MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

野菜の値段のつけ方に対する質問を頂きました



yjimageOORRGIFO.jpg



野菜販売方法レッスンの読者様から質問を頂きました。

承諾の上でそのまま記載します。



いつもブログ拝見しています。


今日は素朴な質問ですが、野菜の値段のつけ方ですが、、、

実際のところどうなのかなと。


市況やいろいろな販売先での価格など参考にしていますが、

実際はどうされてるのかなと。


去年の今年で予想もちがうし、

などなど素朴な疑問だらけで答えが見当たらなくて、

アドバイスをいただければと思います。


まだまだ新規就農に向け試行錯誤中で、

課題や不安だらけです。


今後ともよろしくお願いします。


有機無農薬野菜の栽培を心がけています。


よろしくお願いします。




値段のつけ方ですが私は自分が出店する場所の

1番売れてるお店を比較しながら試し販売して

価格調整していました。


独自ショップならライバルはいませんが、

買いやすい価格を意識しながらも利幅がちゃんと

残るようにしていました。


狙う市場のお客様の層にもよりますので

一概に言えませんが、販売価格から経費などの

逆算をして決めます。


市場や農協に卸して値付けされるのどは違うので

ご自身でする場合はある程度

同じコンセプトのお店を参考にしつつ

テスト販売などされてみてください。


明確な回答ではありませんが、

参考になれば良いです。


と回答しました。




個人販売は自分で値段が付けれますので

最初値段がわからない場合には同等のショップを参考にしつつ

試してみると良いです。


独自なので価格の設定は自由です。


農業関係の学校での算出方法はわかりかねますが、

実体験としてやっていたことはパッケージや経費、

その他モロモロ見えにくい経費も全て算出して利益が残るように設定していました。


利益が残るということは絶対に必要ですから

ライバルがすごく安いからといって無理して安くするのではなく、

適正価格で購入していただける市場開拓、伝え方、集客を取り入れてみてくださいね。





在宅で会社にばれずに副業がしたい!
でもこれって本当にお小遣い稼ぎができるの?




直売成功のイメージが遠すぎる挫折感を持てば畑を見よう



yjimageEKRWKMPZ.jpg



農家さんがネットでの直売を

勉強し始めたときに陥るのは


・ネットで直売って難しい...

・なかなか売れない...

・がんばってるのに全く売れない


など売れない悩みからの挫折感です。


なぜ挫折感を持つか?


それは成功談とかネットは儲かるとか

ネットで上手くいっている話しを見て

セルフイメージで成功像を描くからです。


高い目標、成功するイメージは

絶対に持たないと行けないのですが、

いざやってみると遠すぎるように思えて


やっぱり無理じゃないか?


と諦めそうになります。




直売成功のイメージが遠すぎる挫折感を持てば畑を見よう。


実際に勉強して一生懸命やっても

1ヶ月、2ヶ月継続したくらいでは

なかなか売れることにつながらないです。


この期間、悩み迷い、

農作業で疲れた体で

慣れないパソコンに向かうのに

成果も出ないと励みにならない

一番辛い時期。


そういうときは畑をゆっくり見てみましょう。


植えた苗はいきなり実にならないし

時折トラブルもあったり

思いもよらない不作や病気になることも。


その度に対策を考えて...と

繰り返し作業をやってきて

いつの間にか知識として身に付き

プロになってきたことでしょう。


ネットも同じく、思い描くイメージが

形にならずやきもきしたりします。


そこで辞めてしまう人が大半。

非常にもったいないです。


ご自身が今まで何かを習得するときに

継続なくして成功したわけではないと思います。


私も本当に葛藤の毎日が

何年も続きました。


誰にも教えてもらうことも無く

孤独で黙々としていたので

更なる固定観念の縛りで視野も狭くなり

ストレスでした。。。


でもやり続けたからこそ

見えたものがたくさんあります。


ただ…自分だけでは時間が掛かるし

何年も遠回りした反省から

今は素直に人から学ぶことも覚えました。



ですから、直売をしたいのに

うまくいかないと悩んでいたら

まずは、畑を見て深呼吸して

焦って飛ばそうとしないことや

着実に地に根を張っていくことを

再認識しましょう。そして


悩んだら経験者に相談する。


未経験者に相談しても

愚痴になるだけで回答が出ません。



メールではネット販売に関する

相談をお受けしていますので

お気軽に相談してくださいね。


(販売ノウハウをお教えすることに特化しているので

野菜の育て方などはお伝えしていません。

育て方を教えている方に聞いてくださいませ。)





在宅で会社にばれずに副業がしたい!
でもこれって本当にお小遣い稼ぎができるの?

野菜を直売する方法を知りたい理由をしっかり持とう



yjimage7CC1K6VS.jpg



当ブログでは田舎暮らし農産物直接販売する方法を

お伝えしています。


ですからメールでもブログでも

基本的に農業を通じて『販売する方法』に特化しています。


これはインターネット通信販売で野菜を売るだけではなく

色んなことにも活かせるスキルであるのですが、


メールを重ねていくに連れ

濃いノウハウになってくると

途端に断念し始めてしまうこともありますので

今一度、気持ちの再確認をしましょう。




野菜を直売する方法を知りたい理由をしっかり持とう。


まず、目的の再確認です。


なぜ自分で野菜を直売したいですか?


答えはご自身の中にあると思います。


ここで私がなぜ仕事をするのですか?


と素晴らしいコンサルタントにメールで尋ねられた時に

考え時のお話しをしますね。




なぜ仕事をするのかに対して。(本業)


・周りの人に利益のある仕事を代わりに取りたい

・若い人の道標になりたい

・お客様に喜んでいただくものを提供したい

・やりがいのある人生を送りたい



そういう理由を書き出しました。


全て嘘ではないのですが、

その方の答えは



仕事をするのは利益を出すためだ!


とハッキリ言い切ったのですね。


その理由も明確に。



確かにそうなんです。

社会貢献とか人のためとかやりがいとか

いろんな理由はあれど、


根本的に仕事は利益を出すことが大事で

利益が出ないとすべて成り立ちません。



私があげた理由は

利益を出してから心に余裕を持って取り組めること

なのです。答えは間違えてないと思いますが、

自分の生活も整ってないのに

出来ることって限られてきます。



ただ、ストレートに

私は利益を出すために仕事してます!

とは中々言い難いですよね。


でも、大事なことであるし

そう言われることで

利益を出すことは悪いことではない

としっかり頑張れます。



これがキレイ事の理由ばかりを並べて

利益を出すためのマインドを

整えることが出来なければ

いつまでたっても心に売る罪悪感を持ってしまい

本来の価値を提供して売ることが難しくなります。



・売ったら嫌われるのではないか?

・儲かることで文句言われないか?


そういうネガティブな思考になりますが、

本来利益がないと成り立たないのは事実だし

価値ある物を提供する対価をいただくのは

決して悪いことではないのです。



もちろん野菜を直売したい理由の中には


・自分の野菜を直接食べていただく喜びを感じたい

・余計なマージンを乗せずに消費者さんに届けたい

・規格外野菜を破棄したくない


などの理由はあると思いますが、

利益を出すことは大事なことだと思うのですね。



この部分の意識が弱いと

結局ダラダラ勉強するだけになったりします。


販路開拓は最初は気合が必要です。


覚えることや落ち込むことたくさんあります。



この時点で、やっぱり今まで通りでいいやっと

後戻りしてしまわないように

しっかりなぜ直売をしたいのかを

思い直してみましょう。



きっと家庭菜園や自給自足の方ではなく

仕事として農業という職業をされていらっしゃると思うので

継続するためにも大事なことです。



これは野菜だけでなく

あらゆる仕事でも同じで

仕事で利益のことを意識しないのは

雇われ社員や未関係の人です。


もしくはもうビジネスが上手くいっている人で

ボランティア精神に満ち溢れている人。


もしくは全く経営力がない人か^^;



お金は後からついて来るとは言われますし

私もそう信じている面がありますが、

ついてくる前に挫折する人がいるし

家族がいるとそうも言ってられない人もいますから

フォーカスして書いてみました。





在宅で会社にばれずに副業がしたい!
でもこれって本当にお小遣い稼ぎができるの?

野菜を高く売るには?努力無しでは不可能



yjimageQ474993A.jpg



農産物直接販売のカテゴリーでは

野菜のインターネット通信販売について

記載をしています。


何度もになりますが

野菜を直売するメリットは、


・利幅がとれる(マージンがない)

・価格が自分で決めれる

・規格外野菜が売れる

・余った野菜もお金に換えれる

・お客様の声を直接聞ける

・やりがいがある


などがあげられますが、

自分で売る⇒高く売ることが出来る


という単純なことではありません。




野菜を高く売るには?努力無しでは不可能。


私に寄せられる声の中でも


・ネットは儲るんだろ?

・ネットでたくさん売れるんだろ?


といった儲け主義の方もいらっしゃいます。



商売なのでそれは当然ですが

ネットは簡単に儲ると

未だにその上辺しか観れていない勘違いがあり

実際にやってみると売れないじゃないか!

と愚痴を言う人も。



ネットはうまくすれば儲るし

高く売ることは出来ますが、

それは努力無しには不可能ですよねー;


田舎暮らしも同じです。


このブログの読者様なら

おわかりいただけると思いますが...



自分で直売することをお勧めしているのは

不当な利益を乗せて高く売るのではなく

適正価格で売るということです。



市場などでは埋もれてしまいがちな

こだわり野菜、単価の見合わない労働力

そういうことを不満に思う方が、

自分で価格をつけて自分でお客様に販売することや、


食べてほしい方に自分で売る喜びや

規格外でも安心な野菜を作りたい方など、


自己責任を負いながら価格に見合ったものを

提供する努力を出来る方がすることであって、


マージンをとられることが悔しい

といっただけの理由では

顧客開拓する部分の重要性を

軽視しがちで失敗してしまうこともあります。




顧客開拓は非常に難しいことでもあり

そこを努力できなければ

マージンを払って卸をしている方が

売ってくれる人が居るので

作ったものを出荷することは出来ます。


どっちが良いか...。答えは人それぞれです。





在宅で会社にばれずに副業がしたい!
でもこれって本当にお小遣い稼ぎができるの?





虫にやられた規格外野菜を購入してくれるお客様はいる?の回答



yjimageX1RA0R61.jpg



農作物を作るときに悩まされる害虫被害。


丁寧に気を配っても被害が出てしまうことも。


ここで読者さんからの質問がありましたので

了解の上で記載します。



小松菜が沢山とれましたが

害虫にやられてしまいました。


それでも、家で食べてみると美味しかったです。


買ってくれるお客さんはいないですよね?


という内容です。




虫にやられた規格外野菜を購入してくれるお客様はいる?


私の回答はこのようにしました。



問い合せありがとうございます。

野菜販売方法レッスンです。


害虫にやられてそれでも身体には無害、

美味しかった ということが

お客様に伝わり理解していただければ

買ってくださる方はいると思います。


ただ、お客様が販売者のことを

信頼出来ない、全く知らない

という場合には難しいかなと思います。


逆にクレームになる可能性もありますね。


事情がわかっていてかつ信頼関係があり

事情を説明して自分も食べて美味しかったというのが伝わり

そこに共感してもらえれば定価では難しいですが、

少しはお金に換えることが出来るかと思います。


時折農家さんのブログでもきちんと説明して

自己責任で買い取ってもらっている方もいます。


可能であれば試されるといですね。


こういう時、読者さんとコミュニケーションがとれていると

非常にやりやすいと思います。


参考にして下さい。




規格外野菜の販売は捉え方次第。


規格外野菜、特に害虫被害というのは

嫌だと思う人は絶対に嫌です。


タダでも貰いたくない人もいます。


そういうものまでお金取るのか?と思う人も中にはいるでしょう...


ですが、理由がわかり食べれるということが

理解できたら購入者はいます。


ですから売る相手次第かなと思いますね。


ネット上で販売する場合は、

写真とともに状態を載せる。(届くときにびっくりしない。)


・作った自分が食べている。(安全性がわかる。)


そして神経質な方やきれいな野菜が必要な方は

購入しないでくださいと記載する。



クレームを防ぐために、買ってほしくない方は

最初から断り書きをしておくことで誤解が生じませんし、

理解の元購入して頂けます。



私の例でいうと

傷とか不揃いの果実を販売していた時は

家庭用としてご賞味下さい。進物用には適していません。


と記載をしていました。結果、クレームは全くの0でした。


ただ、届いた人が不快に思うような状態のものは

おすすめは出来ないです。


ここはモラルの問題ですので判断して下さい。





在宅で会社にばれずに副業がしたい!
でもこれって本当にお小遣い稼ぎができるの?

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。