田舎暮らし 質問と答えと真実 - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

田舎の生活費はどれくらい必要?月5万以下で可能って本当?





yjimageSCRMN0XT.jpg



田舎暮らしを始めるにあたり

絶対に欠かせないチェック項目は

収入と支出のバランス

です。



田舎暮らし田舎の生活費は高いか安いか?

田舎暮らし田舎の物価は安いか高いか?


それぞれいろんな憶測があり

実際の田舎での生活費がどうなのか気になるところですよね。


この収支のバランスによっては田舎暮らしを辞めることにも成り兼ねません。



月に5万ほどで生活している人もいるようだし…

これは本当?と質問もよくいただきます。

実は私もホントかな?って思うお話しも田舎ではしばしばですので

安易に答えは返せません。


では主に田舎で必要な生活費の真実から進めていきます。




田舎の生活費で安いのは住居費・駐車場代。


田舎のマイホーム物件は都会に比べると本当に安いですね。


中古物件はもちろんのこと、新築物件でも夢の庭付き&駐車場付きマイホームが

都会よりも格安で手に入りやすいです。


駐車場台も都会では1万〜5万など

ワンルームが借りれるんじゃないか?っと思うほどですが、

田舎だと1,000円〜5,000円と安価が多く、

ほとんどは家賃に含まれていることが多いです。


場合によっては家賃に2台分込みの物件もあります。




旬の野菜や魚が安く手に入る。


漁港の近くだと、地元のスーパーでは魚が安く買えたり

漁師さんや、釣り好きの方に分けてもらうこともできます。


農業が盛んであれば直売所で安価で買えたり、

農家さんからおすそわけしてもらえたりします。


これは田舎暮らしの生活費の節約にもなりますし

生活の魅力でもあります。


この産地直売ならではの新鮮な食べ物を食べ慣れると…

いくら都会で美味しいと言われているお寿司屋さんや

レストランで高いお金払って食べる価値を感じなくなります^^;


都会で求めるのは味ではなくサービスの提供という意味で

割り切っていて田舎ではサービスより味という感じですね。


余談ですが、同じお米でも都会の水道水で焚くのと

お水が美味しい所で焚くのとは全然味が違うのです。


旅行に行くと料理が美味しいというのは雰囲気だけではなく

本当に美味しさに差があるのですよ。



ところで田舎の物価は安いの?高いの?


はい、正直言って

高い!

田舎で生活費が安く住むのは土地と住居費と産直食材だけです。


日用雑貨や消耗品といったものは田舎のほうが物価は遥かに高いです。


人口が少ないことで大量消費が見込めないことや、

仕入れに配送費もかかるのでそんなに安くならないのですね。


そして過疎地などでライバルがいない場合も

そこで購入するしか無いので、安売りする必要もなく売れるのです。


各自治体などで助成金として保育料無料とか、学費無料、子育て手当てなどを

積極的に提供しているところであれば、生活費が抑えることができますので、

住みたい田舎が決まったら

そこの自治体の助成制度をチェックしてみるのもオススメですが、

ただ、助成金を利用するのであれば、助成を受けるのに

ある程度ルールを守る必要がありますので確認しましょう。




ではどれくらい田舎では生活費が必要?


これは家族構成や、田舎に住む目的によって変わりますので

どれくらいという具体的な数字は言えませんが、一般的に年金だけで生活していたり

月に数万円で生活している人もいますが、自給自足で何かを補っていることが多く

例えば太陽エネルギーや薪ストーブ、家庭菜園などです。


しかしこれも始めるに際し、最初は費用が要り、

設備を整えたり、資材や機械代です。


その他、ガソリン代などの燃料費や冬場の燃料代。


そう考えると都会に比べて生活を維持するための費用って結構嵩みます。


子育てしたらそれなりに必要ですし、

月に3万や5万円で生活しているのは税金も納めていない

一人暮らしの田舎暮らしの方に多いです。


家族がいると

5万だけではどう考えても成り立たないでしょう。

(学費の貯蓄なども必要なので特に。)


そしてここが見落としがちですが、

田舎暮らしならではのご近所付き合いなどによる

交際費も急な出費が必要なことが多いです。


えっと?そういえば田舎暮らしってご近所付き合いが大変って言うけど、

このように交際費以外で大変なことっていっぱいあるよね?


そこはどうやって上手くご近所付き合いするの?っとお悩みの方が多いです。

特に女性。田舎に住む女性の多くが抱える悩みです。

ご近所付き合いに関しては濃密ですので

専用のカテゴリーを設けていますのでどうぞ。





会社員では忙しくて田舎のスローライフができません!在宅の副業はこちら


住みたい田舎の場所を決める際の失敗しない重要なポイントは?



yjimageHVH52Q6I.jpg


住みたい田舎暮らし場所探しで決める際の失敗しない重要なポイントは?


どこが良いですか?という漠然とした質問をよく受けます。


その判断基準や選び方は

あなたがやりたいことの目的によりますと答えを出してます。


・住んでみたい田舎

・実際に住みやすい田舎


具体的に何か仕事をする、商売をする

趣味を満喫する場合と

老後、セミリタイア後に田舎で暮らしたい

と言う場合では移住先の選び方が変わります。


この場では住みたい田舎を選ぶポイントをお話しますね。


具体的な物件選びのポイントではなく、

まずはあなたの条件から住みたい場所を選ぶという視点でお読みください。




老後やセミリタイア後にのんびり田舎暮らししたい場合の選び方。


yjimageWO3RROXC.jpg


田舎 魅力第二の人生をゆったり暮らしたい。


団塊の世代の方のふるさと移住や

お金も貯めたし働かなくても

悠々自適に田舎で暮らしていける。


といった場合、わざわざ

住みにくい場所は選ぶ必要はありません。


自然災害がなるべく少なく 過ごしやすい気候

医療関係の施設が整っている場所を選びましょう。


都会暮らしの人は歳を重ねるに連れ不便なことに

なかなか対応できない人もいます。


何より心豊かに暮らすことが目的ですので

ここは特に無理しなくてもいいでしょう。




田舎でやりたい仕事、趣味がある場合。


yjimage7AX45DZM.jpg


住みたい田舎例えば農業であれば農作物を何を作りたいか、

どんなものを栽培して生計を立てるかにより

選ぶ土地が変わります。


四季を通じての気候を調べたり

農業をするにあたり適した環境なのかを

十分に調べる必要がありますので、

詳しい人に相談したりしながら情報収集しましょう。


特産物があるように適した土地があります。


畑さえあればどこでもなんでもできるわけではないので

農業計画とともに住みたい田舎の場所選びをする必要があります。




スポーツなどの趣味がある場合はその趣味が満喫しやすい場所を選ぶ。


yjimageWZDG4N2L.jpg


スキーやダイビング、サーフィンや登山などの

アウトドアでも規制があったりするので

山さえあれば、海さえあればいい

というわけにはいきませんよね。


地元のスポーツ関連ショップに確認すると確実です。




家族構成により住みやすい田舎を探している場合。


のびのび自然に囲まれて子育てして暮らすのには田舎は最適です。


しかし実際は学校区の問題や通学経路の確認が重要です。


田舎には学校も少ないので選択肢が限られる他、

通学の際の手段が重要です。


不便なとこに住んでしまうと、子供にも負担がかかるし、

毎朝車で送り迎えしないといけないこともあります。


帰りに迎えに行けずバスの時間などに制限があると

習い事や部活も制限されるので教育に力を入れているのであれば、

不満足の場合もあるのでご自宅で補ってあげる必要があります。




介護をする必要がある人や病気療養で田舎暮らしをする場合。


yjimageBYGPTBQI.jpg


確実に医療機関の設備をチェックしましょう。


田舎の町医者や総合病院では専門的な医師がいないこともありますし、

耳鼻科や眼科、皮膚科や精神科、産婦人科などがない町もあります。


また介護施設は高齢化が進んでいるのに若い介護士さんが不足している

といった現状もあり、施設にお世話になるのに何十人と待っている人もいます。


そうなると家族は働きに出ることも出来ないのですよね…。


自然に囲まれていると子供の喘息が治ったり、心の病が回復したり

体に良い空気やお水、食材を口にすることで

アトピーが治ったりと色んな療養効果があります。




自然災害に耐えれる気持ちや生活力を持つ。


yjimage0UZZ2R6X.jpg


雪道田舎暮らしは魅力が多いことは確かですが、

そこで生活していて冬、雪が降る地域の場合、

それでもずっと生活をしていく意志があるかも

大事なポイントです。


雪の生活は意外と大変なのです。



yjimage3P2L8Y48.jpg


ちなみに写真は

私が白川郷五箇山の山道を走っていた時に遭遇した出来事です。

いくら慣れているとは言えさすがに焦りましたよ!笑


その他、豪雨地帯や台風被害があるところなどで

生活していけるかも考慮しましょう。


停電なども頻繁に起こる地域もあります。(私の地域も…)



このように田舎暮らしの良し悪しも体験している私ですが、

実は都会暮らしをしていた時に住宅販売のお仕事をしていて

夢を追う為に辞めたのですが、その営業体験から基づく

実際田舎暮らしの物件探しをする際に気をつける点を

これからの章でもお話ししていきますね。





会社員では忙しくて田舎のスローライフができません!在宅の副業はこちら

田舎暮らしの成功法の間違った認識や情報不足で失敗しないように



yjimageWCULV70I.jpg



あなたが田舎暮らし成功法

間違えて認識して失敗しないために

田舎暮らしの真実について

色んなシーンに分けてお話してきましたが、

注意点や思っていることが

認識が違っていたことがあったと思います。



田舎暮らし成功者の結果だけをみて

成功までの過程を知らないまま夢だけ見て

うまい勧誘に流されて田舎暮らしを始めて

失敗に終わるなんて嫌ですよね。


芸能人などを見てあれは本当ですか?とよく質問されますが、

答えはたしかにあれは本当です。



でも、結構最終シーンだけを見て自分もすぐに田舎暮らし成功する!

っと思っていまいがちですが、

そんなに甘いモノではありません^^;


だからこそ移住先で失敗しないように

ネットで田舎暮らし情報を探し求めている

それは…大正解です!


あなたの予測能力や目の付け所、その行動は間違えていません。


あなたが今、田舎暮らしを始める際に

感じている不安を解決してもらうために

私がバッシングや批判覚悟で

ここまでに書いてきたことを読んで下さり有り難うございます。


田舎暮らしブログでは私が体験してきた中で

見つけ出した成功法をコッソリとお教えします。


インターネットは情報過多ですが

真実の良いお話しというものは、一般的に書かれていないこともあります。


私ももちろん書いていない田舎暮らし成功法はあります。


メール限定で失敗談含め、田舎暮らしのお仕事について

お話をしていることもありますので。


経験者からしっかりと情報収集してから

それから田舎暮らしをするかしないかを判断されても遅くはないし、

いきなり大失敗することと比べると先に知っておくべきで、

心づもりや計画もしておくことが大事です。



これだけ田舎の真実を書いていて

誤解のないように改めてもう一度言いますが、

私は田舎暮らしは素敵だと思っています。


あっという間に20年経過しました。


良い人も周りには沢山いますし、私にとって心豊かな良い環境です。


もちろん良いことばかりでなく

田舎が嫌だっと思うこともいまだにありますよ。


しかし、都会に帰りたいっと一度も思ったことがないのです。


ネオンでキラキラした都会よりも田舎のほうが私にとっては魅力です。


私も約20年前はあなたと同じように田舎暮らしに胸を焦がしていました。


しかし…当時インターネットがまだそんなに一般的じゃなかった為、

情報も知り合いもなく体当たりで田舎に移住してしまうしかなかったのです。


逆に行動に移すしかなかったことに対してはすごく良かったですが、

田舎のことをあまりにも知らなかったがために苦労や失敗もありました…。


その苦労も含め私は田舎暮らしをこれからしたいっと思う人に

落胆したり失敗して欲しくないと思っています。



私はあなたが田舎に住んでも住まなくても全く利害関係がないので

決して田舎に勧誘しているわけではないし、

ブログもメールも本音を書いています。


読んでみて向いていなければしないほうが良いと心から思っていますし、

田舎暮らしをしたいのであればやっぱり成功して欲しいです^^


お仕事について生活について、これからもお届けしていきますね。





会社員では忙しくて田舎のスローライフができません!在宅の副業はこちら

なぜ移住支援制度はウマイ条件で田舎に勧誘してくるのか?



yjimage09U4B6Z4.jpg



なぜ移住支援制度はウマイ条件で

田舎に勧誘してくるのか?


以前の仕組まれた田舎暮らしの記事の続きですが、

なぜこのようにまるで騙すかのように

仕組んで田舎に勧誘してくるのか?という質問をいただきました。


それは…。前にも何度も書きましたが過疎化防止と税収のためです。


ああ、知ってるよ!だいたい書いてるし!聞いたこともある!


過疎化が進むと跡継ぎが減り、どんどん田舎は高齢化してくる、

それを防ぐために農業の担い手を募って色々教えてくれるんでしょ?


そう!その通り!うん…

その通り…なんですけどね?



根本的にではなぜ地元の若者が都会に出て行くか?

って考えると答えは地域に 仕事が無い んですよ。

もう一度、冷静に考えてくださいね。


その田舎の過疎地の産業・仕事が成り立っているのであれば

若者が都会に出て行く必要もないのです。


子供さえ跡継ぎをしない場所に、

何も知らない都会の人を招致して農業を1から教えます!

それって真実ですか?

って農家さんの本音なのか?町や村の押し付けじゃあ???


その前にまずなぜ、自分の町の若者を都会に出す?

って思うんです。


人口が減り、高齢者ばかりが増える。

町の活気が無くなる。

税収入が減る。

農業や林業などの資源が減る。

医療機関が足りない。

高齢者の孤独死が増える。



さらに悪いところでは不動産情報にも輪をかけて

こんないい物件が格安でありまっせーっと。


もう住人が手放して解体費用すら出したくないような

放置しっぱなしの空き家とか平気で押し付けられます。



都会の人はまたそんな物件を喜んでホイホイ買うんですよ。


しかも地元相場では安いものを都会人向けに高く販売されている所もあります。



yjimageH5KYPDUR.jpg



例えば土地150坪 築年数80年 600万円

都会だと安!っと思いますよね。

150坪で家付き・庭付きが600万?安すぎ〜っと飛びつくも

地元の人から言わすと100万円払っても買いたくないっという状態も…


などお金を支払う都会人相手に儲けるのに切実なのです。


だから必死に移住者を集めるのもわかります、、、町のためですから、、、。


それは住民のためにでもなるので必要なことです。


ただですね、いいよいいよ田舎はいいよって言うなら

その前に自分の町の子供を呼び戻さんかい!って話しなのです。


自分の町の子供には苦労させたくない、

よその人ならいいという無責任なことの裏返しです。


そんな未来のない町に希望を持って、移住する人もいます。


しかし、、、過疎化を防ぐとか意識しているのは

お金が絡んでいる人だけであって、実は

地元の人は都会からの移住を歓迎していないこともあるんです。


それが一番厄介です。住むのはあなたですから…。


小さな町は横のつながり、近所づきあいが大事で

そして新しいものを嫌い拒絶する傾向にもあります。


あなたが過疎地で新しいことに挑戦しよう!っと

思ったら精神力がかなりいることは覚悟してください。


私自身移住で引越しを重ねて地元の人とお仕事をする時に

結構人間関係の複雑な体験しているのですね。トラブルも数回…。


この過疎化問題による居住者勧誘での住民の受け入れ体制は本当に注意してくださいね。


私自身は元々は民間企業に入ったので、農業研修がどうのとか

移住支援の助成金がどうのなんていうお手当はもらっていません。


私が一番最初に移住した時は、まだ、そもそもそんな制度が

表立ってありませんでした。(調べてないだけかも???)


なので、あの時と比べたら、うまくやりこなしていけば

今、田舎暮らしをしたい人のほうが条件は恵まれてはいると思います。


ただし…便利な制度に依存し過ぎないこと がポイントです。


田舎暮らししたいって本気で思って行動している人って制度とか気にせず

思いのままに移住しているもんです。※もちろん手当てはある方がいいです。



田舎暮らしはいいことだらけ田舎暮らしは利点ばかり

補助金、助成金はラッキー、でもその考えは、それで大変なことも。


特に町おこしをすると言って来る都会の人は嫌われています。


私も助成金目当てで結果を出さない人が多いので好きではないんですけどね。





会社員では忙しくて田舎のスローライフができません!在宅の副業はこちら

田舎の電車の駅はキセル乗車し放題!



yjimageW3V7H65U.jpg



田舎暮らしをしていて田舎の電車に乗ると

田舎の駅って無人駅が多いですが、

キセル乗車ができるんじゃないって考えてしまいます。


キセル・(不正乗車)とは、電車や汽車などに乗車する際に

定められた乗車券類を持たず、自動改札機の強行突破などにより

運賃・料金を不正に払わないでいようとすることですが、


都会だともう監視の目も厳しいのでなかなかキセルはされないけど、

田舎の無人駅ならかるがるキセル出来そうじゃないかと

都会の私は思うのです。。。


田舎の駅は無人駅ももちろんあります。

私の最寄り駅は朝の通勤時間や学生の帰宅時間は

駅員さんはいますが昼も昼休みとっているし

早朝や晩はいません。

その前後の駅は無人駅です。


なので正直な話し、一番安い切符を購入して

キセルしてもばれないんじゃない?と思うわけで 笑

でも大人になってするつもりもないから(恥ずかしいし…)

じっくり人を見物してみました。


どうもワンマン列車なのですが、前のドアしか開かないようにして

その前のドアで車内で車掌さんが切符を回収するのです。


なるほどーそれは明暗ですな!前のドアしか開けないので

必ず車掌に定期や切符を見せないといけない。


しかし…そのじっくりルールを見ていながらも…

私はとうとうキセル行為をしてしまったのです…


いや切符代はちゃんと払って買ってたけど

切符を渡さずに下車したということ…^^;


田舎に来たばかりの頃は

大阪育ちの私には切符は改札で渡すものと思い込んでいるので、

前駅での行為を観ながらも、ついつい車掌に切符を渡さずに

下りてしまったのです。

だけど車掌は何も言わず…。。。


私は無人の改札で切符を渡すこと無く出てしまいそうになり

あれ?どこで切符渡すんだろう…とあたふたして

そのまま駅を出ました。。。


だからさっきの駅で車掌に渡すの見てたじゃない!

と自分を突っ込みながらも…。


でポケットに切符を入れたまま帰宅…

ちゃんと料金は払ってるけど

なんとなーく無銭乗車した気分。


車掌は私が地元の人って把握しているのかな?


一番安い料金で切符を買ってやろうと思えば出来ると思うけど

田舎の人はそれはしないと思う…


だってほぼ知り合いだし乗客少ないしね…


別の日にまた乗った時に駅の開札に切符回収箱がありました。

みんな律儀にここに切符を入れて

ちゃんと乗っていると信じている私です。

私もここに入れればよかったのかあ♪


気になってこないだ駅で切符渡さずに出たけど不正する人いるかな?

と地元のおばさんに質問してみたら

そんなこと聞いたこと無いなあっと答えがかえってきました。


都会人の感覚とは違うんだなぁっと。。。

ちょっと安心。って当たり前か^^;





会社員では忙しくて田舎のスローライフができません!在宅の副業はこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。