移住者が田舎の集落に受け入れられるには? - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

移住者が田舎の集落に受け入れられるには?



yjimagePKEO4JIY.jpg



今日は田舎暮らしを始めて集落に受け入れられるには?

のお話しをします。


村八分!?


これ、かなり移住者の不安を煽る言葉ですが

実際に村八分に会う人もいると思うし

私みたいに全くの鈍感な人もいるので

同じ出来事が起きても捉え方によるので

なんとも言えないのですが、

最初は深く突っ込んだ近所付き合いをしない

最初から深く付きあおうと努力しなくていいと思います。


田舎には田舎の風習がありますし、

ソコソコの距離でイベント等には参加したり

掃除さえちゃんとしていれば円満だと思います。


それを色々付き合い始めたら親切心からの

色んなアドバイスやルールや派閥みたいなものを

あっちの言うことも聞きこっちのことも聞きっと

色々疲れる事にもなります。




移住者が田舎の集落に受け入れられるには?


これは個人個人によると思いますが、

スポーツのイベント系はその年から誘われましたが

昔からの風習系に関しては

3年目で声掛けがありました。

いつ出て行くかわからないからですね。


家族で移住した場合は独身と比べると

結構早めに受け入れられると思います。


あと、私の場合なんと会議の議長をさせられたりとか

色々飛び越えて深いところまで突っ込まされてますが^^笑

更に来年からは班長の任命が。。。

あっという間にどっぷりと住民です。


こんな私は付き合いはうまく行ってると思います。


人がやりたくないことを頼まれるのも人徳のうちでしょ?!

と恐ろしいほど前向きです^^

来年は出張は控えなきゃ


班長の仕事を聞くと、

行事の前準備や後片付け、

町内会費の回収、

会議に参加

などなどで

イベントの準備というと

慰労会とかパーティーが結構あるので

そのための買い出しや料理の準備とか。


来年は座って呑んでたらよかったけど

今度はそういうわけにいかないのと

ほぼほぼ毎月何かしらの行事があるので

出張の予定を考えないと。


ただ、経験としてやってみたかったので

若干ワクワクしてます^^笑



移住者が田舎の集落に受け入れられるには?のまとめ。


地域の行事に参加する。

最初は深く突っ込んだ付き合いをしない。

何でも経験っと前向きに。


前にもお話ししたことになりますが、

陰口や噂は自分に直接言われてないと

言われてないことにしたり

悪気があってではなく、

新しい人が気になるからと捉えと

楽になれますよ。


考え方次第で状況って変わるので

もしかすると今の環境に納得がいってなくて

移住したいと思っていたら、見直すだけで

解決するかもですよ^^





ド田舎でチャンスをつかむ!在宅の副業はこちら



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。