田舎物件を探している際にチェックすべき6つの注意点 - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

田舎物件を探している際にチェックすべき6つの注意点



t02200165_0478035913505506630.jpg



田舎暮らしを始める際の必要資金の大部分を閉めるのが、

田舎移住した後の住居費であるパターンが一番多いです。


私も現在の生活費の半分をログハウスの住宅ローンが占めています。



田舎の家を中古物件で購入してリフォームをするか、

私の様に新築にするか、

それとも気軽に先ずは賃貸にするか、


予算や目的に応じて無理の無い田舎物件の選択をしましょう。




住みたい田舎の自治体や不動産業者を利用する。


今の時代インターネットが普及している為、

現地に行かなくても家探しがしやすくなりました。


しかし、出来る限り移住地の事を知っている業者さんや

自治体に相談しましょう。




インターネットでは家を見ずに掲載しているページ等も勿論あります。


そうなると細かい事まで把握されていません。


ですから実際にその地を知っているという事は凄く大きなポイントです。


特に下記の6点は田舎暮らしをして人生を左右すると言うよりは、

人生を狂わせかねない重要なことでもあるので

要チェックです。


•自然災害がどれ位あるか?

•四季を通じての気候はどうか?

•公共交通機関はどうか?

•子供の通学経路と自分の通勤経路はどうか?

•医療機関や買い物は何処でするか?

•どのような助成制度が受けられるか?



等、素早く答えてもらえるのは現地を知った人だからです。




ただ、後の記事にも詳しく述べますが、

田舎の行政や不動産屋が田舎移住に際し力を入れている理由は

税収や家を売りたい、地域を活性化させたいっという事ですから、

都会の人はお金を出してくれる単なるお客さんとしてみています。



人の幸せなんかよりも売りたい事が前提ですから、

生活の不便さ等はあなたの目線に立って教えてもらえない事もある事を

きちんと心得ておき、聞きたい事等は遠慮せずに聞きましょう。


結構突っ込むといい加減なこともあります。


更に言うと、悪気は無くて親身になっているつもりでも、

田舎の人と都会の人とでは価値観や育って来た環境が違いますので、


移住先の地元の人が、

公共交通網に関する不便は無いといってもそれは慣れているだけで、

都会に暮らして来たあなたやご家族にとっては

不便極まりない事があるからです。


そうならない為にも必ず現地の下見をして確認をしましょう!


インターネットだけで判断する人はまさかここにはいませんと思いますが、

私は今のログハウスに暮らす前は賃貸住宅でしたので、

私のように賃貸だからといって全く何も見ずに契約する人もいますので^^;笑





ド田舎のマイホームが仕事場!自由な在宅副業です。






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。