田舎暮らし リタイア後は田舎で - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

田舎は少子高齢化なのにシルバー人材派遣センターの人手不足の理由



yjimage28ZISYLG.jpg



田舎暮らし をセミリタイアの後にはじめて

老後も田舎で働きたいと思っても

都会の人が田舎で出来るお仕事がない。


少子高齢化なのにシルバー人材派遣センター

人手不足の状態の理由についてお話します。


先日…少し遅い新年会でした。

シルバー人材派遣センターの関係者さんが横に座っていたので

飲みながら色々聞いてきました。


シルバー人材センターの仕事は多いですし、

登録しているシルバーの人も多い。


でも適材適所の人員配置と考えた時に

適任者がいなくて人手不足になってしまう。


高齢者が多いのになぜ?と尋ねたら…。


スキルのあるシルバー人材がいない。

(登録者のスキル不足。)


シルバーが職種を選んでいる。

(何でもできたり特別な技術がない。)


確かに若い頃にしっかり働いて、

しっかり下積みして、

厳しい環境でしっかり技術を身に付けていれば、

老後も一人親方や個人事業主や出向社員などで

定年退職後もあちこちからひっぱりだこのはずですよね。


シルバーに登録してくる人材は

若い頃にゆるく働いていたので使い物にならない人材が多いという現象です。




田舎は高齢化なのにシルバー人材派遣センターの人手不足の理由。


求められる仕事の要求がプロ並みになった。


田舎のシルバー人材派遣センターのお仕事は特に、

・草刈り

・部屋の掃除

・剪定

・墓掃除

・襖や障子の張替え


などどちらかというと便利屋さんで

プロではないおじさん、おばさんが

作業をされています。



しかし昨今は、

お客様は年齢や職種に関係なくプロフェッショナル級なお仕事を求めます。


・プロ並みのハウスクリーニング

・プロ並みの植木の剪定

・プロ並みの技術


が求められるようになり、

例を挙げると、町営住宅や村営住宅の

退去時のハウスクリーニングを依頼され

大掃除のような感じでお仕事を終えた場合、

そのあとの役場の検査が厳しすぎて

プロのハウスクリーニングがすることを求められることもあり、単価も全く合わず

やりたくないという人や出来ない人が

多くなってきたとのことです。


ろくすっぽ技術もないのに高い金額を求めるシルバーも多いとのことです。




不定期の仕事ではなく固定給が必要。


シルバー人材派遣センターは依頼時にお仕事が発生します。そうすると、


仕事の依頼がないと仕事が無い。

天候によりお仕事が延期になる。

必要なときだけではなく常勤したい。


※今回聞いたお話しはお仕事はあるけど

天候で左右されるため登録メンバーも減り、

登録者が一日に何件も周りかなり忙しいようです。




老後の趣味の延長ではなく切実に仕事を探している。


シルバー人材センターは元々は定年退職後の余暇にお仕事をするといった

どちらかと言えば

ボランティアの延長のような意識でお仕事をしているイメージの位置付けで、

今は老後の年金だけでの生活が出来ないために

本業としての固定給が得られる仕事が良いので

再就職先を切実に探しているシルバーが多いようです。


でもこの辺は社会問題ではなくて個人の事情で

若いころに老後のことも見据えて

しっかりと働いてきていない人が多すぎるのです。



特に外仕事が多いので雪の降る地域では

冬には仕事が激減します。(草刈り・剪定)



yjimage89KZS81T.jpg



田舎は焼死高齢化なのにシルバー人材センターの人手不足の理由のまとめ


人も仕事もあるけど適任者がいない。

派遣センター側とシルバー側とお客様との間に温度差が生じている。

求められる仕事の要求がプロ並みになった。

不定期の仕事ではなく固定給が必要。

老後の趣味の延長ではなく切実に仕事を探している。


シルバーとセンター側とお客様との間で求め方にギャップがあるので

余暇の延長として考えて固定給は求めないようにしましょう。


その為に若いころにしっかりと老後の生活設計もしておきましょう。



でもお客様はプロの仕事を求めているので

若いころにしっかりとスキルアップしておきましょう。



老後の田舎暮らしで仕事を探していたら地元の高齢者も仕事を探しているので

見つからない可能性もあることを念頭に入れておいたほうが良いですね。





明るくて豊かなハッピーリタイアを実現できる最高の在宅副業!


大阪の農家の祖父母の思い出話し



yjimageV86GVZXP.jpg



祖父母が生前に暮らしていたところです。↑

大阪とは思えない田舎の風景ですね。


大阪に里帰りしています。


父親方と母親方の両方の祖父母も亡くなり

私の父親も今年の9月に亡くなり、

今年の年末年始はなんとなく寂しいお正月です。



子供の頃の大阪の農家の祖父母の思い出話しをします。



私の母方の実家は農家です。

学校の長期休みは祖父母宅に入り浸ってました。

現在の私の田舎暮らしや農業の原点がここにありました。



私以外のいとこ達は都会っ子ですので、

子供の頃にお盆やお正月休みの里帰りは苦痛で仕方がなかった様子でした...。


何にもない退屈な田舎…

都会育ちのいとこ達は夜は静かすぎて真っ暗で虫ばっかりいる田舎が

嫌いで嫌いで仕方がないと言っていました。


喜んでいるのは私だけでした。

この頃からセミリタイアすれば田舎移住は決心していました。

実際はリタイア前に田舎に来ましたけどね。



祖父母は学校の校長先生をやりながら

兼業で農家として畑仕事をしていましたが、

私もよく手伝いに行った小さい頃の思い出が記憶にあります。


お盆休みやお正月休みでの里帰りではありましたが、

今はもう祖父母は亡くなってしまいましたが、

息子が引き継いでセミリタイア後は農業をやっています。




祖父母からの入学祝いデスクや兜人形。。。


私は2人兄妹ですが、入学時には学習デスクを購入してくれて

妹もひな人形など、節目節目にお祝いを必ず贈ってくれて

野菜やお米も収穫できたら送ってくれました。


子供の頃は普通はお菓子が食べたい訳ですが、

なんだか普通の子供が好きじゃないような面白くないような

でも体に良さそうな食材ばかりが入っていて

農業が好きな珍しい子供だった

私は田舎から届く荷物が楽しみだった記憶があります。


でもいとこ達はやっぱり嫌がっていましたね。



いとこが野菜を喜ばない記憶が鮮明に残っていながら、、、

ですが、大人になった今、私も姪っ子甥っ子に

お菓子ではなく、ちくわとか干物とか自分が作った新鮮野菜とか

そういうものを送るので...^^


今になっておじいちゃん、おばあちゃんのお気持ちがわかりました。



yjimage1RERKJU0.jpg



自分も今は自分で田舎で農業をやったり人の農業を手伝うようになり、

野菜作りの尊さとか自然災害のリスク

そして超過酷重労働ということを知りました。



子供の頃に買ってもらった自転車や学習デスクやひな人形。。。


大事な大事な農業の収入で贈ってくれたことを考えると

今になって本当にありがとうと思います。


農業だけでは仕事にならないから学校の先生のお仕事をし

私の母を育てて、そして私たちが生まれたことの感謝。



我が家は祖父が生きていた頃はお米を購入したことがありませんでした。

野菜もほとんど買いませんでした。


祖父が送ってくれていたからです。


子供の頃はよくわかっていなかったかもでしたが

今は愛情を感じますね。


祖母も農業をしていましたが祖父が他界して

90歳になっても畑に出ていました。


その野菜を私は大人になっても食べていたのですが

私や家族が大病をしない健康体なのは

子供の頃から祖父母の作ったお米を食べて育ったからかな。


母は農家にはなりたくないと銀行マンの父と結婚して都会に出てきていますが、

私がその血を受け継いでいるかもしれませんね。


そんな訳で生まれ育った環境は農家ではありませんが、私も姪っ子や甥っ子、

家族の野菜を作りたいと思って今頑張っているので、

今祖父母が生きてたら一緒に畑をしていたように感じます。


そして、農家さんのことを心から応援している背景には

祖父母の愛情を受けているからとも思います。


ということで田舎の生活というよりは

今年も最後ということで帰省中に思い出した

祖父母の思い出話しでした。





明るくて豊かなハッピーリタイアを実現できる最高の在宅副業!



定年退職後の田舎暮らしで貯金を減らさない3つの方法



t02200146_0275018313640843312.jpg



やっと迎えた定年退職を機に田舎暮らしをしたい

セミリタイア後の生活は田舎で…

等とお考えの方は基本的には

資金的な不安がないとは思います。


ただ…貯金を切り崩していくことに於いて

不安がないかと言えば…


どちらかと言えばありますよね。


十分な老後の生活資金と厚生年金があっても

それだけではお金は減っていく一方。


お金が減っていく事だけは避けたい。


節約節制して無駄使いは一切しないのは当然としても、

贅沢をしなくても使う時にはきちんと使いたい、

でもお金が減っていく一方は避けたい…


そうお考えの方に

退職後の田舎の生活で貯金をなるべく減らさない方法

についてお話しをします。



年金の中で生活費を賄えれば…とお考えでも

中々退職前と生活レベルを変える事は難しいものもありますし、



お子様に対する結婚資金、住宅購入資金

お孫さんが出来たらお小遣いや節句の祝等を

ちゃんとしてあげたいと思いますよね。


定年退職しても今の老後資金の中で、

月に5万、10万とプラスの収入があるだけで十分だと

お考えの方にピッタリの方法です。




1.半自給自足で野菜や穀物や果樹を作る。



t02200146_0275018313640858874.jpg



定年退職後の老後から田舎暮らしをして農業をするには

体力的にも大変ですが家庭菜園レベルで

自分で食べる分のみを作る事から始めると

先ずは食費の出費を減らす事が出来ます。


そしてドンドン慣れてきたら、作った野菜を自分で売るという事も

可能になってきます。



自分で売るのって難しいんじゃないの?と思いがちですが、

食の安全性が重要視されてきている昨今では

生産者から直接野菜を買う都会の人も多く、

レストラン等でも農家さんから直接仕入れている事もありますので、

都会で暮らして働いていた人脈を活かして自分で販路開拓する事が出来れば

規模にもよりますが月に5万円、10万円という副収入が得る事も可能です。


都会でいる若い内にそれだけの人脈をしっかりと育んでおきましょう。


それが老後の貴重な副収入源になり、

お金の不安の無い悠々自適なセミリタイア後の生活に繋がります。





2.趣味の教室をする。



t02200179_0249020313640869785.jpg



何か特技をお持ちの場合、ご自宅で趣味の教室を開く事も可能です。


田舎では人口も少ないので若干集客に困る事もありますが、

娯楽の少ない田舎で地元の人向けだけではなく

観光客、旅行者向けの体験学習等も視野に入れる事により

多角的に集客が見込めます。


その際には地域の特色を意識する事もポイントです。


例えば山の近くだったら山に興味がある人が足を運びたくなる事。


海の近くだったら海繋がりのこと等です。


貝殻を使ったアクセサリー作りとか、クラフト等。。。


アイデア次第で、その土地で体験出来る旅行の思い出作り等が

観光客には喜ばれたりしますし、やり甲斐もあります。




3.ブログ等から収入を得る。


ブログで収入を得ることは主婦でも学生でも誰でも

今既にやっている人は多いですね。


インターネットで収入を得るというのは場所を選ばないので

田舎で暮らしをしながらでも出来るのが最大のメリットです。



田舎では仕事が無いと言われがちですが、

場所を選ばないインターネット収入は

これから先、もっと需要が増えてくるでしょう。



t02200178_0249020213640878289.jpg



ブログというのは無料で始める事が可能ですので

誰でもリスク無しで始められることが魅力です。


難しそう…と思いがちですが、大体の方が

インターネットに詳しい訳ではないまま始めています。



インターネットを使って農産物販売や趣味の工作物を売ることを上手く出来れば、

本当に月に5万10万というインターネットの副収入は得れるようになりますので

働きに出ることが出来ない人にはピッタリの方法です。



退職後の田舎の生活で貯金をなるべく減らさない3つの方法


1.半自給自足で野菜や穀物や果樹を作る

2.趣味の教室をする

3.ブログ等から収入を得る


ただ…上記の3つに共通する事は

お客さんをどうやって見つけるか、どうやって集めるかという事です。


始めることは簡単ですが、集客をどうするかという事や

売れるようになる事も考える必要があります。


集客と成約さえ出来れば月に5万、10万の収入を得て

なるべく貯蓄を減らさずに田舎暮らしでスローライフを送る事は可能です。


是非取り入れてお金に対する不安を取り除いて下さいね。





明るくて豊かなハッピーリタイアを実現できる最高の在宅副業!

老後の田舎暮らしの不安!リタイア後の生活費は年金だけで大丈夫?不足分はどうするの?



今日のテーマにはいる前に、

はぁ〜〜〜っとタメ息が出ちゃいます。


何故ため息かと言えば、、、

5月から9月までの5か月の間、最低でも月1はやらないといけない毎年恒例行事

”草刈り”を始めないといけない時期がまた来てしまいました。

草むしりは年中毎日やっています。

花桃が満開になるのを合図に草刈りシーズン到来です。



21_04_11%20花桃(金桜園)―11.jpg



雑草との壮絶なイタチごっこ^^

草刈りは何度やっても3Kの代表格、超肉体労働ですね!


田舎暮らしは体力勝負です!



yjimageDH0OA6CN.jpg





ではっ!本題にいきましょう。


老後生活田舎暮らしを。。。っとお考えですか?


定年退職すれば、セミリタイアして田舎暮らししたいけど、

田舎に移住して年金だけでやっていけるか?

田舎で年金暮らしになったら生活費を節約しなきゃ!


田舎でも年金の不足分を補充出来るか?




以前も書きましたが、

年金が足りないという悩みは

地方でも都会でも抱えている人が多いですね。



だからこそ今、個人でも若いころから老後の心配をして、

早い内から、本業で安定を確保して副業で収入アップする方法を

学んでいる方は増えています。


在宅であれば老後でも年齢は無関係ですものね。




昨日お会いした60代の女性の方も

パソコンを使ってインターネットでの広告関係の副業を3年間勉強されていても、

中々成果が出ない様子でしたが、


私が具体的にこうすれば良いと

アドバイスをしたことにより、

スッキリしたご様子でした^^



一攫千金ではなくて、

小さなことから長く地道にコツコツと努力して、着実に必要な資金を

得ていく事が第一歩です。



t02110295_0211029513404070132.jpg



年金の不足分を稼ぐことも大事ですし、

不足分を節約するという意識も大事ですが、

不足しないように節約する事も大事ですよね。




リタイア・老後の田舎暮らしで年金の不足を節約出来る?

に付いてお話します。



先ずは、若い内はきちんと厚生年金をかけておくことですね。


専業農家さんでは国民年金になってしまうので、

田舎移住者さんは会社勤めしながら兼業農家を目指して

あらかじめ厚生年金を確保しておくべきでしょう。


それでも、リタイア・老後の田舎暮らしで年金の不足を節約したい。


サラリーマンとして働いて

厚生年金を支給される額が

思ったよりも少なくて、

生活費の補填として

収入を得たいという相談から始まり、


それが難しいなら

田舎に移住して生活費を節約出来ないか?

という相談でした。


足りないなら収入を得るか、

節約するかのどちらかになるので、

その考えは両方間違いでは無いのですが。。。



t02200268_0800097613404070004.jpg




リタイア・老後の田舎暮らしで年金の不足を節約出来る?



住まいに関しては土地の評価額も低く、

固定資産税も地方の方が安いので

節約出来るかと思いますが、


田舎の住まいに慣れない場合は

(環境・人間関係含め)、

精神的負担でしんどいかもしれません。


田舎でも地方都市などの便利な所に住むと

そこそこの値段がするので、

車が無いと困る場所に住む場合には、

老後に運転出来なくなった時にどうするかを

シュミレーションしておいた方が良いです。



田舎移住支援に関しても、

子育て世代やこれから結婚するであろう

若者対象の事も多い為、

高齢者の移住支援制度の利用には

場所の制限もあるので視野に入れずに、

自己資金だけで生活していけることを考えた方が良いですね。




田舎暮らしは心身ともに良いと思いますが、都会の便利さに慣れてしまって

環境に対応することが難しい方は難しいケースもありますが、

馴染むと田舎暮らしは快適になります。



ですが節約出来るかどうかは生活スタイルによりますね。


車の燃料費や光熱費等、意外と掛かります。


でも、自身の性格次第で幾らでも節約出来ます。


体力が有るのか無いのか、健康か不健康かでも

節約出来る度合いや稼げる度合いに差が大きく出ます。



体力も無くて、不健康で、性格も面倒臭がり屋さんには節約は無理ですので、

本業とは別に稼ぐ事を考えて下さい。


でも、老後に病気をしてしまうと稼ぐことすらできなくなるので、

早いうちに危機感を持ってしっかりと稼いでおきましょう。




セミリタイア後の生活もこれで安心!年金+在宅副業の収入で豊かな老後を


田舎で病気療養!うつ病予防!



t02200207_0232021813396303648.jpg



会社を定年退職して、

老後生活をどう過ごしていいのかわからなくなる人が多いみたいです。

かといって暇つぶしに仕事を探してもお年寄りはどこも雇ってくれない。

増してや国民年金の人は老後の生活も金銭的に苦しい。

稼ぎがないとお金が心配で旅行に行く気にもなれない。


セミリタイアした後もお仕事や遊びで

日々、忙しくしていたいものですね。



私の父親は現役の時は、

銀行の取締役でバリバリの猛烈サラリーマンでしたが、

今は定年退職後の年金暮らしでガーデニングを楽しんでます。


旅行などのお出かけはお仕事が忙しくて時間がない方が、

無理やり時間を作ってでも行きたいという気持ちになりますが、

逆に時間があり余ると金銭的には豊かでも行く気にならないものです。

無いものねだりですね。



今迄、エリートサラリーマンだった父が、

急に余暇があり余ってる状態になって、

しかも、無趣味ですと、

いざ、何かをしようとしても、何も思いつかず、

ガーデニングくらいしか思いつかずというか

他のことにやる気も湧いてこなくて

ずっと家で仕方なくお庭をいじっています。


そうすると運動もしないし気持ちも張ってないので、

その内に身体も衰退して歩けなくなって、

たまに私のいる田舎に来ては病気療養しています。

こうなるといざどこかに旅行にでも行きたくなっても行けなくなって、

何もしないで老後を過ごすことになります。



そうなって、ずっと家に居られると、、、

本人だけでなく、周りの家族もストレスが溜まり大迷惑。


60歳以上の女性の定年離婚、熟年離婚等が脳裏に浮かびます。


老後夫婦で孫に囲まれて過ごしたいと思うのは男性で、

女性は逆に一人の時間が欲しいのだそうです。



そこで夫婦の温度差が生じるのです。




一番怖いのがうつ病


老後をいかに過ごすかと言っても、定年退職後は

多趣味で健康管理にも気をつけてそれまで生きて来た人なら良いですが、

今迄お仕事一筋で仕事しか知らずに来た人は、

何も無くなった虚無感から、

うつ病を発症してしまうこともあります。



田舎暮らしを老後から始める予定でしたら、

毎日、趣味や楽しみを見つけて、

美容健康にも気を付けて、

地域のボランティアにも積極的に参加して、

人の為になることを沢山見つける事です。


うつ病にならない田舎暮らしは、

食生活にも気を配り、心身丈夫にして、

自然を楽しみながら健康的なライフスタイルを送れる人で、

人との交流を楽しむことも出来て、

自分だけの為ではなく、人の為に人との交流を持つ事で、

気持ちが満たされると毎日にも張り合いが出来ます。


そういった事が出来ない人にはうつ病になってしまうかもしれないので、

田舎暮らしはお勧めしません。




セミリタイア後の生活もこれで安心!年金+在宅副業の収入で豊かな老後を

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。