農産物を売る時は限定感を売りにしましょう! - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

農産物を売る時は限定感を売りにしましょう!



t02200165_0259019413494104777.jpg



野菜は日々の食卓に並ぶもので、

これは田舎暮らしも都会暮らしも無関係ですね。


スーパーマーケットに行けば常に野菜や果樹の農産物が並んでいます。



全国の旬の季節の多少のズレや

ハウス栽培等を含めたら

年中野菜があるものもありますね。



あなたの作る野菜、扱う野菜も

年中あったとしても、


『今が旬』

『この時期が一番美味しい』

『春と秋の美味しさの違い』



等が必ずあると思います。



限定感は購買意欲をそそります。


私はインターネット通信販売では果物系の直接販売が多かった為に、

常に限定感があるので言えることかもしれませんが、


•今の時期だからこそ

•今しか食べれない味


ということも強みに出して限定販売していました。


ページにも販売期日をはっきりと書くこともありました。


そうする事で、

『今を逃しては食べ逃してしまう。』

ということが伝わるのですね。



これを煽りと思うとやり難いと思うかもしれませんが、

野菜に限らず世の中のキャンペーンは、


・今だけ◯◯

・◯日はポイントアップ

・残り何個

・先行販売

・期間限定

・数量限定


等といった打ち出し方で行われています。


そしてご自身はどうでしょうか?


きっと心が動くと思います。



根拠の無い限定感は煽り感がありますが、

農業の場合は野菜の旬や数量限定に関しては

嘘偽りなく本当のことでしかないですよね。




本当に美味しい時期に食べてみて!


という訴求から次には

秋の味と春味を比べてみて!


といった食べ比べというリピートにも繋げれます。




野菜には旬や食べ頃があり、

その時に食べると本当に美味しいですよね。


そのタイミングは作っている農家さんが一番知っているので、

心底伝えることが出来ると思います。





在宅で会社にばれずに副業がしたい!
でもこれって本当にお小遣い稼ぎができるの?






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。