。


ということは、一般の人からすると

お店が存在しないことと同じです。


それを知ってもらうために

地元のチラシや新聞

CMなどを活用しようとしても

膨大な費用がかかる上に

沢山広告を打ち続けないといけなくなりかなり

コストが掛かります。


しかも新聞折込になると

興味のない人にまで

無駄な広告を打たないといけません。




田舎で商売繁盛する為にネットの力を併用する。


そこで効率よく的を絞って

ホームページ集客を活用して販路開拓しましょう。



インターネットは情報を知りたい方が

検索窓にその情報に関する

キーワードを入力して検索します。




整体を受けたいなと思えば、

自分の住まいの近くの整体院を検索しますし、

旅行客がランチを食べたい場合も地域名+ランチなどで検索します。


何か困ったときに相談する人を見つけるときも

地域名+税務相談 地域名+相続問題などで検索します。



キーワードから検索された場合、

折込チラシで興味のない方に見られるのとは

全く違った集客効果が見込めます。



ただ、検索されるのにも

ライバルよりも上に表示されないといけません。


検索上位に表示されるのと2ページ目では集客力が全く違いますよね。



あなたが検索するときもそうだと思いますが

まず1ページ目の一番上から

閲覧していきますよね?


2ページ目までいくことなく

1ページ目に表示されているサイトで

様々なことを解決したり購入したり

来店したりすることありませんか?


実際に1ページ目に表示されるのと

されないのとでは全く集客効果が違います。



さらにいうと…せっかくページに来ても

成約しないと意味がありませんよね。





いまどきの在宅副業で口コミ営業の絶壁をいとも簡単に越えられる!




続・田舎のネット集客で成約率を高める為のポイント



yjimageH8TXJN80.jpg



田舎暮らしネット集客で成約率を高める為のポイント

についてお話しします。



田舎の集客に関しては以前の記事にも何度も記載していますので今回は

続・田舎のネット集客で成約率を高める為のポイント

として補足事項を掲載します。




田舎の実店舗や物販の集客でネットを使うのは当たり前。


もう今はインターネットが集客に必須というのは

当然ご存知かと思います。


そして商売でする以上はただホームページを作ればいい

というわけにはいかないこともご存知ですよね?


ネット検索⇒あなたのページが見つかる


こうならないと集客につながりません。



その手段として、


ブログやホームページのSEO対策。

ソーシャルメディアの活用。(FacebookやTwitter等)

食べログ。(飲食の場合)

ホットペッパーなどショッピングモールに所属。

地域の情報サイトに登録。


などなど無料・有料の手段があります。



とにかく人の目に触れるということが大事なのですが、

無料で出来るだけしたい人が多いのは事実。


そうすると、

SEO対策。

ソーシャルメディアの活用。

が一番よいです。


その方法についてはこのブログでも一部お伝えしているので

今回は割愛しますが、

触れたあとのことについてお話しますね。




ネットで集客できたあとに施す対策。


上位表示で集客できても

結局のところページを見て


行ってみたい。

買ってみたい。

お世話になってみたい。

お願いしてみたい。

お話ししてみたい。




そう思ってもらわない限り

実店舗への集客に至りません。

と以前も記事にしました。



田舎の場合、(都会もですが田舎は特に)

電話番号をわかりやすい位置に載せる。

これが重要です。



ネットは知ってもらう手段、

ネットショップはそのままお買い物に繋げる、

飲食は来店して頂くと成約ですが、

実店舗や何かのイベント案内・車の販売・建築・

教室・サロン・オーダー品・保険・訪問サービスなど見積をしたり、

アドバイスをした上でサービスや物を提供するお仕事をしている場合は

まずは問い合わせが先決です。


メールでお問い合わせ頂くことも重要で

問い合わせしやすくするのは大事ですが、


地元向けサービスのスタイルとして

一番多いのは電話をして問い合わせる

ということです。



その理由は、

ネットの閲覧はできるけど

メールの問い合わせができない人が

ご年配の方にはまだ多く、

ネットだけではなくて

直接話さないと怖い

というのも特徴です。


集客をしたら問い合わせがしやすくなっているか

見なおしてみてください。


問い合わせが来るのが面倒で

ネットだけで簡潔したい。


そういうお気持ちもあると思いますし

それで成り立つこともありますが、


ネット集客⇒電話問い合わせ

というのはかなり成約率が高まります。


これは実は全国に向けてもあることで

例えば宅配野菜の個別契約とか

ネットショップに掲載していない商品があるかとか

業者様からの別注の問い合わせとか

そういうことも電話で受注することも出来ます。


そのためにはまずはネットで窓口を作ることなのですがね^^



田舎のネット集客で成約率を高める為のポイント。


まずはとにかくページを見てもらう。

問い合わせしてみたい・行ってみたいと思われる。

電話問い合わせを積極的に受ける。


因みに私もつい10日前に、ブログに記事を書いたのですが

SEOでサイトを上げているので直ぐに検索にかかりまして、

最初はメールのお問い合わせで、その後は電話問い合わせばかりです。


電話で時間を取られるのですが、

お問い合わせいただいたことに関して

ご本人様了承済みでホームページに追加していけば

ページも充実して訪問者にとって良いサイトになりますね。





田舎でもパソコンを上手く使えば在宅副業で優雅に暮らせる

田舎でやりたい仕事で成功する方法を絶賛実践中です



yjimageOREBRZ7Q.jpg



田舎暮らしでやりたい仕事成功する方法を絶賛実践中

についてお話しします。


わたしは信憑性がないのに

妄想で物事を伝えることは

出来ないタイプですので、

自分が体感したり

信頼できる人が体感したことなど

確実に自分の中で把握できることを

お伝えしていくことを心がけています。


そこで、次に考えていることが、

田舎でやりたい仕事で成功するために生の声を届けたい

ということです。


例えば、

田舎で憧れのカフェを経営したい。

農業をしたい。

趣味のスクールをしたい。

好きなことを仕事にしたい。

などやりたいことを田舎でしながら

仕事としても成り立たせていくといった

どちらかというと遊ぶための田舎というよりは

自分の目標や夢を実現するための

実践方法などを届けたいです。



わたしはマインドセミナーは嫌いです。


モチベーションをあげるためだけの

マインドセミナーってありますが、

気持ちはあがり効果がありそうですが家に帰って

その日だけはやる気に満ちあふれますが、

翌日になると情熱が冷めたりします。


そう具体的な解決方法が無いから

根本的解決にいたらないのです。




田舎と都会の違いを知って田舎ならではのビジネスをする。


書籍や雑誌では経営の成功論などあふれていますね。


基本的なことは学べますが、

読む人の環境ややることによって

若干答えが変わってくるものです。




成功の本質からの応用が必要。


田舎と都会では母数も育った環境も

人とのつきあい方もお金の価値観も違います。


ですからすべて同じことをしても

成功論と当てはまりません。


誰を相手に仕事をするかにより伝え方も変わる

ターゲットによって、

参考書みたいな伝え方がいい場合、

友達みたいな伝え方がいい場合、

すっごく売り込んだいい場合、

売り込むことは辞めておいた方がいい場合や

色々あります。


わたし自身も勉強はしましたが

鵜呑みにしているわけではなく、

基本的なことだけしっかり認識して

自分の環境や属性に見合ったことを

分けて実践していますので

そういう体験、実践談をもとに

今後はちょっと小難しい

お仕事用語を使いながらもお届けしますね。もちろんわかりやすく^^





好きな土地で気の合う人と好きなように働きたい人はコチラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。