農産物が売れるか売れないかは商品説明文で決まります! - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

農産物が売れるか売れないかは商品説明文で決まります!



t02200165_0640048013495871327.jpg



インターネット通信販売農作物を販売する際に、

商品を伝える為と

トラブルが無いようにする為に

商品説明文にはかなり力を入れる必要があります。


今回は田舎暮らしとは関係のないお話しですが、

直販の極一部になりますが、

大事な部分ですので記載します。



農作物のインターネット販売で商品説明文を書く際のポイント


直接販売する時でも

商品のラベルシールを貼りますが、


•商品名(農作物の名前)

•生産者情報


等を簡易に書いていますが、

やはり可愛いポップ等で商品説明されている方が、

思わず見てしまいますよね。



直売所ですと簡単な商品説明文でも

実物を見て納得して購入するので

トラブルになり難いですが、


インターネットの場合は実物が無いので

いちいち説明し過ぎて丁度良いです。



よくあるのがグラム表示・個数のみというパターンですが、

それだけでは実際にイメージが付き難い。


商品説明文次第で購入に至る消費者さんも多いです。


•100gってどれ位?

•1玉の大きさってどれ位?

•3Lとか2Lだけじゃ分からない



農家さんは農業に日々携わっていて

アタリマエの事柄でも消費者さんには当たり前じゃ無いんですよ。


実物を見て買物をする際にも、

1束とか1パック単位で買っているので

何グラムと書かれても分かり難いこともあります。


1玉も普段買っているスーパーの大きさで考えていたら

大き過ぎるとか小さ過ぎる等のクレームにも繋がります。



そういった場合は、


•分かりやすい写真を載せる

•手の平に載せて撮影する


等イメージが付きやすくするようにしましょう。


説明文は説明し過ぎて調度良いです。


ここを面倒になり省くと

お客様の購入意欲も増さない要因にも繋がります。



ただダラダラと栽培方法などを書くのではなく、

お客様の立場に立って

購入する際の不安を取り除く事を

意識して下さい。



ご自身が、インターネットで何かを購入する際にどこを観るか?

何が書いていないと不安か?

いちいち要らない説明は何か?


と置き換えてみるのも良い説明文を書けるようになります。





在宅で会社にばれずに副業がしたい!
でもこれって本当にお小遣い稼ぎができるの?




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。