田舎暮らし 田舎でお仕事 田舎で出来るお仕事 - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

田舎でできる仕事・足りない収入を補填する最適な方法とは?



yjimage7F0DSPTQ.jpg




田舎暮らしでできる仕事・足りない収入を補填する最適な方法とは?

についてお話しします。


こういう話は結構いやがる人もいるのですが、現実として記載します。


・田舎で仕事を探しているけど収入が足りない

・田舎でカフェをしたいけど回転率の不安がある

・田舎でゆっくり暮らしたいけど収入も必要

・田舎の給料は生活は十分だけど将来の貯蓄が不安


などなどで田舎で暮らして仕事をしながら

ゆっくり暮らしたい、理想の生活をしたい方で

一番のネックになるのはストレートに言うとお金の不安です。


好きな場所で好きなお仕事をして暮らしていても

いつでも金欠では田舎暮らしも楽しくないですよね。


お金ではない幸せや心の豊かさを求めて

田舎でゆっくり働きたいという思いがある方がほぼですが、

現実問題収入と生活の維持と将来の不安で踏みとどまっている人がいるのも事実です。


そこで肩肘張らずに素直に取り入れていただきたいのが

しっかり会社勤めしながらも副業で足りない収入を補うことです。

在宅ならば自由度があって良いと思います。


我慢我慢の苦行や

時間の全くゆとりのない生活は田舎暮らしをする魅力が半減します。


バイトに出かけるなどというのんびりとはほど遠くなる

時間の切り売りをずっと続けることではなくて、



・自分の好きな時間にできること

・場所を選ばず自宅や外出先でもできること

・勤務時間に縛られないこと



などなどとにかく誰かに雇われて時間も場所も限られる仕事ではなく

在宅でできることを選ぶことが得策です。


その理由は、

理想のスローライフが遠のくからです。


仕事の掛け持ちでどこかに勤めると必ず出勤しないと行けません。

自分の時間がなくなります。


好きなことをして暮らしたいのに

心のゆとりもなくなってしまいますし、体力的にも将来続けることができません。


お子様がいると病気のときに休まないといけなくて給料が減ります。


家族の介護が必要になった場合、勤めに出ることも難しいです。


カフェなどのお店だと店を閉めてまでバイトに出かけると

何のためのカフェ経営なんだ?と思い悩んでしまいます。


だからこそ、

勤務時間にとらわれず自宅に居ながらにしてできる仕事、

子供が寝てから、もしくは起きる前に自分の時間でできる仕事、

カフェのお客様待機時間を有効活用できる仕事、

が最適なのです。


農業だけでは収入が足りなくてバイトに出かける場合、

体力的に限界がきますし、そのバイト先がなくなればたちまち成り立ちません。


そうなると理想の生活のはずが農業を辞めてしまって

どこかに働きに出る、ということになりかねませんし、

安い給料でも好きな仕事をできて今の生活自体は

ゆっくりできていいけど長期的なことを考えると貯蓄もいるし、

将来の不安が募り、やっぱり都会に帰ろうという発想になります。


好きなことを仕事にしたくて田舎に移住したのにお金で挫折する。


これはつらいですよね。。。

お金じゃない生き方を目指したのに結局はお金が必要だった現実。

まさに私もそうでした。だからこそ言っていることです。


好きなことを仕事にして暮らす理想の生活を目指しても

独身なら何とかなりますが家族がいるとそういう訳に行きませんよね。


心の豊かさはお金の不安があると手に入りません。


本当にお金がなくなったことがない人。

仕事がなくなったことがない人。

貯蓄が十分にある人。

健康体の人。


にはなかなか想像もつかない話だと思いますし、

お金の話しをするとすごく悪い話しをしていると思う人もいます。


でも素直に考えてみると、絶対にさけては通れない現実。


病気も自分がなってから気をつけなさいと周りに言うけど、

健康体の人は自分だけは大丈夫、と気がついてもらえないことがあります。


それと同じで、自分だけは大丈夫と思っていても、

今の収入源が本当に長年保障されるのか?

これから手掛ける仕事がうまく行くのか?

自分が病気や不慮の事故に遭わない保障はあるのか?


これは田舎に限らず都会でも同じですが、起こってからでは遅いです。


情報だけでも知っておくことをお勧めします。


安心して心豊かに暮らしたい人、全般に言えることです。


ただお金だけのために働くと

お金があっても人生が豊かになるとは言えないです。


やりたいことや守りたいもののために

必要である収入を得るという意味で

他人に価値を与えてこその対価をいただけるということを

しっかり意識しないと結局なりたたないからです。





ド田舎のスローライフを豊かにするために在宅副業で収入補充



50歳代の田舎暮らしのお仕事はない



yjimageSAKGGLBJ.jpg



メールやお電話で寄せられる質問で一番多いのが

田舎暮らし仕事の情報です。


これダントツなので、このカテゴリーでも

お仕事情報に関することを集中してお届けしていきますね。



では今日の田舎暮らしのQ&Aです。

ご本人の了解を得て公開いたします。


50歳からの独身男性の田舎暮らしの仕事探し。


私はうつ病を患い退職をして現在求職中です。

しかし、都会で働くのではなく

田舎に移住してゆっくりできればと考えていますが、

50歳なので再就職先が見つかるのか、うつ病でも働けるか不安です。


ただ、田舎に行けば病気が落ち着くのではないかと考え

環境を変えたいと切に願っています。仕事探しのコツを教えて下さい。



答えとしてまず、うつ病関係なしに田舎で出来る仕事として

・第一次産業(農林漁業)

・営業職

・資格や経験を活かす仕事

・介護職員


などが50歳からの田舎暮らしの仕事で出来そうな候補です。


都会でも同様、再就職がし易いのは

資格や経験を活かす仕事や営業職ではないでしょうか?


営業職はノルマもあったり、人と接する仕事なので

うつ病を患っている方の場合にはまた再発する可能性も心配です。


要は中途採用している会社は

業務拡大か、離職率が高いかですので

それなりに覚悟をする必要もありますね。




体力がなければ第一次産業のお仕事は難しい。


農作業や林業や漁業は体力勝負です。


1日手伝うことはだれでも出来ますが、

それを毎日の仕事にするとなると

体力は絶対に必須です。


農業は高齢者が多いということから

自分にも出来るっと考えがちですが

若い時から常に携わって歳を重ねた方と

事務職などで働いてきた人とは全く違います。



更に言うと研修生という立場になるので

年下の指導も素直に聞いて雑用もこなさないといけません。


最初の数年は収入も思うように頂けないことも覚悟しましょう。


将来農業で生計を建てたいという強い思いがあるなら

耐えることが出来ますが、ただ、仕事をしなきゃと思い

農業しか選択肢がなかったという場合には長続きしにくいこともあります。


その他、介護職員の募集は比較的多くあります。


これも体力仕事ですが高齢者のお世話をすることにより

人の役に立つ喜びを感じてご自身のうつ病の治癒ができる事もあります。




田舎暮らしで就職以外の道を見つけよう。


50歳から第二の人生を過ごすのに田舎を選んでも

あくせく働くことになる上に収入も思うように頂けなくて

スローライフを送れないなんてことはあります。


田舎でゆっくり暮らしたいことが目的であれば

どのお仕事でも会社に雇われるということは

それなりのルールもあり思うような自由な生活は難しいです。


田舎だからといって全員が温厚ではありませんし、

見えないノルマやプレッシャーも当然もあります。


きっとそういうことも辛くて都会でも苦しかったかと思います。


とくにうつ病の方で難しいのは周りの理解と人間関係です。


理解があれば体調がすぐれない時に休むことも出来ますが、

きっとまじめなあなたは、お仕事を休むことに対しても

周りを気にしてしまうと思います。


それだったら、就職を考えずに自分で出来る仕事に

挑戦したほうが心豊かに暮らせると思います。


軽はずみに言ってるのではなく、私も身近に鬱病の人がいて

何年も見てきて、うつ病の方が会社勤めで働く難しさを

知っているからこそ言えることです。


今までサラリーマンでいた場合、自分で仕事をするということに

非常に不安を抱え、自分には難しいと考えがちですが、

結局就職をしても同じ繰り返しなのであれば都会に居ながらにしても

田舎に移住して自分で出来る仕事を覚えていくことをおすすめします。


その方法に関してはこのブログでも徐々にお伝えしていきます。



50歳からの独身男性の田舎暮らしの仕事は無い?のまとめ。


就職だけを考えずに自分でできる事を考えて準備をする。


これが一番、人間関係のいざこざもなく、マイペースに出来て

うつ病の方が自立してスローライフが出来る方法です。





会社員では忙しくて田舎のスローライフができません!在宅の副業はこちら

田舎で儲かる仕事・田舎ビジネスを考えるのは悪?



yjimagePLMOLRXZ.jpg



田舎暮らしで儲かる仕事・田舎のビジネスを考えるのは悪?

についてお話しします。



田舎の儲かる仕事は自分で巻き起こせる。


田舎の儲かるお仕事ってすごく言葉の響きが悪いですが、

普通に考えて仕事をしていると利益を出すのが当たり前です。


最近では都会の人たちがどんどん田舎にビジネス開拓をしていますが、

それはコンビニしかり、飲食店然り、そして士業や保険などもそうです。


そういう目に見えてアタリマエのことはだれでもわかることですが、

田舎にはまだまだビジネスチャンスもありますので

一度どこか歩いてみるといいと思います。


地元の人は気づかない、都会の人だらこそできる役に立つ仕事は

沢山あります。


ただ、注意点も。それは

大手がやると善意・個人がやると悪と思われる。



以前、とある生産者グループの女性とお話したのですが、

『知らないスーパーの人が、直売所に買い物に来た際に

うちの加工品を買って帰り、食べて美味しかったから

催事をするので◯◯個ほど卸してもらえませんか?と

電話がかかってきたけど、怖いから断った。』

というのです…なんで?すごいチャンスじゃない!?


美味しいと言われて人にも知らせたいということが嬉しくないの?!

と思う気持ちを抑え、すごく保守的で警戒心が強いんだなあと思ったのですが、

大手のスーパーだと取引きを引き受けるのです。単価が安くても。

これが不思議な現象なのです…。


先日農業女子向けに軽トラが発表されましたが

まさにあれも、田舎ビジネスの一貫ですよね。


需要があるから作って売る、どこも同じことをするのですが、

どうも田舎で個人がビジネスで成功することに悪い事に思われるのです。




儲かることに罪悪感を持たない。


もしあなたが精魂込めて作ったもの

心からいいと思ったものを販売したりプロデュースして

それを喜んで購入して頂けることって嬉しくないですか?


現実にある話しなのですが、田舎でネットショップを運営していて

お客様が認めて必要と感じ、自らお金を支払っていることに対して

あいつは儲かって悪いやつだという人が実際いるんですけど、

そういう人は人に喜んでもらえてその対価としてお金が生まれるという

経験をしたことがないんだと思います。


だって美味しい料理を作る修行して食べたい方にもてなす、

美味しい野菜作りをしてそれを欲しい人に販売する。


まずかったらリピートもないし儲かることはありません。

良いから人が集まるのです。


自分の仕事に自信があるならどんどん田舎で成功しましょう。



田舎で儲かる仕事・田舎ビジネスを考えるのは悪?のまとめ。


田舎の儲かる仕事は自分で巻き起こせる。

大手がやると善意・個人がやると悪と思われる。

儲かることに罪悪感を持たない。


田舎暮らしは貧乏暮らし、貧乏が好きじゃないと耐えれない

と自治体の人が都会の人に

アドバイスをすることもあるそうです…


私はそうではなくて

貧乏が好きではなくて、買わずに作る、

シンプルに暮らすということだと思います。


シンプルと貧乏を一緒にしないでほしいですよね。





ド田舎のスローライフを豊かにするために在宅副業で収入補充

田舎でお仕事とボランティアを一緒にしないで



yjimage2LP2MJWF.jpg



田舎で仕事ボランティアを一緒にしてはいけない理由

についてお話しします。


田舎暮らしで事業を興すのに助成金頼りで始めようとする思考が

腹を括れてない事にも繋がるのかと思うこの頃。


お金が無ければ自分で生み出そうと思い、

自分でアクセク貯めたお金で始めた人とは心構えが違う。


その流れで私が感じた田舎での仕事をしていく上での

田舎の仕事とボランティアを一緒にしてはいけない理由

についてお話します。




助成金・補助金頼りの人は、人もタダで使おうとする!


私が以前、知人にいきなり呼び出された時のお話し。


知らない人の家に連れて行かれ料理をもてなされ

どうやら町の予算を使って施設を作ってもらい

そこを利用しつつ飲食店をしたいとのこと。


そこの時点で はぁ?  と思ったのです。

町の予算は税金です。

意味が全く理解できません。


町おこしとか色んな人のためになるとかだといいのですが、

明らかに一部の人が潤うだけの話し。


例えば、人が集まる⇒いろんなお店に行く⇒宿泊する⇒おみやげを買う

などで活性化するなら別ですが、日帰りでその食事を食べて終わり

それで町が潤うなんてことは考えにくいです。


そこまでは黙って聞けましたが…

手伝い方を間違えると物乞いのゾンビばかりが集まる

インターネットを使って人を呼んで欲しい

と依頼が。


私はそういうことはもちろん出来ますが

なんだか話しを聞いていると、無償です。


私は仕事としてなら受けるけど、無償でやる意味は無いと思うのです。

だって私自身、一朝一夕で身につけてきたわけではないし

今日あった人のために何で無償でしないといけないの?と思って当然だし、

田舎でよくあるボランティア活動と一緒にされては困るのです。


役場の業務としての一貫の活動や、定年退職された方ではなく、

現役で自分で生計立てているわけですから。


地域おこし協力隊もお手当てがあるからこその活動で

個人からお金を頂いていなくても税金から頂いているわけです。

それと個人事業主と一緒にしてはいけないです。


ここで、最初はタダでしてあげて成果が出たら

あとでお金貰えばいいんじゃない?紹介もしてくれるよ?

と思うかもしれませんが、

人をタダで使おうとしている人たちは一切お金を払うことはないし、

お金を請求すると悪人だと言われます。(実際経験あり)

結果、物乞いのゾンビばかりが集まります。



一度ボランティアをしてしまったら、し続けないといけないのです。


あの人はタダでしたんだからウチもタダでしてよ

とか、助けあいとかそういうことを重んじたりするので、

助けてくれてると思いお金を払う必要すら感じない人もいます。


もちろん助けあい精神はありですが、

その人がご飯を食べていけるかどうかというところまでの気配りがない人たちに

無償提供すると有り難みも感じてもらえないまま

一生無償提供しないといけない状況に陥ります。


それで他に収入源があって潤っているのであれば

それは良いことなのでしてもいいと思いますが、

自分の技術をタダ売りしたら業界に失礼に当たることを知りましょう。


自分の知識を安売りすることによって、

他で本当にそれで生計を立てている人は困ります。


牛丼と一緒で、A店が価格を下げればB店も下げる

じゃあ今度はこんなサービスを提供してっと

どんどん低価格競争が始まり業界全体が苦しい状況になります。


これが狭い田舎になるとたちまち持たない人が出てきます。


それこそ助け合いじゃないですよね?

自分が今まで時間を費やしてきたこと、

家族と過ごす時間を割いたり、何かを我慢してでも覚えてきたこと

今までお客様にお金を頂いてやってきたことをタダですることは

すべての人に失礼に当たるということを知る必要があります。



田舎で仕事とボランティアを一緒にしてはいけない理由のまとめ。


助成金・補助金頼りの人は、人もタダで使おうとする。

自分の技術をタダ売りしたら業界に失礼に当たることを知る。

ボランティアしたらし続けないといけない。


誤解を受けやすいことを書きましたが、お金が全てではないです。

信頼できる人なら無償で私もします。


基本お金よりもやりがい主義の私なので

お金をいただく罪悪感を持つこともあります。


ですが相手のことを蔑ろにして自分の欲だけを満たしたい人と関わっていても

良いことはないと言いたいのです。


生活の面では助け合いやボランティアは大事です。


実際に私も助けられ、私も協力することもあります。


ですが仕事とボランティアは基本一緒にしてはいけないと思います。


逆にお金を頂いて仕事をしている人はしっかり仕事をしないといけませんし、

してもらう方は仕事をしてもらったことに敬意を持ち、

お金を支払う意識を持たないといけません。


どっちかだけが良い思いをして、どっちかが涙をのむ。

これは助けあいとはいえませんね。


極論としては自分が生計を立てていることに関して

お金をいただきにくいのであれば友達や知人の仕事を受けないのが一番です。

働いた分はきっちりお金をいただきましょう。





ド田舎のスローライフを豊かにするために在宅副業で収入補充

田舎でできるお仕事・足りない収入を補填する最適な方法とは?



yjimage6RQ5UY5V.jpg



田舎でできる仕事収入不足を補填する最適な方法とは?

についてお話しします。


こういうお話しは結構いやがる人もいるのですが、

低賃金田舎暮らしの現実として記載します。


田舎で仕事を探しているけど収入が足りない。

田舎でカフェをしたいけど回転率の不安がある。

田舎でゆっくり暮らしたいけど収入も必要。

田舎の給料は生活は十分だけど将来の貯蓄が不安。


などなどで田舎で暮らして仕事をしながら

ゆっくり暮らしたい、理想の生活をしたい方で

一番のネックになるのはストレートに言うとお金の不安です。


お金ではない幸せや心の豊かさを求めて

田舎でゆっくり働きたいという思いがある方がほぼですが

現実問題収入と生活の維持と将来の不安で踏みとどまっている人がいるのも事実です。


そこで肩肘張らずに素直に取り入れていただきたいのが

足りない収入を補うことです。


我慢我慢の苦行や

時間の全くゆとりのない生活は田舎暮らしをする魅力が半減します。



バイトに出かけるなどというのんびりとはほど遠くなる

時間の切り売りをずっと続けることではなくて、


・自分の好きな時間にできること

・場所を選ばず自宅や外出先でもできること

・勤務時間に縛られないこと


などなどとにかく誰かに雇われて時間も場所も限られるお仕事ではなく

在宅でできることを選ぶことが得策です。その理由は、


理想のスローライフが遠のくからです。


会社の本業の他にバイトの掛け持ちでどこかに勤めると必ず出勤しないと行けません。

自分の時間がなくなります。好きなことをして暮らしたいのに

心のゆとりもなくなってしまいますし、体力的にも将来続けることができません。


お子様がいると病気のときに休まないといけなくて給料が減ります。

家族の介護が必要になった場合、勤めに出ることも難しいです。


カフェなどのお店だと店を閉めてまでバイトに出かけると

何のためのカフェ経営なんだ?と思い悩んでしまいます。


だからこそ、私は

農産物販売などの自宅でできる副業をスタートさせました。

そしてそれを本業にシフトチェンジしました。


勤務時間にとらわれず自宅に居ながらにしてできる仕事。

子供が寝てから、もしくは起きる前に自分の時間でできる仕事。

カフェのお客様待機時間を有効活用できる仕事。


が最適なのです。




農業だけでは収入が足りなくてバイトに出かける場合。


私もそうでしたが体力的に限界がきますし、

そのバイト先がなくなればたちまち成り立ちません。


そうなると理想の生活のはずが農業を辞めてしまって

どこかに働きに出る、ということになりかねませんし、


安い給料でも好きな仕事をできて今の生活自体は、

ゆっくりできていいけど長期的なことを考えると貯蓄もいるし、

将来の不安が募り、やっぱり都会に帰ろうという発想になります。


好きなことを仕事にしたくて田舎に移住したのにお金で挫折する。


これはつらいですよね。。。


お金じゃない生き方を目指したのに結局はお金が必要だった現実。


まさに私もそうでした。だからこそ言っていることです。


好きなことを仕事にして暮らす理想の生活を目指しても

独身なら何とかなりますが家族がいるとそういう訳に行きませんよね。


心の豊かさはお金の不安があると手に入りません。

本当にお金がなくなったことがない人。

仕事がなくなったことがない人。

貯蓄が十分にある人。

健康体の人。


にはなかなか想像もつかない話だと思いますし、

お金のお話しをするとすごく悪い話をしていると思う人もいます。


でも素直に考えてみると、絶対にさけては通れない現実。


病気も自分がなってから気をつけなさいと周りに言うけど、

健康体の人は自分だけは大丈夫、と気がついてもらえないことがあります。


それと同じで、自分だけは大丈夫と思っていても

今の収入源が本当に長年保障されるのか?

これから手がける仕事がうまく行くのか?

自分が病気や不慮の事故に遭わない保障はあるのか?


これは田舎に限らず都会でも同じですが、

起こってからでは遅いです。


情報だけでも知っておくことをお勧めします。

安心して心豊かに暮らしたい人、全般に言えることです。


ただお金だけのために働くと

お金があっても人生が豊かになるとは言えないです。


やりたいことや守りたいもののために

必要である収入を得るという意味で、

価値を与えてこその対価をいただけるということを

しっかり意識しないと結局なりたたないからです。


目的もなく、とにかく遊んだり贅沢したいがための

お金、お金ととにかく金儲けだけというのは

あまり好きじゃないです。


というかむしろ嫌いですが…

生み出したお金でまたさらに役に立つことや

求められることをして

それから回り回って自分の身にも周りにも

良いものが巡ってくると良いですよね。




田舎でできる仕事・足りない収入を補填する最適な方法とは?のまとめ。


自分の好きな時間にできること。

場所を選ばず自宅や外出先でもできること。

勤務時間に縛られないこと。


などなどとにかく誰かに雇われて時間も場所も限られる仕事ではなく、

在宅でできることを選ぶことが得策です。

下記のレポートを是非お受け取りくださいね↓





ド田舎のスローライフを豊かにするために在宅副業で収入補充


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。