田舎暮らし 田舎で病気療養 - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

読者さんにはこのような現実だけは避けて欲しいです



yjimage8CJ1RIAH.jpg



皆さん、実は私がこれを作った背景には

都会で働き続け、ストレスで精神を蝕んでしまった

うつ病の身内の姿があったからです。


今は田舎暮らし病気療養した結果、

元気に暮らしている従妹のお話しです。


日に日にゆとりがなくなり、

常にイライラしてついに精神が壊れ

周りにも悪影響を及ぼし、

誰も寄せ付けないほどの廃人みたいになったのです。


顔面蒼白、覇気のない目、仕事も休業、入院...。


常に家族との時間を大切にしなかったが為に

いざ倒れた時に家族はバラバラ、先のない絶望感、

社会復帰ができないから家計の圧迫...


最終的に死…


何のための人生だったんだろう。。。


家族のため、

会社のためだったんでしょう。


でも結局は自分のことも

家族のことも大事にできなかった。。。


私は身内ながら、

こうはなりたくないと思いました。


残された家族は生きていかないといけないので大変です。


悲しみにくれるよりも前に、生活していくのに必死でした。


世の中にうつ病、リストラ、自殺…心中…電車の飛び込み。。。


こんな言葉が今や当たり前になっている現状は本来おかしいのです。


人が命を落としているのに

また人身事故かよー会社に遅れるじゃん


なんて...ほんと耳にしますよね。


あまりにも日常に慣れすぎていて、

他人ごとで自分には関係ないやと思っていても、

明日大切な人がそうなったり、

自分がそうなることもありえます


そんなことない、そう、誰もがそう思うけど

明日のことなんてわかりません。


実は自分が満たされていない限り

家族や周りを大事にすることはできません。


ゆとりが無いため、自分以外のことに

目を向けることができないのです。


だから、今日のわだかまりが尾を引いて

明日何が起きるかわからない、そんな事あるのです。


更にいうと、人のため、会社のため、

それで自分のことを粗末にしてでも

満足している人、満たされる人は、脳の病だそうです。


自分がその傾向があるので過去に調べました。


医者じゃないので調べたことだけですが

医学的にも言われていて、

セロトニンの分泌に異常があるそうです。


人のためにしたことで喜んでもらえたら

セロトニンが分泌され快楽を得る。


この療法はあがり症とかパニック障害などの

治療にも使われるようですが、


治療ではない場合には

間違えていると思っていることでも

人が喜ぶのであればと行動してしまうのです。


この擬似快楽の発散をするために

DVにつながったり虐待につながります。


される方、する方、どっちもです。


見えないストレスの発散で過食に走ったり、

お酒をたくさん飲んだりと、

体を蝕みながら調整しているともいわれますね。


なんで人のためにそんなことするんだ?

会社のためにそんなに働いても報われないよ?

と言われたことありませんか?


人の期待に答えようと頑張る人ほど言われます。


私の義理の親はそれで過去にこの人が救われるなら...っと、

同郷人にお金を貸してしまい大借金を抱えたこともありました。


その人が助かるなら、楽になるならっと考えてしまったのでしょう。


助けられないことのほうが不安で仕方なかったのです。


でも、周りからすると、

タダの詐欺にかかった女です。


もし皆さんが会社のため、

知人のため、社会のためっと

様々な人のために自分を犠牲にしてでも

自分の意に反してでも

責任感を感じているのであれば


そういった環境を改善しないと

気が付かないうちに自分も蝕んでしまいます。


結果周りも不幸せになります。


今健康だからそんなことありえない

と思っているかもしれません。


でも、そうなった人は

自分がそうなると予測してなったのでしょうか?

そうなりたいと思ってなったのでしょうか?


答えはNOです。


心豊かに暮らす。これは誰もが望む現実。

でも世の中には出来ない人もいます。


お金の心配もなく、

そして決して豪遊するためでなく

やりがいのためにの仕事を手にして、

やりたいことをする人生。


家族とも円満に暮らす。

それを誰もが送りたいはずです。


こういう欲望を持つことは悪いことでもなく、

当たり前で健全なことなのです。


身内との死別、借金、リストラ、倒産などを経て

私は、私と知り合った人だけでも、

幸せになってほしいと思っています。


自分は大丈夫、そう思っていても周りから見て

大丈夫じゃないこともありますから。。。


今の現状から変わりたい、理想の生き方をしたい、

大切な人を守れる力が必要ですか?


今までの人生の中で思い通りに行かなかったことが、

これだけのことで出来るようになるのです。





健康になりながら寝ている間にお財布の中身も増やせる効率的な在宅副業とは?






うつ病の病気療養には田舎暮らしが効果がある



yjimagePP63A5G5.jpg



ストレス社会の病気の代表格

うつ病


うつ病を発症されている方にとって

都会の喧騒から離れ

ストレスのない田舎暮らしでのんびりゆったり

暮らしませんか?


このフレーズに希望を持つこともあるでしょう。


今の自分が嫌だ、田舎に行って病気療養したい!

都会のストレスから開放されてうつ病を克服したい!

そんな方が増加しています。



yjimageAYOGD6PK.jpg




田舎暮らしはうつ病の改善にいいの?


医学的な根拠は名医に相談することがベストですが、

参考としてお読みいただければと思います。


うつ病は生活環境を整える、

食生活の改善が一番の改善法だと思っていますが

忙しく働いている中ではなかなか

自分のことを見つめなおしたり

心のケアをしてあげる事ができません。


うつ病っと思い込んでいても

実は人間関係の問題が解決すれば

心が元気になることもあります。



っということは仕事を辞めて

環境を変えて食生活を正しくすれば

克服に向かうこともあるし


実はうつ病じゃなかったってこともあり、

だから今から抜け出すことで

自分を変えることもできます。


乗り越えようとするばかりでは重く苦しくなりますよね。

たまには逃げるのもありですよ。


それが田舎に行くから治る…っと

直結するわけでもないのですが、

自分のことを知らない人がいる中で

新しく人生をやり直したい。っと思い

自然のマイナスイオンに囲まれながら暮らすことに

喜びを感じることが出来るのであれば

良い選択肢でしょう。



私みたいに田舎に行ってのんびりとストレス無く過ごしている人もいるのも事実。


それは元々の根っこの部分に、

自然とともに暮らすことが好きっという

思いがある人のことで


今から抜け出したいだけで田舎の何もない

静かな所に都会から移住したけど

人間関係が意外と濃いことや不便な生活、

虫の多い生活に耐えられずに

田舎に来てさらにストレスを抱えて 

うつ病がひどくなったりする人もいます。


健康だった人が都会から田舎にきてうつ病になる

っという実例もあります。




都会とは違う生活環境、人間関係 

これに対応できずに鬱になってしまうのです。

よく聞く悩みが、旦那様の田舎の実家に嫁いで

うつ病になるパターンです。


近所の監視が嫌だとか、

何もなくて退屈すぎてキッチンドランカーになるとか

友達が出来ない…などの悩みを抱えてしまうのです。



そう考えると、

田舎に行くからうつが治るっという答えは、

人それぞれでありますが

食生活が整い、自然のマイナスイオンや

太陽を浴びて暮らすことは

ストレスを回避する力がありますので
 
うつ病が改善に向かう要素はあります。



田舎で野菜などを作りながら土に触れ、

余暇には海を眺めたり 森に出かけたりすると

本当に人間が求めている時間を過ごすことができます。



私自身、都会の人混みが苦手だし、

どこか気を張って仕事をしないといけないことに

ストレスを感じるので、田舎で過ごす派ですし、

人間関係も気にしないのでうつ病とは無縁ですが

田舎に移住せずにあのまま都会で暮らしていたら、

心身ともに病んでいたかも知れません…。



その反面、田舎で生活するのは苦痛という人も

いることもお忘れなくです。


一度思い切って休暇をとって

田舎に足を運んでみてはいかがでしょうか?


きっと、田舎の自然に癒されて元気になれると思います。


その後に都会に戻って、

また都会で過ごしていけるかもしれないし

やっぱり田舎がいいっと思ったら

本格的に計画を立ててみるのもいいですね。



要は今あなたが抱えている問題に素直になって

それを解決する方法を見つけた答えが

田舎にあるのでしたら、

田舎はあなたを決して拒んだりはしません^^





健康になりながら寝ている間にお財布の中身も増やせる効率的な在宅副業とは?



田舎移住ブーム!でもデリケートな人は長続きしない



t02200147_0640042713553516121.jpg



田舎移住ブームで前向きな情報に流されて、

病気療養田舎暮らしをしているのに

デリケートな人が更に病んでしまう現象の話しをします。



お国を上げて地域創世を目指す近年。


田舎移住への壁がどんどん低くなりつつあります。

これはとても良いことではあります。



以前までは田舎移住をするというと

人生を大きく変えることもあり

強い意思と理由がないと田舎移住に踏み込み辛かったのですが、


最近では心身と経済両方豊かな人が

別荘感覚で簡単に田舎暮らしを始めることもあり

どちらかというと前向きな田舎暮らしが

脚光を浴びているように感じます。



でも実際は、

定年後の年金暮らしで時間に余裕のある人や

お金にもゆとりがあって、


余暇や残りの余生を楽しむ感覚で

リフレッシュ目的の田舎暮らしと、


若者が生き甲斐と人生の転換を求めて、

無一文からの田舎移住とでは、


同じ田舎移住ブームでも、

気持ちもライフスタイルも全く正反対ですよね。



t02200146_0800053013553519949.jpg



ポディシブな田舎移住情報だけが加速し、

ネガティブな人やハングリーな人は前向き情報の渦に!



各自治体が税収目的の人口増加の為に、

IターンやUターンを積極的に受け入れる制度や

雑誌やテレビ等で田舎暮らしを推奨している為に

素敵な田舎暮らしに憧れて

夢を描いて都会から脱出しやすくなり

大成功している情報が多く見受ける反面、

ネガティブな方は声にも出し難い辛い状況にも。



特に最近ではSNS等では

ネガティブな発言は嫌われ

ポジティブな発言だけをするケースも。


それを見ると余計にネガティブな方は

病んでしまいます。。。




田舎移住はデリケートな人がまだまだ多い。


このブログでは田舎移住の私の体験談を多く発行しているせいか

色んな読者さんからメッセージがきます。


大抵の方が『悩み』を持っていて

『人に言えない』状況なのです。


•人間関係が上手く出来なかったり

•会社勤めが上手く出来なかったり

•うつ病を発症していたり


と、どちらかと言うと

都会でガシガシ働く社会生活のドロップアウト組が田舎移住者には多いのです。


私もどちらかと言えば都会ドロップアウト組ですし、

田舎の濃密なようで薄情な人間関係に嫌気がさして

田舎もドロップアウトしそうになった事もあります。



前向きな田舎暮らしに耳を塞ぎ心を閉ざす

取り残された田舎移住者達。



都会での生活が合わず、人間関係も上手くいかず、

先ずは違う環境にいこうと田舎暮らしをしたケース。


あくせく働けない為に

ゆっくり療養する為に辿り着いたのが田舎暮らしだったケース。


自分の事を知らない人の環境に行きたいケース。


といったどちらかと言うと療養とか

自分を変える為の環境変えの為に

田舎暮らしをするマイナスからの田舎移住の人の方が多い。


そういう田舎移住者は、どちらかというとコンプレックスが強く

前向きでキラキラしている田舎移住者とは違う為に

充実している前向きな情報に心を閉ざしてしまい

更にネガティブになって悩んでしまい


且つ、前向き田舎移住ブームなので

声に出せない、、、誰にも相談出来ない、、、


そうしてこのブログで

敢えてメールで相談されます。


ネガティブに暮らしている方は声に出していない。


田舎に住むと分かりますが

噂って凄く広まります。


特に田舎の人はご近所さんの悪い噂は大好物ですから。


田舎では人の悪い噂にはハイエナのように寄って集って来ます。



なので近隣に相談することも出来ず、

インターネット上でも見栄を張って前向き発言しか出来ないのでストレスに。


インターネット上での理想の仮の自分の姿。

前向きで絶好調を装う自分に嫌気がさす。



どんどん気持ちが病んでしまいます。


何の為の田舎暮らしだったのか?


前向きで心身ともに健康で、

時間的にも経済的に豊かな人とは

全く違う田舎移住の経緯や動機、そして実生活。


そこと比べるとどんどん嫌になりがちです。



このブログではそういう悩み相談も寄せられるのですが、

私のように、インターネットで実際知らない人に

そこまで出来るのも極一部の方だと思います。


ネガティブな方はまだまだ声に出していないんだなと

実感しています。



信用出来ない前向きだけの田舎移住ブームで、

デリケートでネガティブな人が更に病んでしまう現象まとめ。


•前向きな田舎暮らし情報だけが現状ではない

•都会ドロップアウト組の田舎暮らしもまだまだある

•ネガティブに暮らしている方は声に出していない




私の住む村では、村八分が未だ存在しますよ。


自治体から良い条件を提示され、

いざ田舎移住をすると地域と上手く馴染めない。



いつの間にか仲間はずれにされ協力的ではなくなり

当初の思い描いていた条件とは全く違う状況になり、

お仕事も上手くいかずに悩んでいると。


そういった生の声をよく聞きますし、

田舎でもドロップアウトした人も何人も見ます。


本当に表立ってある前向きなお話しだけを信用すると

一部の方にとっては、とても辛い暮らしになるんだなとも感じます。





健康になりながら寝ている間にお財布の中身も増やせる効率的な在宅副業とは?













人を信じられない自分にも田舎移住して田舎で仕事が出来るか?



t02200147_0680045413525251409.jpg



自分で選べるのが大人の特権

だと思うのですね。


•過去に色んなことがあって人間不信になったり

•傷付けられて心の病気になったり

•将来に希望が持てなくなったり

•自己嫌悪で人と会うのが嫌になったり


と様々な思いが人それぞれありますが、

そこに共感してもらう人の中にいると

気持ちが分かり合えて楽なのですが、


そこから留まって抜け出せない中にいると

改善に向かうことは少ないです。

(足を引っ張る依存体質の人もいるので。)


ですが勇気を出して自分が理想とする環境に飛び込み

自分が変われば集まる人も変わります。



私も思い切って田舎暮らしを始めてみたら

変わることが出来た良い過去があります。




類は友を呼ぶと言いますが、

仕事でもプライベートでも結局、今の立ち位置って

子供の内に選択肢が限られていたことから解放された後、

自分がしてきたことの結果だと思うので

今がもし人を信じられないなら先ずは、

自分が選ぶ場所で自分が信じられる存在になる為に

新しい人間関係を築くことも方法の一つです。



田舎移住もそのきっかけの一つですね。


そうは言っても人を信じたくない

極力人と交流をしたくない

人間関係が億劫だという場合には

直接人と接しないけど

文章としてなら書ける場合もありますね。



t02200146_0275018313525256436.jpg



自分の環境は自分の在り方で変わることが出来ます!


ブログやサイトの運営で

本名も名乗らず病気療養しながらでも出来るお仕事も当然あります。


それに関しては以前にもブログでもお話ししていますが、

同じような意見を多数頂くので再度書きます。



そういうお仕事をする場合、


•読む人に役に立つこと

•読む人の悩みを解決すること

•読む人に感謝されること


を意識することは大事で、

逆にそれが出来ると顔が見えない関係でも信頼関係が成り立ちますね。


反応があると自ずと自分も嬉しくなり

人を信じようという気持ちや

人の役に立てた喜びが治癒になると思います。



今はWEBがイメージ出来るかと思いますが、

メディアに出ない作家さんとか

スーパーのチラシを作っている広告屋さんも

同じような事ではないかと思います。


WEBならば田舎でもどこでも場所は選びませんしね。


WEBの中で自分の居場所を作るのも一つの手です。





健康になりながら寝ている間にお財布の中身も増やせる効率的な在宅副業とは?










うつ病は田舎暮らしで治るか?



t02200146_0275018313413014353.jpg



本日は少しうつ病引きこもりに付いて触れようと思います。


私のブログは、「うつ病田舎暮らし」といったキーワードで検索して

来られる方が多いので記載させて頂きました。


全く関係無いやと思う方も、

今は他人事かも知れませんが、

いつ身近な人がうつ病になってしまうかもですので、


そうなると典型的な負の状況で、

引き篭もりや登校拒否で済めば未だ良い方で、

酷い場合は、自傷行為に至ったり最悪の事態も招くので、

少しだけ視野を広げて頂ければと思います。



私も家族がうつ病になった事があるので、

接し方の苦悩は分かるので。。。


うつ病って携わらないと分からない事が多いし、

ならないと本当の苦しみは分からない。


周りの言葉一つが命取りになる事もある

非常にデリケートな問題です。




田舎に移住したからって、

決してうつ病が克服するとも限りませんが、

参考にはなるかと思います。


間違いなく田舎暮らしが病気療養のきっかけにはなります。



t02200161_0500036613413040611.jpg



田舎暮らしをしたい人の動機に

うつ病を患っている方は非常に多いです。


先ず今日は病気療養等で都会から田舎の生活に変えたい方に向けて。


勿論、私は精神科医ではないので

専門的な事は分かりません。


ですからブログ記事として

こういう考えもあるんだなとお読み下さい。



うつ病は何処に住んでも理解され難い。


鬱病は正直理解されていないです。


これは田舎でも都会でも同じで、

経験しないと分からない病だからです。



どちらかと言えば、私が大阪にいた頃よりも、

長野県にいる時の方が、周りに鬱病の人が多いです。


だからといって、田舎の方が鬱病に成りやすいとは言い切れませんが。。。



ですから田舎にも鬱病の人は沢山います。

という事は田舎だから治るというだけではないので

田舎に移住しないと克服出来ないと思っている

都会の人は目の前の事から変えてみて下さい。



しかし、田舎移住して環境をリセットする事で自分が変わる効果はある。


鬱病の原因は色々いわれはあります。


医学的な事や遺伝子的な事は

素人では更に分かりません。



一般的に鬱になってしまいそう...と、

仕事のストレスや人間関係のストレスで

心が病んでしまっている場合に、


環境を180度変えることで

今迄のストレスや

心を締め付けていたこと

我慢をしていたこと等から

全てが解放されて、心が健やかになる事があります。



これは都会でも可能な事ですし、

逆に田舎から都会に移住しても同じように環境が変わって、

良い方向にいく切っ掛けになります。



田舎移住を考える場合で言うと

田舎の生活スタイルに克服出来る要因がある。



•食べ物。

•睡眠時間。

•住んでいる環境。


が規則正しくなるだけで、

鬱病に対しての克服の要因はあります。



鬱病と食事の因果関係はよく言われますね。


田舎に移住すれば鬱病が治るのではなくて、

住んでる環境と同時に、

お食事の習慣も変える切っ掛けになります。


環境を変える手段の一つという考え方です。



ファーストフード等の外食が無い所に住むと、

新鮮な野菜と魚とお肉の自炊生活を嫌でもせざるをえません。


そこで食生活を整えたり、

田舎の夜は開いているお店が無いし、

コンビニも遊ぶ所も近くに無いので早寝早起きをする。


自然がいっぱいなのでヒーリングが出来る。


こういう効果を利用する、と

鬱病を克服出来る要因に繋がります。



転職だけでも環境は変わるので、

移住まではいなくても環境を変える手段はいくらでもあります。


でも、都会から田舎への移住が一番ガラっと環境を変えれますよね。





健康になりながら寝ている間にお財布の中身も増やせる効率的な在宅副業とは?
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。