田舎の電車の駅はキセル乗車し放題! - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

田舎の電車の駅はキセル乗車し放題!



yjimageW3V7H65U.jpg



田舎暮らしをしていて田舎の電車に乗ると

田舎の駅って無人駅が多いですが、

キセル乗車ができるんじゃないって考えてしまいます。


キセル・(不正乗車)とは、電車や汽車などに乗車する際に

定められた乗車券類を持たず、自動改札機の強行突破などにより

運賃・料金を不正に払わないでいようとすることですが、


都会だともう監視の目も厳しいのでなかなかキセルはされないけど、

田舎の無人駅ならかるがるキセル出来そうじゃないかと

都会の私は思うのです。。。


田舎の駅は無人駅ももちろんあります。

私の最寄り駅は朝の通勤時間や学生の帰宅時間は

駅員さんはいますが昼も昼休みとっているし

早朝や晩はいません。

その前後の駅は無人駅です。


なので正直な話し、一番安い切符を購入して

キセルしてもばれないんじゃない?と思うわけで 笑

でも大人になってするつもりもないから(恥ずかしいし…)

じっくり人を見物してみました。


どうもワンマン列車なのですが、前のドアしか開かないようにして

その前のドアで車内で車掌さんが切符を回収するのです。


なるほどーそれは明暗ですな!前のドアしか開けないので

必ず車掌に定期や切符を見せないといけない。


しかし…そのじっくりルールを見ていながらも…

私はとうとうキセル行為をしてしまったのです…


いや切符代はちゃんと払って買ってたけど

切符を渡さずに下車したということ…^^;


田舎に来たばかりの頃は

大阪育ちの私には切符は改札で渡すものと思い込んでいるので、

前駅での行為を観ながらも、ついつい車掌に切符を渡さずに

下りてしまったのです。

だけど車掌は何も言わず…。。。


私は無人の改札で切符を渡すこと無く出てしまいそうになり

あれ?どこで切符渡すんだろう…とあたふたして

そのまま駅を出ました。。。


だからさっきの駅で車掌に渡すの見てたじゃない!

と自分を突っ込みながらも…。


でポケットに切符を入れたまま帰宅…

ちゃんと料金は払ってるけど

なんとなーく無銭乗車した気分。


車掌は私が地元の人って把握しているのかな?


一番安い料金で切符を買ってやろうと思えば出来ると思うけど

田舎の人はそれはしないと思う…


だってほぼ知り合いだし乗客少ないしね…


別の日にまた乗った時に駅の開札に切符回収箱がありました。

みんな律儀にここに切符を入れて

ちゃんと乗っていると信じている私です。

私もここに入れればよかったのかあ♪


気になってこないだ駅で切符渡さずに出たけど不正する人いるかな?

と地元のおばさんに質問してみたら

そんなこと聞いたこと無いなあっと答えがかえってきました。


都会人の感覚とは違うんだなぁっと。。。

ちょっと安心。って当たり前か^^;





会社員では忙しくて田舎のスローライフができません!在宅の副業はこちら


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。