田舎暮らし 田舎でお仕事 田舎のお仕事の心配事 - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

雪国の田舎暮らしは冬の仕事が悪いように左右される



今日は田舎暮らし雪被害仕事に悪影響される

についてお話しをします。


今朝、きれいな朝焼けでした。



yjimageUG2HN3A5.jpg



こういう朝焼けを見ると

雪の暮らしもいいなあ

と思うわけですが、ゴミ出しの時で、

実は道が凍結で3回滑りました^^;


ということで。おじいちゃんおばあちゃんの

朝のゴミ出しは慎重にしないと大変なんです。


そんな感じで些細なことでも冬は心配事は尽きません。




さて本題です。


田舎の雪の暮らしの良し悪しは仕事に左右される。


田舎暮らしの雪の生活に憧れる人

どちらかと言うと少なめですが

いらっしゃいます。


北海道や長野県が好きな方、そして

薪ストーブで暖炉で暖かそうな生活を夢見て

ゆったり山ごもり。


スキーやスノーボード

雪山登山が趣味の方が憧れます。


特に若い人ですね。

私もそうでした。


ですが、趣味の旅行ではいいけど

実際に暮らすとなると良し悪しは仕事にものすごく左右されます。


農林漁業の第一次産業は雪が仕事に支障をきたす。


農業は露地栽培の場合、雪だと

こういう状態になります。



yjimageEUPYNZF0.jpg



これは先日のご近所さんの畑ですが

まだそんなに積もってないのでいいのですが、もっと降ると

畑に近づくことすら難しくなり

冬は農作業は一切しない地域もあり

冬は別のお仕事をしているか

春から秋に一年分を稼ぐというスタイルです。



充分な収入があればいいですが、

年間とおして仕事をしたい場合には

第一次産業は雪が降るとたちまち不便に…


建築業も雪がふればお休みになったり

運送屋さんも雪で交通網が乱れれば身動きがとれなくて立往生になります。



yjimage7KI0TRMS.jpg



yjimageNVSIOMGF.jpg



ですが、室内のお仕事の場合は、

雪などの雷や電線の異常での停電が起きない限り

まったく問題なく暮らせます。

(ちなみに我が家はよく停電します。)


私は慣れているので問題無いですが、

室内のお仕事で停電対策さえ取っていれば

雪の生活で買い物に不便という程度で

景色を楽しんだり趣味を楽しむゆとりもあります。


特にインターネットで完結できるお仕事なら

特に場所も選ばないので

回線さえあればどこでも関係なく出来ますね。




ネット頼りの生活は物流に不便なことがある。


ネットショップの運営の場合、

お客様に対して荷物の出荷があれば

雪の時には遅延の影響があります。


逆に、荷物を待っている時も遅れることも。


仕事の資材や道具や材料などを

全てネットだよりで在庫せずにいると

万が一荷物が遅れた場合には仕事が遅れることも。


こういうことを踏まえて雪の生活の良し悪しは

仕事によって意見がわかれます。


あなたがやりたい生活を考えて

雪の生活の良し悪しを判断してくださいね。


夏にいった北海道の生活に憧れて

移住したけど冬が越せないなんてことも実際にあります。



田舎の雪の暮らしの良し悪しは仕事に左右されるのまとめ。


景色を眺めるだけなら癒される。

農林漁業の第一次産業は仕事に支障をきたす。

室内の仕事なら全く問題なし。

物流に不便なことがある。


田舎の冬の間は在宅ワークの副業がオススメですね。





本業よりも本気になってしまう生涯継続型の安定した在宅副業はここ


手当てを頂く以上は人のために働きましょう



yjimageVBXR1K2E.jpg



田舎暮らし仕事の一つに、

まちづくりコンサルタントなどの

町おこし求人も挙げられますが、

心配事があります。


これを企業で給料を頂く場合と

自治体からお手当を貰う場合と

何故か心構えが違う移住者もいます。


会社なら給料を頂いている

という認識がありますが、

助成金や手当などといった感覚の

自治体からの支給では

残念ながら『もらってる』と考えるんですよね…


これでは非常にマズイのです…。



それは企業だと必ず『結果』が求められ、結果が出ないとクビです。


しかし自治体などでは『契約満了まで穏便に』

ですから結果が出ても出なくても

トラブルさえ起こさなければ任務を果たしたことになります。




『結果』を追求されないので本人も『仕事』という意識の欠如があり

手当はもらって当たり前。 ですからこんな楽な仕事はありません。


いやいや色々あってしんどいんだよ人間関係とか色々…

という声も聞こえてきそうですが、

人間が最も不安を抱える生活の安定 はお手当てで保証されているのです。


本来自分の仕事に対して結果を求めて改善していくのが仕事であり

例えば町おこしで、観光協会などでブログを更新したり

TwitterやFacebookでイベント告知をする。 これって高校生でもできる事です。


仕事というのはその先にあって、

情報配信した効果で、ちゃんと町の認知度が上がったか

イベント集客は出来たか、どれくらいの経済効果が上がったか

これを検証する必要があります。


ただつぶやいて更新するのは簡単。そこで終わりではありません。

でも…気が付かない言い分もわかります。



会社なら結果を検証して、それによってはクビになったり給料に響いたりします。


しかし自治体は結果を検証した責任というよりは任務終了して、はいサヨナラ

で終わるので何が良くて何が悪かったのかもわからないままというのもあり

結局 手当をもらっている間だけは生活が守られるからです。



なぜこのような厳しい嫌なこと言うかというと…

その契約が満了してもそこに住みたければその後自分で仕事を探さなきゃいけません。


そうなった時に何が出来るか、田舎に住み続けていられるかが重要で

契約切れてその後、生活できずに帰ってしまう人がいるからです。


手当が支給されていてもそれをもらっていると思うのではなく

仕事として意欲的に頑張って結果を残そうとすることで

自分に知識が身につきできる事が増えてきますし地域の人とも信頼が結べます。


しかし、なんとなく過ごしてしまったら、契約すぎても誰も目を向けてくれず、

税金泥棒だと思われるだけです。そうなってもらいたくないので

しっかりと、町おこしするにはどうやってイベント集客するのか

そうやって経済効果を生み出すのかを意識して勉強をしましょう。



町おこし求人で手当を『もらってる』と勘違いしたその後…

結局田舎での生活が成り立たないことになりかねません。


ここで図星だった人はきっと気分悪くするんでしょうけど…。


地域活性を本気で考えている人もいれば

就職先が無いために手当目当てでされる人もいるので

そういう人の気持を改めるキッカケにもなればと思います。





本業よりも本気になってしまう生涯継続型の安定した在宅副業はここ

過疎化した田舎の小さな製造業や商店が活性化するには?



yjimageRPYMFOW1.jpg



私の田舎暮らしでの一番の心配事は、

昨日地元の小さな鉄工所の前を通った時に

なんとなーく、、、


私がもっと色んなものづくりでも何でも仕事ができれば

過疎化した田舎の小さな製造業や商店が

活性化するきっかけになるのになっと

一人で勝手に考えてしまいました。


いつもそうですが、こうやって人のために

なんとかならないかなって考える度に

自分の力のなさ、小ささを感じます。



少子化した田舎の和菓子屋さん、着物屋さん、メガネ屋さん

こういうものは毎日訪ねてくるお客さんがいない。


過疎化した田舎は人口が少ないので厳しいですよね。


もっと広い範囲で販売するお手伝いができれば

潤いが生まれるのになぁっと

勝手に妄想してました。




好きな町が活性化して欲しい。


自治体とか施設とかそういった予算がある

支援系の事業じゃなくて、

個人商店、個人事業主、農家などという個の力になりたい。

私は常々そう思います。


田舎の過疎化は深刻ですがそれをネガティブに考えるのではなく、

もっと外に向けて視野を広げてできることをチャレンジしていきたいです。


しかし当のご本人たちがそういう気持ちがないと無理な話で、

どこか諦めていたりもう年金で暮らすから売れなくていいやっと

惰性的にお店をあけている所もあります。


困っていないのでそれはそれでいいとは思います。


だけども跡継ぎが都会に出たきり

田舎に帰ってこないのは当たり前ですよね。


それで田舎の少子化の原因にもなっているのも想像できます。


いざ自分が歳をとって介護状態になって子供が帰ってこなきゃ…というとき

田舎には職が無いといった状況で困ってしまい

自宅介護をせず、老人施設に入れて帰って来ずに

都会で働かざるおえない事になるのですよね。


帰ってきたくないんじゃない、帰ってこれない状況でもあるんです。


田舎暮らしを始める人で子供がいらっしゃる方は、

子供にも継がせることが出来るお仕事を

本気出してすることをオススメします。



介護して欲しいためではなく、心構えとして、

田舎で職がないという諦め精神を持たずにもっと

色んな開拓を自力で出来るようになるべきだと思います。





本業よりも本気になってしまう生涯継続型の安定した在宅副業はここ

人と接するのが大嫌いでも田舎でお仕事出来ますか?



t02200165_0640048013425018769.jpg



うつ病の一種の対人恐怖症でも

田舎移住して仕事が出来ますか?

という心配事をお持ちの方も多いです。


・過去に色んな事があって人間不信になったり、

・傷付けられて心の病気になったり、

・将来に希望が持てなくなったり、

・自己嫌悪で人と会うのが嫌になったり、

・とにかく外に出るのが不安


と様々な思いが人それぞれありますが、

そこに共感してもらえる人の中にいると

気持ちが分かり合えて楽なのですが、


嫌な思いから悪い方向に向かってるマイナス思考の人や、

いつまでも留まって抜け出せない人の中にいると

改善に向かう事は少ないです。

(足を引っ張る依存体質の人もいるので。。。)


ですが勇気を出して自分が理想とする環境に飛び込み

自分がプラス志向に変われば集まる人も変わります。



類は友を呼ぶと言いますが、

お仕事でもプライベートでも結局、今の立ち位置って、

子供の内に選択肢が限られていた事から解放された後に、

自分がして来たことの結果だと思うので。


今がもし人を信じられないなら先ずは、

自分が選ぶ場所で自分が信じられる存在になる為に

新しい人間関係を築くことも方法の一つです。



そうは言っても人を信じたくない、

極力人と交流をしたくない、

人間関係が億劫だという場合には、


直接人と接しないけど

文章としてなら書ける場合もありますね。



t02200331_0426064013425022235.jpg



ブログやウェブサイトの運営で、

本名も名乗らず顔も出さずに出来るお仕事も当然あります。


それに関しては他のページでもお話ししていますが、

そういうお仕事をする場合、


•読む人に役に立つ事。

•読む人の悩みを解決する事。

•読む人に感謝される事。


これらを意識する事が一番大事で、

逆にそれが出来ると顔が見えない名前も知らない関係でも成り立ちますね。



相手から反応があると自ずと自分も嬉しくなり、

人を信じようという気持ちや

人の役に立てた喜びが治癒になると思います。


今は書くお仕事って真っ先に思い浮かぶのが、

WEBがイメージ出来るかと思いますが、

メディアに出ない作家さんとか

スーパーのチラシを作っている広告屋さんも

同じような事ではないかと思います。


書きもののお仕事では、

自分の書きたい事は2の次で、

一番大切なのは、人の立場に立って、お役に立つこと。


これに尽きます。


って難しく考えるかもしれませんが

簡単に言うと、



例えば、安いパソコンや家電等を探している人に

価格.comは役に立っていますよね?


あれは誰が書いているとか

意識はしたことが無いと思います。


ただ、役に立つ!便利だ!と

意識的・無意識的にも感じるユーザーが多いです。


化粧品を使った感想等も

これから使う人に役に立ちますが、


わざわざ顔を出したり本名を名乗って

ブログ書いている人も少ないですね。


逆にWEB上で本名や顔を堂々と出していると、それを見た人に


「この人と関われば何かを売り付けられるのでは?」とか、

「その内においしい儲け話しだと言って胡散臭いことを勧められるのでは?」


っと勘繰られて変に疑られるというリスクがあります。


顔や名前を出しているのは殆どが

ネットビジネス関係者か出会い系ですので、

実際、ネットビジネス系は出会い系と変わらない場合が多いです。


顔や本名を公表することでそういうつもりはなくても同じに勘違いされて、

余計にビジネス臭く思われたり出会い系と思われてしまいます。


胡散臭い人だと思われて迄、わざわざ名前や顔を出す意味が分かりませんよね^^




インターネットオークションで欲しいものを買う時でも、

その文面から信用出来る売主かどうかを判断して

顔の分からない知らない人からでも

自分の欲しい物であれば買いますよね。


インターネットはそのくらいで良いのですよ。



信用を得るということを目的に顔や本名を大々的に出している方もいますが、

顔を出している方の殆どは風俗関係かお金儲け情報提供者です。


そうでなくてもそう誤解されてしまうというのも

顔や名前を出すデメリットの一つです。


確かに信用を得るには顔と本名を出すのが

一番手っ取り早いかもしれませんが、

誰が見ているか分からないインターネット上で見ず知らずの人に

お顔やお住まいを公表するリスクはあまりにも大きいです。


文が決め手のブログ等で敢えてそんなリスクを冒してまで

お顔を出すメリットは非常に少なくてリスクの方が多いです。


それでもネットビジネスだからと

いち早く信頼関係を築けるからというほんの少しのメリットの為に

住所やお顔を出したい人には顔などは出すなとは言いませんが。。。



インターネットは犯罪者が獲物を見つける最高のツールでもあるのですから。


自分がインターネットに顔や名前や住まいを出してしまったが為に

家族をも身の危険にさらしてしまったなんて事も

無きにしも非ずです。


ブログ等に風景写真を載せる場合も

自分の村の地名は書かなかったとしても

その風景写真だけでも身元を突き止められて

何らかの被害者になってしまう場合もあるかもです。


ビジネスの場合、お話しにリアリティを持たせる為に

自分の撮った写真を掲載する事も必要だとは思いますが、

自分が撮影した画像を載せるにも十分気を付けてアップしないとです。




ブログなどのWEB上ではどんな人が書いているのか?

最初は、ある程度想像できるくらいの自己掲示にとどめておいて、

私はある程度の信頼関係が築けた人にだけ

顔や住んでる場所なども公表するようにしています。




要はブログはWEB上で誰かが知りたい情報を提供してあげる。


別に自分が表に出ることは全く無くて、

人を集めて紹介することが出来ると、

人と直接的に接さなくても

仕事として成り立つという事がインターネットでは可能です。


ブログなどは文章だけで十分自己掲示は可能ですので

対人恐怖症や引き籠りの方でも人と関われる最高のツールですよ。





本業よりも本気になってしまう生涯継続型の安定した在宅副業はここ







田舎に多い働かないニートの人のお話し



yjimage1AHBJGWA.jpg



私の田舎暮らしの村には都会に出て働く意味を見失って田舎に帰って来て、

働かずに親の実家でスネをかじって過ごしているニートの若者が何人もいます。



結婚して嫁いで村を出て、すぐに離婚して村に出戻りして、

仕事もせずに親の実家で住んでいる女性も異常なくらいに多いです。



働かずに生活しているなんて羨ましい反面、

親は自分よりも先に亡くなると思うので、

いつまでも今のまま親のスネをかじたままでは生きていけないと

お節介なことを思ってしまいます。

そういった親の心配事のお話しはよくうかがいます。



本人達に都会のお仕事はどうだったのか?聞いてみると、

「もう都会に戻るつもりはないし、都会に出たって生活費の為だけに働いて、

精神的にも時間的にも金銭的にも余暇を楽しむ余裕も全く無い。」と言ってます。


「田舎の方が安い給料でも余暇を楽しむ余裕がある。」とも言ってます。


まぁ結婚したとしても賃金が安ければ共働きすれば良いだけのことですから。。。



でも、もしも結婚相手が急死したら?

自分一人のお給料でどうやって家族を養っていくのか?


共働きすれば大丈夫という考えは危険ですし、他力本願過ぎますね。



確かに今は都会も思うような仕事が無かったりで、

都会に出る魅力を感じなかったり

意欲も湧かない気持ちも分からないでもないですが、、、



田舎から都会の学校に進学して卒業しても、

定職に就かずにいつまでもフリーターをやっていたり、

就職せずに田舎に戻って来て仕事もしない無職の若者も近所に沢山います。



わざわざ高い学費を親に払ってもらって、

折角、手に技術をつけても、

そのまま都会で就職せずにUターンしたは良いけど、

田舎に帰って来ても就職出来ないというよりは、就職する気が無い。


自分の望むお仕事を見つけれずに何年も経過してしまう。



年数が経過すればする程に、

見習い先が無く、就職先も無く、望む仕事も無く、

その内に自分が何を望んでいるのかも分からなくなって、

どんどん時間だけが経過するという悪循環に陥ります。




新人なんだけど卒業してブランクがあるということが

マイナス要件になるようですね。


卒業後、時間が経つ程、勤労意欲が無いと見なされてしまって不利になります。


かと言って都会に出て働きたくは無いとのこと。



親が農家だったり自営だったり

勤めに出ていたり年金暮らしや貯蓄があって

取り敢えず今は食べさせてもらっていて

都会の学校出たんだし納得いく

良い仕事を見つけなさい

ということで家業や農業を手伝うことも無く

何年も経過。。。


親と一緒に居ればそれで親孝行なのでしょうか?



本人なりに焦りはあるんだと思いますが、

客観的に見て、お店も少ないと就職先が無いし、

人口も少ない中で未経験の人が独立開業するのも

ちょっと無謀だと思うし、本人もその気は無いようだし、

それなら道筋を考えた方が良いとはお節介ながら思うのですが、


実家に居座れば食べていけるという環境が

危機感や向上心を失ってしまうのかもしれません。


勿論、悩んではいると思うけど動いていないのが事実なので、

本人がそれで暮らしていけて納得であれば良いことではあります。


当然全員がそういうスタイルではなく、

あくまでも個人の話しですし

都会にも田舎にもニートはいますよね。



結局は何が言いたいのかと言えば、

本当にそのままで自分が良いと思っているのか?


良いと思っているならそのままで結構でしょうけど、

良いと思っていないのならば

何故今直ぐに行動を起こさないのかが疑問です。



私は正直信じがたいです。


親の元で働かずに暮らしていく選択は

私には絶対に無いしやっぱり自分で生計立てたい。


私は貧乏性なんでしょうか…。。。?


このまま本当に働かずに

親が年老いても亡くなっても

実家のご飯がずっと食べられるのか?とか

他人事ながら凄く不安なんですが^^;



私個人的な意見ばかりですが、その反面

本当に老後まで、親のスネかじりで暮らしていけるなら羨ましい気もしますが、

もしそう出来たとしても、やはり私は目指したことにチャレンジして

自分の力で生活しながら人の役に立ち親孝行したいと思います。




参考にするのならば、

田舎暮らしをこれからしたい人と

地元で実家がある人とでは基盤が全く違うので

暮らし方に関しては自分の目指すスタイルの人で

かつ、同じ境遇の人を参考にすると良いですね。





本業よりも本気になってしまう生涯継続型の安定した在宅副業はここ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。