田舎で働く事の都会と比べた不平不満 - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

田舎で働く事の都会と比べた不平不満



t02200146_0320021313423652686.jpg



本日は、ちょっと愚痴っぽく聞こえる内容ですが、

決してマイナス思考でもネガティブな訳でもなくって、

本当によくあるお話しなので記載します。


これは田舎の人向けでなく、都会の人向けの記事です。



田舎に移住して仕事に対するプロ意識が高ければ高い程

ストレスが溜まると思いますし、

現にこんな調子でやってたら仕事に対する意識が低くなると

田舎に不平不満を抱いたまま都会に帰っちゃう知人もいました^^;



都会から見た田舎で働くことに付いての不平不満。。。


田舎に移住して様々な人と働いたり、

お店に出かけたりして感じることが、


とにかくお仕事が遅いです。


田舎のメリットでもある、のんびり。


これが仕事になると相当差し障ります。


具体的に言うと、

・見積依頼を出しても何日も返事が無い。

・材料の手配をしても直ぐに発注しない。

・現場の段取りが悪過ぎる。


等々、、、です。


要するに田舎の人はノロマなんですよ。



私は都会の人向けに仕事をしている事が多く、

スピード命です。


都会では、特にせっかちな大阪では、

トロいと信用が得られません。


信用が得られないとお仕事も成り立ちません。



私は特にインターネットでのお仕事が多い為に、

お客様に、ほんのちょっとでも不平不満点があると

直ぐにキャンセルされる恐れもあります。


私はそんな風に絶対にならないように細心の注意を払って、

迅速丁寧に対応するように心掛けておりますが、


やはり、意思の疎通って難しいですね。


特にお顔の見えないインターネットでは。



だからこそ早く不安を取り除いたり、

回答をするように心掛けていますが、

人間関係で成り立っている田舎では

ゆっくりであろうがいい加減であろうが、

仕事を断られる心配は無いと思い込んでいる面もあります。


それはそれで凄く言い面でもあり、

本来、人と人との信頼関係で仕事するべきで、

その結果、人脈で自分のお仕事が大きくなっていく訳ですから、

都会のやり方を押し付けるべきではないかもしれません。



しかしこれから人口も少なくなるのにそんな調子で良いの?


都会からどんどん企業が参入してくるのに大丈夫?

(余計なお世話か…でも心配なんです…いや余計なお世話か…)



個人個人に悪気が無いところがまた大変。


気質的なものや、

自分が率先して前に出て責任をも持ってお仕事をするという事が

少ない為に起こる事なのですが、田舎では

とにかく回答を求めても適格な返事がありません。


過去の事例や応用を効かせれば答えって簡単に出る筈ですが、

社長に聞かないと分からない。



じゃあ社長に聞いて下さい。



ずっと連絡が無し。



社長が事務所に帰って来てないので、



数時間、もしくは数日待ってこちらから連絡。



社長と会ってないのでまだ分かりません。


いつもここでブチ切れそうになります...


一本電話入れて聞けないんですか?仕事ですけど...


社長に気使う前にお客さんを気使うべきじゃないの?と

どうして田舎は視野が身内というか身近な人を優先になるのか?



yjimageFZY9LZDG.jpg



社長が独裁者なら社員は考える脳が無くなる。


これは都会でも同じ事が言えますが、

上に立つ人間が独裁者の場合、

下は考える脳が無くなり、責任感も無くなり生産性が悪くなります。


・上の言う事だけ聞けば良い。

・とにかく穏便に揉め事なく過ぎ去れば良い。

・誰かがやってくれるだろう。


こういう思考になるが為に

新しいアイデアが出ない、目立ちたくない、

という成長しない結果に繋がります。


更にいうと面と向かって怒る人も少ない為に、

田舎特有の「なあなあ」になる事が多いのです。



人口が少なく、周りが知人や親戚と繫がっていることもあり、

尚更、揉め事を起こさないように暮らす人が多い為、

言われっぱなしの仕事をする事が多いのですね。


都会人が偉そうに!と思うかもしれませんが、

実際に起こっている差ですし、指示待ちの人間は田舎の方が非常に多いです。


田舎で自分が先頭きって働いている人って滅多にいませんね。


もしも私に文句がおありならば、

自分が本当に都会レベルで先陣きって仕事をしているか

客観視してから言っていただきたいですね。



お役所など、何か頼み事をしても、ずっと放置していて怒ったことも何度もあります。


地方のお店でものを購入し、お問い合わせの電話をした時も、

なんか個人宅に掛けたような感じの電話対応。


『あらーそうですかぁ。。。』で終わって驚いたこともあります。


いやいや、、、分からなくてもお店側として調べて対応するのが当たり前でしょっと。


まるで他人ごとに捉えているのです。


それで苦い思い出が多々あります。



一言謝罪があれば良かったけど、何も悪気が無い感じが考えられなくて。


私だったら例え配送トラブルなど

運送屋さんの失敗でこちらでは無くても気絶しそうになるくらい

申し訳なさでいっぱいになりますけど...。


だってお客様のお気持ちを考えると辛すぎですよね。


そんな時、お店側から何もなく、凄く不快でした。お金も払ったし。。。



都会で働いている時に、

地方の役所などに電話しても

タメ口に近い感じの人がいて驚いた事がありますが、

実際そんな感じです。


ホント、銀行の窓口とかでもタメ口のおばさんが多過ぎます!



都会から見た田舎で働く事に付いての不平不満のまとめ。


・ペースが遅過ぎる。

・誰にも怒られない甘さがある。

・昔ならではの独裁者の壁がある?

・年配者になる程、視野が凄く狭い。


等々、、、競合相手が少ないのも原因ですね。


田舎のメリットが仕事になるとデメリットになる事も、

こういう部分が都会との格差だと思います。


人はどうでも良いんだけど、それがお仕事となると厳しい目線になります…。


仕事は都会目線でやる自分には中々田舎の仕事に馴染めません。


関西人はせっかちとか短気とか言われるし自分でもそう思います。


だから自分で心地良い環境を築いていくか、

もしくはそこに愛情があればきちんと指導をしていくべきですね。


喧嘩することになりますが相手や組織を思ってのぶつかり合いは

いつか円満に解決します。



誰に向けてお仕事をしているかを意識する必要が伝われば、

田舎でも円滑に行くなと考えています。



上司の機嫌を伺ってお仕事するのではなく、

住民やお客様のことを見てお仕事する。



お客様のことを見てお仕事することが都会でも田舎でも大事ですよね。


その感覚が田舎は非常に薄いです。



でも、そこは考え方をプラスに変えると、

都会みたいにバリバリ働く人に囲まれて仕事するのはシンドイですけど、

田舎みたいに周りがノンビリしている方が、楽勝で働けますよね。


田舎ではちょっとやれば、凄くデキる風に見られちゃう。田舎はチョロイです。


そう考えればストレスを感じることなく

逆に居心地よくなりますよね。


物事は考えようですね。





田舎のお仕事の不平不満も忘れてしまえる在宅副業!









【田舎暮らし 田舎でお仕事 田舎のお仕事の不平不満の最新記事】
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。