住みたい田舎の場所を決める際の失敗しない重要なポイントは? - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

住みたい田舎の場所を決める際の失敗しない重要なポイントは?



yjimageHVH52Q6I.jpg


住みたい田舎暮らし場所探しで決める際の失敗しない重要なポイントは?


どこが良いですか?という漠然とした質問をよく受けます。


その判断基準や選び方は

あなたがやりたいことの目的によりますと答えを出してます。


・住んでみたい田舎

・実際に住みやすい田舎


具体的に何か仕事をする、商売をする

趣味を満喫する場合と

老後、セミリタイア後に田舎で暮らしたい

と言う場合では移住先の選び方が変わります。


この場では住みたい田舎を選ぶポイントをお話しますね。


具体的な物件選びのポイントではなく、

まずはあなたの条件から住みたい場所を選ぶという視点でお読みください。




老後やセミリタイア後にのんびり田舎暮らししたい場合の選び方。


yjimageWO3RROXC.jpg


田舎 魅力第二の人生をゆったり暮らしたい。


団塊の世代の方のふるさと移住や

お金も貯めたし働かなくても

悠々自適に田舎で暮らしていける。


といった場合、わざわざ

住みにくい場所は選ぶ必要はありません。


自然災害がなるべく少なく 過ごしやすい気候

医療関係の施設が整っている場所を選びましょう。


都会暮らしの人は歳を重ねるに連れ不便なことに

なかなか対応できない人もいます。


何より心豊かに暮らすことが目的ですので

ここは特に無理しなくてもいいでしょう。




田舎でやりたい仕事、趣味がある場合。


yjimage7AX45DZM.jpg


住みたい田舎例えば農業であれば農作物を何を作りたいか、

どんなものを栽培して生計を立てるかにより

選ぶ土地が変わります。


四季を通じての気候を調べたり

農業をするにあたり適した環境なのかを

十分に調べる必要がありますので、

詳しい人に相談したりしながら情報収集しましょう。


特産物があるように適した土地があります。


畑さえあればどこでもなんでもできるわけではないので

農業計画とともに住みたい田舎の場所選びをする必要があります。




スポーツなどの趣味がある場合はその趣味が満喫しやすい場所を選ぶ。


yjimageWZDG4N2L.jpg


スキーやダイビング、サーフィンや登山などの

アウトドアでも規制があったりするので

山さえあれば、海さえあればいい

というわけにはいきませんよね。


地元のスポーツ関連ショップに確認すると確実です。




家族構成により住みやすい田舎を探している場合。


のびのび自然に囲まれて子育てして暮らすのには田舎は最適です。


しかし実際は学校区の問題や通学経路の確認が重要です。


田舎には学校も少ないので選択肢が限られる他、

通学の際の手段が重要です。


不便なとこに住んでしまうと、子供にも負担がかかるし、

毎朝車で送り迎えしないといけないこともあります。


帰りに迎えに行けずバスの時間などに制限があると

習い事や部活も制限されるので教育に力を入れているのであれば、

不満足の場合もあるのでご自宅で補ってあげる必要があります。




介護をする必要がある人や病気療養で田舎暮らしをする場合。


yjimageBYGPTBQI.jpg


確実に医療機関の設備をチェックしましょう。


田舎の町医者や総合病院では専門的な医師がいないこともありますし、

耳鼻科や眼科、皮膚科や精神科、産婦人科などがない町もあります。


また介護施設は高齢化が進んでいるのに若い介護士さんが不足している

といった現状もあり、施設にお世話になるのに何十人と待っている人もいます。


そうなると家族は働きに出ることも出来ないのですよね…。


自然に囲まれていると子供の喘息が治ったり、心の病が回復したり

体に良い空気やお水、食材を口にすることで

アトピーが治ったりと色んな療養効果があります。




自然災害に耐えれる気持ちや生活力を持つ。


yjimage0UZZ2R6X.jpg


雪道田舎暮らしは魅力が多いことは確かですが、

そこで生活していて冬、雪が降る地域の場合、

それでもずっと生活をしていく意志があるかも

大事なポイントです。


雪の生活は意外と大変なのです。



yjimage3P2L8Y48.jpg


ちなみに写真は

私が白川郷五箇山の山道を走っていた時に遭遇した出来事です。

いくら慣れているとは言えさすがに焦りましたよ!笑


その他、豪雨地帯や台風被害があるところなどで

生活していけるかも考慮しましょう。


停電なども頻繁に起こる地域もあります。(私の地域も…)



このように田舎暮らしの良し悪しも体験している私ですが、

実は都会暮らしをしていた時に住宅販売のお仕事をしていて

夢を追う為に辞めたのですが、その営業体験から基づく

実際田舎暮らしの物件探しをする際に気をつける点を

これからの章でもお話ししていきますね。





会社員では忙しくて田舎のスローライフができません!在宅の副業はこちら


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。