田舎暮らし 田舎移住失敗者ってこんな人 - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

田舎移住制度から選ぶと失敗しやすい、では成功してる人は?



yjimageLFEH35TQ.jpg



今日は大阪のとある地域の出張所の女性陣に交じっての食事会イベント。

女性だけだとお酒があまり並ばない苦痛に耐えながら

代替え品として自家製野菜の豚汁を4杯おかわり^^笑


その席で自治体に勤めてる人と移住支援制度のことで

色々お話しをしましたがやっぱり自治体経由の田舎移住

上手くいきにくいことは想定通りでした。


田舎暮らしして本当にそこに住みたいと思ったら向こうから勝手に来るし

成功したければ何が何でも食べていく努力をする。


年金生活者もしくはお金持ちならまだしも

お仕事が無いのが一番のネックになるけど

何とかして生活していく努力をします。




田舎移住支援制度からなんとなく選んでくる人は挫折しやすい。


失敗する人のパターンは何をするにもいつも同じです。


移住ブームにより多くの市町村候補から

なんとなく自分に見合った移住特典を選び

そうすることで制度に縛られるとめんどくさいことも多くて、


さらに地域とうまくいかない、食べていけないということで

支援金や助成金が切れたら簡単に都会へ帰ってしまう。


そこに住む理由が弱いと余計にそうなります。


お互いに腹をくくれてない!?


自治体も自分のお金じゃないし

その部署に配属されても移動も数年に1回あり、

その配属時にトラブル無く穏便にこなせればいい。


移住者に対するサポートをする気があるようでない。


年配者の意見が勝ち

批判的なことを言われて計画が実行できない。


という状況の模様です。

※もちろん一部ですから全部がそうではありません。




ブームに乗る&他者に依存は継続しにくい。


移住がうまくいく人にとっては移住制度はおまけ程度。


地域のトラブルもあってもそれに勝る他の田舎の魅力を見つけている。


本当にそこに住む理由があって

かつ、依存せず自活する人がほぼ。


やっぱりブームに乗る&他者に依存というタイプの人は

信用してはいけないんだなと、

田舎移住に限らず何をやっても継続できないし

すぐ飽きるしすぐ諦めるんだと思った午後でした。


ブームに流されるのではなく

自分が本当にしたいのかどうかを考え実行することが大事ですね。




田舎移住支援制度から選ぶと失敗しやすい、では成功してる人は?まとめ


移住制度からなんとなく選ぶと失敗しやすい。

ブームに乗る&他者に依存は継続しにくい。

移住がうまくいく人は依存せず自活する努力をする。


ブームに流されるのではなく

自分が本当にしたいのかどうか、

攻めの理由(やりたいことがある)でも

逃げの理由(都会からの逃避)でもどちらでも、理由はなんでもいいけど

きちんと自分で理解することが大事ですね。





また続けられなかった…ビジネス連敗中…でも諦めたくない…勝ちに拘るサイドビジネスはこちら




田舎移住失敗例を暴露



田舎暮らしに憧れるのは

都会で働くサラリーマンが多くいます。


私のように特に多くの趣味を持つ人は週末に楽しみたいのに

休みが取れない、毎日残業、会社への不満、

自分の理想としている生き方をしていない、

夢を追い続けたい。


などなど、現実的な人に比べ

まだまだ私みたいに子供のような心を持つ人も多く

結婚すると家族のために働き、小遣い制

休日は家族サービスで自分の時間がない。。。等々。。。


そういう同僚や上司、友達を見ていると

自分は独身のうちに好きなことをしよう!っと。


あるいは結婚して子供ができても

私は好きなように生きる。



755928_m_01_440_660.jpg



実際に行動を起こして脱サラして、

独身で田舎暮らしを始める人も中にはいます。


その選択は決して間違えていないし

どちらかと言うとそういう気持ちは大事だと思います。


もちろん現実を見る女性には反対されがちですが、

独身なので関係ありませんし、田舎に移住したあとに

価値観の会う女性と出逢えばいいですよね。


ただ…


夢物語ではなくて現実を生きないと田舎暮らしも失敗します。



140123_no.jpg


ダッシュ村や自給自足ブログなどで見る自給自足の生活をしながら

お金を極力使わずに暮らしていく生活を真似ようとして

結局のところ以外にお金がかかったりして働きに出ないといけなくなったり

趣味を満喫できるかと思いきや、仕事に出たがために自由じゃない

そして都会での感覚で仕事をするから人間関係で衝突するなど。。。


夢の自給自足暮らしを実現するための準備も疎かにしたがために

結局、田舎暮らしの現実を受け入れられなくて、挫折をしてしまうのです。


とある30代の独身女性が、畑などをしたくて大阪から長野県に田舎移住をしたのですが、

良いところだよという言葉だけを信じ、勢いだけで移住を実行したために、

結局いい物件に巡り合わず、畑も出来ず、アパート暮らしをしながら

食べていくために、派遣で工場勤務をしていました。


南信州ですので愛知県境なので自動車メーカーやバイクメーカーの派遣工場は

当時、県外の人も募集も沢山あったのです。

私もその募集で来ました。


勤務体制3交代のためシフトを組みますが、

この日は夜勤、この日は昼勤とバラバラなんですよね。


しかも、辞める人や無断欠席もありますので、

急に仕事に入らないといけないなど、結局は工場勤務をしに来た形になり

自分が本来したかった畑をしてのんびり暮らすことが

程遠くなりました。


さらに、人間関係も近隣で築くことは不可能で

地元ならではの情報収集というものが出来なかったのです。


仕事先も県外の人ばかり、そしてアパート暮らしなので地域の交流もなし。


逆に都会から来てすぐに帰るだろうと思われているので

地元の農家さんもお相手にしてくれません。


でもいつかはお金を貯めて、この派遣の仕事を辞めて

畑をする生活をするんだ!と割りきって頑張っていましたが、

結局は、仕事に対する不満と、自分の現状に対する不満で

やめてしまい、かと言って畑をするのかとおもいきや

田舎は嫌だと都会に帰りました。心が疲弊してしまったようです。



仕事仕事、趣味も満喫できる時間もない

県外から来た物同士で交流するので、その地の不満話や愚痴ばかりになる

そういうことで自然と嫌になってしまったそうです。



最初に計画をしていい物件に巡りあい、

働きに出ることもなければ、成功していたかもしれません。


理想としていない仕事に出てしまったがために、

精神的にも満足行かずに中途半端な形で田舎暮らしを挫折。


ただ単に、勤務先が代わり田舎に転職しただけで終わってしまったのですね。


田舎暮らしに失敗してまた都会に戻って再就職…


彼女はそれがなかなか出来ませんでした。


30代で再就職は難しかったのです。


しかも、退職して田舎に行ってまた都会に帰ってきているというのは

単なるふらふらしたやつにしか見られないから余計に信頼性がないのです。



wysiwyg_b291b11016b8b16a9873.jpg



せっかく脱サラして田舎移住するのですから

失敗せずにかっこ良く実現させたいですね。


そこで言えることは…

まず、田舎でまた会社勤めをすると理想の田舎暮らしは遠くなります。


結局勤め人ですから会社のルールに従わないといけません。


単純に田舎に住みたいだけなら構わないかもしれませんが

やりたいことが田舎にあって、それを実現・満喫したいのであれば

会社員になるという選択を持たないほうが田舎暮らしの成功への近道になります。


ただ、多くの人がそんな理想的な田舎暮らしを手にできるわけもないです。


ですから田舎暮らしで働きに出ながらでも、本当に自分のやりたいことを

実現するための方法やアドバイス等はメールマガジンで配信しています。


一般論では不可能かもしれませんが、実現できている人もいるので

諦めないで欲しいですね^^





また続けられなかった…ビジネス連敗中…でも諦めたくない…勝ちに拘るサイドビジネスはこちら


好きなことをして生きている人はなぜ肩身が狭い思いをしているのか?



yjimage1LI5STJJ.jpg



田舎暮らしをしながら

好きなことをお仕事にして暮らすことを

頭ごなしに否定する人

批判する人・阻止する人

必ずいますが、


好きなことをすることの失敗者

その度になんとなく肩身が狭くなり

そして言いくるめられて

田舎移住を諦めてしまう人です。


とっても気の毒だなっと思いながらも

もっともっと強い意志を持てばいいのに…っと

残念に思うこともあります。



好きなことをしていきていけるほど甘くない。



yjimageCRTCQLGU.jpg



そう言われることありませんか?

言われる前にあなたもそう思ってしまっていませんか?



好きなことをして生きていくのは確かに甘くないけど、

好きなことして生きていけないのは間違いですね。



好きなことをして生きている人は

もともとのお金持ちや玉の輿、

投資で大成功したなどを除き

大抵の人は まず

その目標に向けて情熱を持って努力をしています。


その努力や修行や学びや体験などがあってこそ

自分のやりたいお仕事を手にしたのに

教科書通りに生きてきた方は

その過程を見向きもせず、

好きな事だけしている無責任な人

っと、決めつけるわけです。



なのにテレビを見て、

スポーツ選手の頑張りを見て涙流したりしますが、

同じ事ですよね。ちょっと考えればわかることなのに

夢を叶えることなんてのは

遠い世界の出来事で自分の世界観にはないと

思っているので、周りの人が挑戦しても否定的なのです。


田舎で暮らして

好きな事を仕事にして暮らすことが

そんなに悪いことでしょうか?



都会でストレス溜まって

お酒を飲んで発散している方が

よっぽど悪いんじゃないかと思います。


親にもらった体をいたぶってるわけですから…。


価値観の違いなので

どっちが正しい間違えてるなんていうのは

それぞれなので否定はしませんが、


好きなことをして暮らして生きて行きたい方が

何故、肩身が狭いのかという答えは視野の狭い世界観の中にいるからです。


常識は時に可能性の芽を摘みます。


自分の生き方を理想に近づけるための過程って

日々なんとなく惰性で生きているよりも

魅力的だと思いますっ。


そして叶うまで諦めない。コレ大事です♪





また続けられなかった…ビジネス連敗中…でも諦めたくない…勝ちに拘るサイドビジネスはこちら



田舎移住失敗者は趣味を楽しむ為だけに来たパターンが多い!



t02200146_0275018313528724492.jpg



趣味を楽しむ為に田舎暮らしは出来ますか?のお話しをします。


ここのところ、長野県は暖かく

私の地元の大阪もまだまだ暑いので毎週我が家に来客がありまして、

目的は大阪から避暑地として

週末だけ田舎移住して長野県に来たり、

夏山スキーが目当てです。


夏でも山でスキーが出来るなんて、

改めて、日本の中でも長野県は凄い所ですね。


年内いっぱいは週末の来客のおもてなしに追われそうです。



おもてなしを出来るゆとりが出来たこと、

一緒に田舎の生活を体験出来ることが

日常生活の刺激にもなっています。


こうやって週末だけ都会から田舎に

趣味を楽しみに来るという

二重生活的なライフスタイルは昔からよくある事ですが、


近年田舎移住ブーム?で

永住目的の田舎暮らしに憧れる人も増え相談も増えてきました。




趣味を楽しむ為だけに田舎暮らしは出来ますか?


趣味を楽しむために田舎移住をしたい!


皆、そう言ってます!


私も最初はそういう動機もあったのでお気持ちは凄く分かります。


でも、私も今でこそ田舎で悠悠自適にのんびりマッタリ好き勝手に生活出来てますが、

現実の自分の田舎移住当初の挫折と逆境の日々を常々語って聞いて頂いてます。



私は大阪から長野に遊びで通うことが面倒&都会の人混みや満員電車が嫌

ということが引き金で無計画に思いのまま移住をしたスタートですので、

人のことは言えませんが。。。


多くの方はそんな無責任で自己中心的なことは出来ないかと思います。




今の生活で抱えている責任を捨てる事が難しい!


ある程度社会人生活をしていると、


•仕事での地位や責任が増えた

•家族が出来た

•親の面倒を見ないといけない


等といった理由で、

自分だけの感情で動けないことが多いです。


いつかは、いつかはと思う焦りとのストレスを抱える人も。


実際にそういったメール相談も数多く受けます。



ですが簡単に移住してみてはどうですか?


と無責任に言えないことも。




実際に住んでみると仕事に困る。


実際田舎には仕事があっても

収入が低かったり思うような仕事ではなかったり、


環境やしきたりの違いでの人間関係のストレスがあり

実際に住んでみることは出来ても

【住み続けることが難しい】という問題があり、


どこからまた都会に帰っても

再就職も難しく後悔の念を抱える

何てこともよく有り得ます。



t02200147_0700046713528753988.jpg



趣味を楽しむ為に田舎移住をしたいなら

田舎で生活し続けられることを考えないといけないのですが、


最初に移住支援制度を使って生活が出来たとしても、その間に

一生住み続けることが出来る方法を見つけないといけません。



会社に所属する給与所得者と言うのは、

商売人のように自分で毎月収入を得るということが

不安定で耐えられないケースもあります。


給料という決まった収入があれば

その中で生活のプランを立てるので

そこからの余力で趣味も楽しめますが、


自営業になると毎月毎月余裕で生活が出来る収入を得れるまでは

気持ち的に趣味を楽しむことも出来ません。



近くに遊べる所があるからといっても、

生活に追われると遊ぶ気持ちにもなれないのです。


それだったら都会から通っていた方が良かった何て思う人も。


私もそれが可能であればその方が良い人にはそう言います。




趣味を楽しむ為に田舎暮らしは出来ますか?


という答えに関しては

私も切っ掛けはそうでしたので、イエスではありますが、


何かを生み出して利益を生み出すことが出来ればの話しであり、

制度や誰かに依存しようとする考えでは

ゆとりが無くなり、いつか必ず限界が来ます。



ゆとりある生活の基盤が出来るまでは遊びを我慢してでも

しっかりとお仕事を作り上げる事ですね。




先ずは安定したお仕事で生活の基盤を作る事です!


アルバイトでも何でも良いので、安定した固定給を確保しつつ、

それだけでは貧乏ですので、

他でお金を稼げるようにして、


物心両面で豊かで実りある生活が余裕で出来るようになってから、

遊びましょう。



t02200137_0800049913528757955.jpg



くどいですが、先ずは仕事。


趣味はそれから楽しむと良いです。


遊びたければ儲けましょう。



極端な話し、稼げないのであれば

趣味は定年後でも良いのです!





また続けられなかった…ビジネス連敗中…でも諦めたくない…勝ちに拘るサイドビジネスはこちら



ある言葉?で田舎移住出来ない!



【でも・だけど・どうせ】の3Dワードが人生を悪くする!




t02200322_0286041813430116486.jpg



【でも〜・だけどさ〜・どうせ】の3D言葉が田舎移住の計画を妨げる?!

に付いて記載します。


何かと3Dが出て来ると思います。


せっかく田舎暮らしを始めた人でも、

でも・だけど・どうせ・・・が口癖だとデメリットだらけです。


私もいまだについついうっかり使ってしまいます。


ダメですね。。。注意しますね。。。



私がついつい3Dフレーズを言っちゃう時の分かりやすい例で言うと。。。


でも・だけど・どうせ・・・この3Dフレーズが口癖の人は、

基本的に人の話しを聞かない特徴があります。


これは職場でも家でも恋人関係でも友人関係でも共通することですが、

そっちから相談しておきながら、

でも・だって・どうせ

という言い方をするのは自分の思う答えを言って欲しい、

もしくは批判された自分が恥ずかしいだけなので、

こちらがアドバイスをしても解決には中々至りません。


自分をかばいたい気持ちしかないので、

人の話しは左から右へ素通りです。


するとアドバイスする私の方は気持ちがなえます。。。Y(>_<、)Y



それこそ

どうせアドバイス聞かないのでしょ?っと^^笑 

私はもうこうなると自分で勝手に決めなよ!

と突っぱねたくなりますよね。


このように、人が心底アドバイスしてくれなくなります。



こうならない為にも、

先ずは使わないようにしましょう。


この3Dは無意識に使ってしまいます。


私も当然使ってしまうこともあります。


だけど、言ってる途中で、

『あっまた、でもって言い訳してる...。』

と自分で意識的に改善して使わないように心掛けています。



人のアドバイスは自分を否定しているのではなく、

より良き方向に導く為の助言です。

(*足を引っ張る人の否定や批判は違いますので聞かないようにしましょう。)


悪意ある意見は排除して助言としっかりと見極めましょう。



会社でもよくありますが、信頼出来る人や経験者は

あなたを不幸にしたくて言ってるのではないので、

素直に先ずは聞いてやってみる。


そらからでも意見するのは遅くはありませんよね。


でも・どうせ・だけど等と言いそうになると、

一度グッと飲み込んでみる。


こういうことも大事ですね。




また続けられなかった…ビジネス連敗中…でも諦めたくない…
勝ちに拘るサイドビジネスはこちら

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。