田舎暮らしの新規就農で失敗する原因とは? - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

田舎暮らしの新規就農で失敗する原因とは?



yjimageWDC5KHKX.jpg



田舎暮らし農業が失敗する要因を排除しよう

についてお話しします。


地域おこし協力隊の失敗例にも

役に立つと思いますので参考にしてくださいね。




田舎で仕事が失敗する要因とは?


田舎で仕事の失敗例で多いのは

新規就農がよく挙げられますが、


その情報については脱サラ農業もしくは

新規就農失敗などで検索すると

出てきますので今回は…


地域おこしや個人事業や新規就農で

田舎の補助金制度を使って仕事をする際に

失敗しやすい要因をお話します。




田舎の助成金制度に依存しない。


田舎には各自治体ごとに様々な企業支援で助成金制度があります。


例えば、

◯◯事業の支援をします。

町の住民を雇用したら◯◯円助成します。

事務所建築費の◯◯円助成します。

など。


こういう助成金はすごく助かるのですが、

『条件』もあるので依存しすぎないことも

すごく大事です。



例えば町民を雇用する場合、

見合った人材じゃなかったらどうでしょうか?


家が近いから、仕事が無いから

そういう人が来た場合、

仕事に情熱もなく時間が来たら帰る。


こういうこともありえます。しかし

解雇したくても出来ません。


文句や悪い噂をたてられるだけです。。。


それはまだ育成すれば解決しますが、




プロじゃない集団に決定権を持たさない。


何か事業資金の支援がある場合、

審査や会議の上に決定することもあります。


その会議で許可を得れなければ

仕事が前に進みません。


さらにその決定を下す人が

その道のプロではない場合、

判断にも時間がかかり責任持てないから

答えが出せず先延ばしになり

仕事の機会を失うこともあります。



それだったら自分のお金で

自分のやりたいことを自分のやりたい時に

自由に選択できる方が良いですよね。


実際に研修と言って他の地域に行って

結局それを実践できる人材がいなくて

実現していないことから

移住者を採用するも、


結局決定権が地域にあり

移住者の思う通りのことが出来ず

結果につながらず帰ってしまう人もいます。


地域おこし協力隊で素晴らしいスキルがあっても

先に進まず形にならないこともあります。


本気なら自分でするくらいの覚悟を持ちましょう。




都会の感覚を田舎の人に押し付けない。


これは田舎で仕事をするなら

必要なことです。


このままじゃいけない、変わらなきゃいけない

そういう意識や責任感で地域おこしを頑張ろうと

都会の感覚で最先端のビジネスを持ち込んだとしても、


まずは押し付けるのではなく

必要だと思ってもらえる

『説得力を持つ信頼関係』が必要になります。




人は変わることに凄くパワーが要ります。


それを他所から来た人に言われると

素直に聞けない気質がある地域や人もいます。


郷を知って歩み寄りましょう。



田舎で仕事が失敗する要因を排除しようのまとめ。


制度に依存しない。

プロじゃない集団に決定権を持たさない。

都会の感覚を田舎の人に押し付けない。




助成金は出す方も支給される方も自分のお金じゃないから、

真剣味にかけるという欠点もあります。


その魅力に取りつかれ?助成金ばかり利用することを考える人にならないようにしましょう…。


利用できるものはした方がいいのですが時間がかかる、縛りがある、

自由を奪われるという面でどうしても頼りすぎることに抵抗が…

私みたいなのは…損するタイプかもしれません^^;


ただ、本当の自由を手に入れることや、

人のためにできることは人に頼るものではなくて自分で創りあげるものだと思います。





在宅副業のおかげでド田舎でも補助金制度に頼らず自立した暮らし


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。