脱サラ新規就農したい?その前に農業を体験しましょう! - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

脱サラ新規就農したい?その前に農業を体験しましょう!



食の安全、環境問題、社会問題等々が取り上げられる現代。


そしてテレビでも芸能人の田舎暮らし

お得な田舎移住特典や新規就農の為の制度や

農業体験のドキュメンタリーを目の当たりにして


サラリーマン生活から転職、若しくは

脱サラして農家さんに成りたいと思う方には様々な動機があります。



t02200311_0318045013449565673.jpg



・田舎で暮らしたい。

農業がしたい。

・安全な野菜を自分で作って、毎日安全な食生活をしたい。

・野菜作り・米作りをお仕事にしたい。

・自給自足的生活をしたい。

・親の家業を継ぐ為。


等々。。。農に触れる第二の人生を始めたい人で

色々な情報をインターネットで検索していると思いますが、

中々踏ん切りがつかなかったり

多くの情報がある中、大事な部分が得られない、

だから前に進まないといった場合に、


答えを求めるのであれば

一番良い手段は実際に農業体験をする事です。



百聞は一見に如かずと言いますが

農業は体で覚える仕事でもあるので、

尚更、机上の空想では答えが出せません。


かと言って、畑で身体で覚えるだけでもダメ。


予備知識や復習や売り方を学ぶ手段として

机上の知識で頭を使うことも非常に大事です。



更に言うと、

メールだけでの問い合わせには答えに困る時もあります。


やりたい農業、作りたい野菜、住みたい場所により答えは全く違う。


この為、誤解を受けるとまずいので

はっきりとした答えがメールでは書けないから

直接問い合わせて欲しいと、

新規就農センターの窓口の方もおっしゃっていました。



私のように大阪府で農業研修をして

実際には長野県で就農するといったケースもありますが、

当然栽培方法や栽培時期、土壌も全く違うので

基礎知識はあっても栽培に関しては最初は試行錯誤します。


このように教科書通りでは出来ないのが自然を相手にする仕事、農業です。


でも、基本的なことは変わらないので研修を受けたり

頭を使って基本を勉強していれば

新規就農後にきっと役に立ちます。



ですから、脱サラする前にインターンシップ制度や

週末援農、週末農業研修に出掛けて農家体験をしてから

本当に自分自身が農業で食べていきたいか?食べて行けるのか?

貧乏したとしても農業を好きであり続けられるか?


そういうことを肌で感じ取らないと

前に進むことが出来ません。



そこから農業に興味を持ち、様々な地域の特性も学びながら、

自分自身の理想とする農地取得に向けて計画を立てると良いです。


基礎知識を得る為には農業大学校という手段もあります。



ただ新規就農制度を当てにして利用するのであれば

規約がありますので簡単に辞めることは出来ないとことと

予備知識を入れる努力もなしに

制度さえ利用すれば簡単に始められる訳ではないことを意識しておきましょう。





家族や大切な人を豊かにさせてあげれてますか?
この在宅副業ならばもっと豊かになれるかも?



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。