田舎で病気療養!うつ病予防! - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

田舎で病気療養!うつ病予防!



t02200207_0232021813396303648.jpg



会社を定年退職して、

老後生活をどう過ごしていいのかわからなくなる人が多いみたいです。

かといって暇つぶしに仕事を探してもお年寄りはどこも雇ってくれない。

増してや国民年金の人は老後の生活も金銭的に苦しい。

稼ぎがないとお金が心配で旅行に行く気にもなれない。


セミリタイアした後もお仕事や遊びで

日々、忙しくしていたいものですね。



私の父親は現役の時は、

銀行の取締役でバリバリの猛烈サラリーマンでしたが、

今は定年退職後の年金暮らしでガーデニングを楽しんでます。


旅行などのお出かけはお仕事が忙しくて時間がない方が、

無理やり時間を作ってでも行きたいという気持ちになりますが、

逆に時間があり余ると金銭的には豊かでも行く気にならないものです。

無いものねだりですね。



今迄、エリートサラリーマンだった父が、

急に余暇があり余ってる状態になって、

しかも、無趣味ですと、

いざ、何かをしようとしても、何も思いつかず、

ガーデニングくらいしか思いつかずというか

他のことにやる気も湧いてこなくて

ずっと家で仕方なくお庭をいじっています。


そうすると運動もしないし気持ちも張ってないので、

その内に身体も衰退して歩けなくなって、

たまに私のいる田舎に来ては病気療養しています。

こうなるといざどこかに旅行にでも行きたくなっても行けなくなって、

何もしないで老後を過ごすことになります。



そうなって、ずっと家に居られると、、、

本人だけでなく、周りの家族もストレスが溜まり大迷惑。


60歳以上の女性の定年離婚、熟年離婚等が脳裏に浮かびます。


老後夫婦で孫に囲まれて過ごしたいと思うのは男性で、

女性は逆に一人の時間が欲しいのだそうです。



そこで夫婦の温度差が生じるのです。




一番怖いのがうつ病


老後をいかに過ごすかと言っても、定年退職後は

多趣味で健康管理にも気をつけてそれまで生きて来た人なら良いですが、

今迄お仕事一筋で仕事しか知らずに来た人は、

何も無くなった虚無感から、

うつ病を発症してしまうこともあります。



田舎暮らしを老後から始める予定でしたら、

毎日、趣味や楽しみを見つけて、

美容健康にも気を付けて、

地域のボランティアにも積極的に参加して、

人の為になることを沢山見つける事です。


うつ病にならない田舎暮らしは、

食生活にも気を配り、心身丈夫にして、

自然を楽しみながら健康的なライフスタイルを送れる人で、

人との交流を楽しむことも出来て、

自分だけの為ではなく、人の為に人との交流を持つ事で、

気持ちが満たされると毎日にも張り合いが出来ます。


そういった事が出来ない人にはうつ病になってしまうかもしれないので、

田舎暮らしはお勧めしません。




セミリタイア後の生活もこれで安心!年金+在宅副業の収入で豊かな老後を



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。