50歳代の田舎暮らしのお仕事はない - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

50歳代の田舎暮らしのお仕事はない



yjimageSAKGGLBJ.jpg



メールやお電話で寄せられる質問で一番多いのが

田舎暮らし仕事の情報です。


これダントツなので、このカテゴリーでも

お仕事情報に関することを集中してお届けしていきますね。



では今日の田舎暮らしのQ&Aです。

ご本人の了解を得て公開いたします。


50歳からの独身男性の田舎暮らしの仕事探し。


私はうつ病を患い退職をして現在求職中です。

しかし、都会で働くのではなく

田舎に移住してゆっくりできればと考えていますが、

50歳なので再就職先が見つかるのか、うつ病でも働けるか不安です。


ただ、田舎に行けば病気が落ち着くのではないかと考え

環境を変えたいと切に願っています。仕事探しのコツを教えて下さい。



答えとしてまず、うつ病関係なしに田舎で出来る仕事として

・第一次産業(農林漁業)

・営業職

・資格や経験を活かす仕事

・介護職員


などが50歳からの田舎暮らしの仕事で出来そうな候補です。


都会でも同様、再就職がし易いのは

資格や経験を活かす仕事や営業職ではないでしょうか?


営業職はノルマもあったり、人と接する仕事なので

うつ病を患っている方の場合にはまた再発する可能性も心配です。


要は中途採用している会社は

業務拡大か、離職率が高いかですので

それなりに覚悟をする必要もありますね。




体力がなければ第一次産業のお仕事は難しい。


農作業や林業や漁業は体力勝負です。


1日手伝うことはだれでも出来ますが、

それを毎日の仕事にするとなると

体力は絶対に必須です。


農業は高齢者が多いということから

自分にも出来るっと考えがちですが

若い時から常に携わって歳を重ねた方と

事務職などで働いてきた人とは全く違います。



更に言うと研修生という立場になるので

年下の指導も素直に聞いて雑用もこなさないといけません。


最初の数年は収入も思うように頂けないことも覚悟しましょう。


将来農業で生計を建てたいという強い思いがあるなら

耐えることが出来ますが、ただ、仕事をしなきゃと思い

農業しか選択肢がなかったという場合には長続きしにくいこともあります。


その他、介護職員の募集は比較的多くあります。


これも体力仕事ですが高齢者のお世話をすることにより

人の役に立つ喜びを感じてご自身のうつ病の治癒ができる事もあります。




田舎暮らしで就職以外の道を見つけよう。


50歳から第二の人生を過ごすのに田舎を選んでも

あくせく働くことになる上に収入も思うように頂けなくて

スローライフを送れないなんてことはあります。


田舎でゆっくり暮らしたいことが目的であれば

どのお仕事でも会社に雇われるということは

それなりのルールもあり思うような自由な生活は難しいです。


田舎だからといって全員が温厚ではありませんし、

見えないノルマやプレッシャーも当然もあります。


きっとそういうことも辛くて都会でも苦しかったかと思います。


とくにうつ病の方で難しいのは周りの理解と人間関係です。


理解があれば体調がすぐれない時に休むことも出来ますが、

きっとまじめなあなたは、お仕事を休むことに対しても

周りを気にしてしまうと思います。


それだったら、就職を考えずに自分で出来る仕事に

挑戦したほうが心豊かに暮らせると思います。


軽はずみに言ってるのではなく、私も身近に鬱病の人がいて

何年も見てきて、うつ病の方が会社勤めで働く難しさを

知っているからこそ言えることです。


今までサラリーマンでいた場合、自分で仕事をするということに

非常に不安を抱え、自分には難しいと考えがちですが、

結局就職をしても同じ繰り返しなのであれば都会に居ながらにしても

田舎に移住して自分で出来る仕事を覚えていくことをおすすめします。


その方法に関してはこのブログでも徐々にお伝えしていきます。



50歳からの独身男性の田舎暮らしの仕事は無い?のまとめ。


就職だけを考えずに自分でできる事を考えて準備をする。


これが一番、人間関係のいざこざもなく、マイペースに出来て

うつ病の方が自立してスローライフが出来る方法です。





会社員では忙しくて田舎のスローライフができません!在宅の副業はこちら



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。