田舎暮らし 田舎で商売 田舎で独立開業 - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

疑り深い私でもやってます!



ce1eb169ac3316670fcefcfe54e48c6b.jpg



田舎暮らしクリエイターのガーデナーHIROSHIです。

このブログでは【田舎暮らしの独立開業】をお届けいたします。



----------------------------------------------------------------------


今回も開封して下さりありがとうございます。^^


早く教えて欲しい!とメールをくださった

積極的な方には先に個別で

お知らせさせていただきました。


『これなら好きな仕事をするための費用が貯めれそうだ!』

『これなら会社に行かなくてもいいので再就職探しに翻弄しなくて済む!』


などのメールを頂いております。


私が何年もネットショップで苦労した反省から

ちゃんと成功者に学んで費やしてきたお金。

さらにいうと、その際に出会った私よりももっとスゴイ

パートナーたちの成功例を盛り込んだ教科書を

お披露目しますね^^


お金はいらないし見るだけでは費用は発生しないので

クリックしても問題ありませんのでご安心ください。


読者さんが変わりたい、必要だと思えば心底オススメです。


そしてこれはたとえ

今から実践しても十分に可能性があるし

何の知識がなかったとしても問題無いです^^

でも商売ですから当然勉強はしなければありません。


それは、中学生でもできるようにっと

意識をして優しくわかりやすくまとめたからです。


私自身が色々苦労しましたので

そういった遠回りの時間を

短縮できるようになっています。


なんでこういうことを

お知らせするかというと

心の悩みとか人生の悩みって、

なかなか人にはわかってもらえません。


私も同じです。


田舎暮らしする前は何回も転職して、ここじゃない

もっと自分のやりたいことをしたい

でも、会社で仲良くなった人がいると辞めにくい。


思い悩む。結局人間関係のトラブルなどもありました。


我慢が出来ないわがままだと言われる。

でもこのままいても自分が辛い。

だから自分で自分の生き方を選ぼう。

という生き方をずっと求めていました。


でも実社会はそんな甘いもんじゃないですよね^^;


だからこそ追い求めた結果、

残されたおんぼろパソコンで出会ったことから


これなら、


親の看病が必要で働きに出れない人も

鬱の家族がいて、会社に出ている間に、

家でなにか起きていないか不安な人も、


役者になりたいのに稽古とバイトの

バランスが取れず仕事につけない人も、


お店を持っている人で

収入が思うようにあげれない人も、


バイクで日本全国ツーリングしたい

夢を持っている人も、


自給自足生活を早いうちからしたい人も、


すごく希望が見えるもので、

これを教えてあげることで

今、生きづらい、うまく人生を

生き抜くことが出来ない。


そういうジレンマをお持ちの方の悩みが

解決できるからと思ったからです。


悪いことをしているつもりはありませんので

読者さんの声を受け止めますので

疑問とかなんでもお聞かせください^^


ただし、記載の特典は期間限定ですので

こういう機会損失をされないようにしてください。


心の豊かさは心の安定。皆が笑顔。


皆さんの大切なモノを守れますように心を込めて

作成しました。



あなたは理想の収入・自由なライフスタイルを

実現する勇気はありますか?


社会人経験のない学生でもできる方法を

手に入れる勇気はありますか?


もし答えがイエスなら・・・





P.S


この教科書は数ある多くのネット情報の

怪しいことや嘘だと思ったことは

排除して再現性のあるものにしています。


私自身が疑り深いので

そこはすごく注意しました。


ですから自信もありますし、

わからないことなどあれば

サポートもつけていますし、

返金保証もつけています。





田舎で在宅副業から起業して生計をたてる手っ取り早い方法!









フランチャイズ事業は田舎で儲かる仕事ではない理由



yjimageS989B1IV.jpg



田舎で商売繁盛編です。

フランチャイズ田舎暮らしで儲かる商売ではない理由

についてお話しします。


田舎では土地活用ビジネスとして

賃貸アパートやフランチャイズ店を独立開業しませんかと営業があります。


ファイナンシャルプランナー的な位置づけの方が

資料やデータを元に、儲かりますよと営業をしてきます。


巧みに説明してもらえるのでついつい儲かるのでは?と思いがちですが

そのデータがどこのものなのかを知る必要があります。




フランチャイズが田舎で儲からない理由。


フランチャイズ店は価格は全国共通ですよね。

それを都会と田舎と同じにすると下記の問題が出てきます。



田舎と都会では分母が違う。


田舎と都会の人口は違うので経営ノウハウは変わります。

・外食率

・回転率

・立地条件



など綿密にリサーチしないといけません。



田舎の外食率が低い理由。


田舎でも市街地の場合は対象外です。


学生やサラリーマンが多い地域ですとフランチャイズでも

そこそこの収益を上げることは可能ですが、

郡部になるととたんに外食率も下がり、回転率も下がります。


車移動なのでお酒は飲まない。

交通機関の時間帯が限られるので寄り道しない。

急いでないので長居するため回転率が悪い。

外食は贅沢という罪悪感がある。


などの習慣があることが多いです。


なので都会とは違うデータを用いる必要があります。


例えば牛丼290円が一時間に何杯売れるか?

深夜にお店を開けていてどれくらい集客できるか?


これは立地条件により異なります。



地方の大学付近のフランチャイズはたまり場になりやすい。


都会から地方の大学にきている学生などは

遊び場がないのでフランチャイズのお店をたまり場にしていることもあり

お金を使わないのに長居をするというケースは実際にあります。


私の地域にはファミレスもファーストフードもありませんが

できたとしても…きっと流行らないと思います。


その理由は 家飲みが多いことや外食する習性がないということです。



フランチャイズ事業は田舎で儲かる仕事ではない理由のまとめ。


田舎と都会では分母が違う。

田舎の外食率が低い理由を知る。

地方の大学付近のフランチャイズはたまり場になりやすい。


コンビニは今は重宝されて増えてきてます。

観光客むけとすると、旅行してまでわざわざチェーン店系の料理は食べないため

そういうことも考える必要があります。





田舎で在宅副業から起業して生計をたてる手っ取り早い方法!

田舎移住後の気づいたこと・お仕事の成功像に焦らない



yjimage261KD6JO.jpg



田舎暮らしの仕事編です。

田舎移住後に独立開業してからの気づき・お仕事の理想の成功像に焦らない

について記載します。


田舎移住をして農業でいきなり起業してから恐ろしいことに

今年の春で20年経過します。


20代だったのにもう40代です。



最初に描いた姿とは全く違う泥沼の日々でしたが、

ようやく自分の思うような商売の道筋が見えてきました。


そんな私が田舎移住後に気づいたこと。


田舎移住に失敗したと言って都会に帰る前に

お読みくださる方がいらっしゃればと思います。




田舎移住の生活に過剰に期待しない。


田舎移住をする際は期待と不安が入り混じり

いざ移住を決意して生活し始める際は

どちらかと言うと新しい人生に胸を弾ませる方が多いです。


・あくせくせずスローライフを!

・自然の近いところで豊かに暮らす!

・都会の嫌なところから抜け出す!

・田舎で人の役に立ちたい!


などこれからの人生の生きがいや

変わる自分に対しての期待感

そういう思いが入り混じり、

人生が上向きになることを期待しますが、

実際の所、すぐにうまくいくというのは

稀なこと。。。


・旅行だけでは見えなかった部分がある。

・価値観の違いでのストレス。

・都会で通用したことが通用しない。


などがどうしても出てきます。


そこで田舎で起業するも

うまく行きにくいこともあります。


さらに、インターネットが普及している中

充実している人のことを見ると

自分の小ささに落ち込んだり

自分が理想に近づけないことに焦ったり

ウツっぽくなることもあります。


何より生活に追いつめられると

ゆとりもなくなるのでなおさら。


でも、今だから言えるのですが、

周りの情報に振り回されない。


これは非常に大事で、

ネットでの成功論なんて言うのは

本当のところはウソかホントかわかりません。



正直申し上げると

私のもとには田舎暮らしをしてからの

不平不満に対する相談がたくさん届きます。

そういったことは表にはなかなか出ません。

要は書けないのです。


個人が特定されると書きにくい。

特に田舎は狭いので視野も狭くなり

周りのことを非常に気にするので言えないのです。


ですから全ての良いことを鵜呑みにするのではなく、

お話し半分くらいに聞いて励みにする程度にしましょう。




とにかくやり遂げて修正する。


先ほどいきなりうまくいくことはないと言いました。


本当に、起業したり自営業で何かをするには

田舎にかぎらず都会でも難しいです。


ですが、


とにかく決めたことはやり遂げてみる。


その先に修正方法が見つかるので素直に修正する。


途中で諦めない。かと言って意固地にもならない。



こうやって試行錯誤して柔軟に変化に対応しつつ

最後の目的までとにかく投げない。


投げそうになったら横道にそれて休憩してもいいと思います。


ただ最終的にはちゃんと軌道修正する。


生活していくための手段として必要なことは

肩肘張らずに素直にやってみる。




失敗した人の話しではなく成功した人の話しを励みにする。


周りと自分のスピードが違っても

決して焦らず、理想の姿が遠くても決して投げ出さない。


成功者って30代、40代でもどん底生活をして

それから開花している人もたくさんいます。


逆にそんなのは当たり前です。


私自身落ち込みそうになった時に

誰々(成功している人)は53歳から開花した!

誰々(成功している人)は40代は苦労して乗り越えた!

など、とにかく

失敗した人の話しではなく、

成功した人(ちゃんと実在してリアルな情報を伝えている人)

の話しを励みにすることで

焦らず構えることが出来ます。



渦中ではなかなか気づかないのですが、

私も今になってこれからの人に言いたいのは

移住当初は理想が遠くても

継続していくことで理想が現実に近づいてくる

ということです。



田舎移住後の気づき・仕事の成功像に焦らないまとめ。


田舎移住の生活に過剰に期待しない。

周りの情報に振り回されない。

失敗した人の話しではなく成功した人の話しを励みにする。





田舎で在宅副業から起業して生計をたてる手っ取り早い方法!

フランチャイズ事業は田舎で儲かる仕事ではない理由



yjimage.jpg



事業としてフランチャイズ田舎暮らしで儲かる仕事ではない理由

についてお話しします。


田舎の商売では土地活用ビジネスとして

賃貸アパートやフランチャイズ店を起業して経営者になりませんかと営業があります。


ファイナンシャルプランナー的な位置づけの方が

資料やデータを元に、儲かりますよと営業をしてきます。


巧みに説明してもらえるのでついつい儲かるのでは?と思いがちですが

そのデータがどこのものなのかを知る必要があります。




フランチャイズが田舎で儲からない理由


フランチャイズ店は価格は全国共通ですよね。


それを都会と田舎と同じにすると下記の問題が出てきます。



田舎と都会では分母が違う


田舎と都会の人口は違うので経営ノウハウは変わります。


・外食率

・回転率

・立地条件


など独立開業するには綿密にリサーチしないといけません。




田舎の外食率が低い理由


田舎でも市街地の場合は対象外です。


学生やサラリーマンが多い地域ですとフランチャイズでも

そこそこの収益を上げることは可能ですが

郡部になるととたんに外食率も下がり、回転率も下がります。


・車移動なのでお酒は飲まない

・交通機関の時間帯が限られるので寄り道しない

・急いでないので長居するため回転率が悪い

・外食は贅沢という罪悪感がある


などの田舎特有の習慣があることが多いです。

なので都会とは違うデータを用いる必要があります。


例えば牛丼290円が一時間に何杯売れるか?

深夜にお店を開けていてどれくらい集客できるか?


これは立地条件により異なります。




地方の大学付近のフランチャイズはたまり場になりやすい。


都会から地方の大学にきている学生などは

遊び場がないのでフランチャイズのお店をたまり場にしていることもあり

お金を使わないのに長居をするというケースは実際にあります。


私の地域にはファミレスもファーストフードもありませんが

できたとしても…きっと流行らないと思います。


その理由は 家飲みが多いことや外食する習性がないということです。



フランチャイズ事業は田舎で儲かる仕事ではない理由のまとめ

田舎と都会では分母が違う。

田舎の外食率が低い理由を知る。

地方の大学付近のフランチャイズはたまり場になりやすい。





田舎で在宅副業から起業して生計をたてる手っ取り早い方法!



田舎移住先で起業しても自治体の地域活性事業に依存し過ぎると大失敗します!



t02200330_0319047813539192308.jpg



最近目まぐるしく自治体も地域活性化事業を展開していますね。


フェイスブック等のSNSを活用して

地域のビジネスの宣伝や活性化

町おこしや観光集客や田舎移住の誘致に力を入れています。


自治体の紹介があるとありがたいです。


田舎暮らしですが人に依存し過ぎるのも良くありません。




自治体の地域活性化事業に依存し過ぎないことのススメ。


自治体は地域の活性化の為に

本気で取り組んでいるのは事実ですが、


•視野が凝り固まりやすい

•利益を求めていないこともある

•担当の人事異動がある


等といった個人や民間の会社とは

違った特色があります。


それがゆえに、

都会の人が好む知りたい情報の不足や

田舎で利益を求めることに対して罪悪感があり

ボランティア的なことしか宣伝出来ないとか、


任期が決まっているという事で

慣れてきた頃に担当が変わる等といった事情もあり

やっていることが中途半端になる事もあります。


そして、インターネットとはいえ人間が配信して

人間が読むので言葉というのは大事です。



SNSでの配信者の違いにより

人の心に響く、つまらない

等に分かれることも。


ですから全てを依存していることは

個人の商売を左右する事もある為に

依存し過ぎない事をお勧めします。



実際に中途半端で終わっている企画や

いつの間にか消えてしまった事業がありますが、

外部からは見え難いです。




仲良く集う事とお仕事は別と個人の割り切りも必要。


田舎でお仕事をすると

地域との関わりが大事で有り難い場合もありますが、

起業した時に利益を出していこうと思うと

慣れ合いが時には弊害になる事があり、


出る杭は打たれるので足並み合わせて…

穏便に…

仲良く…
ボランティア精神…


これだけでは独立開業している場合には

収入に困り長続き出来ない事もあります。


いつでも目的意識の高い人と付き合いましょう。


元から田舎に住んでいる人は

土地も家もあり、頑張り過ぎなくても

何とか食べていける人や

蓄えがある方がいます。


田舎移住者が1からベンチャービジネスを築く

モチベーションや基盤が違います。


熱くなり過ぎて浮くこともあるし、

お金儲けを間違って捉えて悪人扱いされることも。


そこにいると成長が止まるし、

実際自分のモチベーションが下がります。


そういう時には外部でも良いので

目的意識の高い人と交流をして

流されない自分の強みを持つことも大事です。


地域と繋がりながらも

自分のお仕事は自力で育てる!ですね。



自治体の地域活性化事業に依存し過ぎない事のまとめ


•依存し過ぎるとビジネスが左右される

•馴れ合いも時折弊害に、割り切りが必要

•目的意識の高い環境に身を置こう





田舎で在宅副業から起業して生計をたてる手っ取り早い方法!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。