田舎移住で助成金に頼り過ぎると失敗する! - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

田舎移住で助成金に頼り過ぎると失敗する!



補助金助成金支援金に頼り過ぎる注意点に付いてです。


助成金や補助金、支援金というのは非常に助かります。


受けれるものであれば誰でも受けたいし、

良くなる方向に向かうことも出来ますね。



私も町の助成金は有り難いことにかなり受けました。


ですが...


私の場合は助成金が無くても今と同じ暮らしは出来ます。

行政からの資金だけに頼り過ぎるのは大変危険だからです。



t02200155_0450031813437162522.jpg




1.国や県の事情や規約に左右される。


残念ながら国の様々な予算は厳しい取り決め事が沢山あります。


田舎だけでなく都会でも、

生活保護の減額とか

年金の減額という話しや

子供の手当ての存続等、


予定されていた額が

変更したり中には廃止したりすることもありますね。


それに対抗する人もいますが一個人の声では

中々届かず変えることも難しいです。


せっかく田舎移住しても帰っていく人は

お金が原因の人が多いです。


ですから、年金や助成金が無くても余裕で生きていける

生活力を若い内に身に付けましょう。


年配の方は急ぎましょう。




2.個人が努力をしなくなる。


大体が助成金や年金だけをアテにして生きてる人は、

元々、助成金や年金が絶たれたり、

それだけでは足りなくなっても

生きていけるだけの備えも力もヤル気も無いです。


でもそういう人は、実際そうならないと気が付かないので、

何とか生活出来てる内は危機感が全く無いのです。


例えば助成金で毎月6万円頂いたとしても、

その6万円に頼るだけの頭しか無いので、


後もう6万円稼いで増やそうという、

知恵も努力も気力も何も無いのです。


するとその6万円が無くなると慌てふためくのです。


人種によっては、助成金があるが為に努力しなくなります。



地域おこし協力隊員もそうですが、

任期が切れて毎月のお手当が出なくなると、

村に残ってられなくて出て行く人も多いです。



努力をしていない訳では無いし、

仕事をした対価なので頂くことは良いのですが、

助成金0円で全てを自分の給料で賄うということを

突きつ突き付けられると途端に現状維持出来なくなります。



田舎に移住する前に助成金が0円でもその村に来たのか?

っと、自問自答しましょう。




3.個人個人の努力や行動が必要。


農業などで助成金を頂いても、

その金額の分をもらえるものとして当てにするのではなく、


その金額を活かして今後の努力をする必要がありますし、

万が一無くなっても乗り越えれる力も必要だと。



9248080.jpg



全てに於いて他人がコントロールしていることは、

自分に権限が無いので何が起こるか分かりませんし、

打ち切られたり減額される噂が出たら

これからどうしようと不安が出て来て落ち着けません。


そこに心の安定生活は無いです。


下請け業者等も同じことが言えますね。


全てを親会社に左右されてしまう。


ですから助成金を支給されることが悪いとか

そういうことではなく、


行政からもらえる権限を法律で与えられてる訳ですから頂けば良いのです。


でも、あくまでも助成金は無いものとして生活設計を立てて、

無くても自分だけでも余裕綽々でやって行ける力を養う必要がありますね。


未来永劫に補助金が今まで通り出続けるとはとても思えないですよね。



私の好きな場所で好きな仕事をするというのと、

補助金頼りの他人にコントロールされた人生とを

一緒にされると心外ですよね^^





在宅副業のおかげでド田舎でも補助金制度に頼らず自立した暮らし


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。