田舎暮らし 田舎で農業 脱サラ新規就農の準備 - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

脱サラして新規就農する前に見落としがちな重要点



yjimageN5J3UXM3.jpg



田舎暮らし脱サラして新規就農する前に見落としがちな重要点

についてお話しします。


昨日、旦那様が新規就農をするご夫婦とお話しをしました。


このご夫婦はサラリーマンの経験やご自身の今までの経験をふまえ

新規就農後のビジョンがしっかりしているのですばらしいなと思いました。


野菜作りなどの研修もまじめに取り組んでいて

それと同時に農業に必要な収入源についてお話ししました。




脱サラして新規就農する前に考えること。


準備の段階でまず第一に、家族の同意や、会社を辞める手続きのこと、

農業に関する研修を受けたり勉強をして

どんな形で就農してどのような野菜をどこで育てていくかを考える

というところは当然なのですが、

作ることだけではなく、農家さんになるまでの間の生活資金の確保と

就農後の自分の販路の確保は非常に大事です。



サラリーマンの時は決まった給料で、決まった仕事だけをこなしておけば

なんとか給料はいただいていたために

自分で収入を確保するという視点にかけてしまうことがあります。


これは実際にその経験をしないとなかなか気づかないことなのですが、

頭でわかっていても実際に収入を得ていくということにぶつかると、

かなり悩む方が多いので念頭に入れておいてください。


研修先の販路を紹介してもらったり、

農協や市場に卸せばいいと言う考えだけでは思うようにいかないこともあります。



農家になるのは企業に勤める以外は個人事業主と同じです。


人脈作りや販路を開拓しておく準備をすること。


研修中は作ることに精一杯集中することが大事ですが、

その間にもコツコツ毎日出来ることをしておくのとしておかないとの差は大きいです。


・新規就農ブログを書く

・Facebookを立ち上げる

・同じ目標を持つ仲間をみつける

・脱サラ農業で成功している人のお話しを素直に聞く

・失敗談や愚痴はあくまでも参考例・注意点として聞く


ブログを書いていくことを日課にして読者さんやファン、応援してくれる人、

そして同じ目標を持つ仲間や成功者の先輩と交流を持つように心がけると良いです。


失敗談やマイナスの情報に関しては参考例として聞き入れつつも鵜呑みにせず

自分で体感していき判断すると良いです。


基本的にネガティブな情報というのは引き込まれやすいのですが、

それは失敗した人がどのように行動したからそうなったかという

目線で観て注意点として認識しておきましょう。


要するに失敗者は反面教師にすれば良いのです。




新規就農体験談は自分の財産。


新規就農時の勉強のアウトプットとしてWEB上にブログとして記録しておくと

後に独立したときにお客様が観てくださったりした場合に

物語として見れるので信憑性が高まります。


恥ずかしいと思うかもしれませんが成功したあとには

財産になりますし自分自身の励みにもなります。




脱サラして新規就農する前に見落としがちな重要点のまとめ。


野菜作りのノウハウは当然ですが、独立したときに販路をどうするか

未来を見据えて準備をしておくことが大事です。


新規就農ブログを書く。

Facebookを立ち上げる。

同じ目標を持つ仲間をみつける。

脱サラ農業で成功している人の話しを素直に聞く。

失敗談や愚痴はあくまでも参考例・注意点として聞く。


生産者が消費者に伝えたいことと消費者がみたい情報の違いを知り、

伝え方、ファン作り、顧客管理と顧客開拓をする方法、

理不尽なクレーマーが集まらない運営方法などは少しずつこのブログにてお伝えしています。





この出会いとご縁をきっかけに好きなことだけをして収入を得る
自由な暮らしを始めてみませんか?





農作物の売れるポイントは?



t02200147_0300020113463913319.jpg



お仕事って、求められている人がいて、

その人のお役に立ち、喜んで頂き、

やり甲斐あるお仕事、幸せですよね。



勿論、やり甲斐だけでは

仕事として成り立たないこともあります。



ただ、どうせお仕事をするなら

みんなが笑顔になることをしたいですね☆




田舎暮らし脱サラまでして

農業で生計を立てる為に

作りたい野菜を売りたいのは勿論そうなのですが、

人に求められる野菜を作ることも大事です。



ただ単にお金だけ・売りたいだけの為に自分を殺して暮らすことは

自分にも家族にも

そして、実はお客様にも悪影響です。



新規就農の際にも

携わる方々が笑顔になることを手掛けていきましょう^^


そこに上手くいく秘訣があります。



これを綺麗事だと思ったら…


もしかすると何か上手くいかない

お悩みを抱えているかもしれません。



大切な人を大事にする時の行動を思い起こすと、

少なくとも何かの解決策が見つかります☆



野菜で言うと、

家族に食べさせたい野菜を作り共感してもらえるファンを作る。


ファンを作る為には

伝えたいことを伝える場所を作る。


これがブログやフェイスブック等です。



私自身、以前は野菜を作って販売しても、

自分の畑で作った野菜を売りたい!


これを売るには?という視点しか最初の頃はありませんでした。



しかし、そうではなくて、

求められるものを作ることにシフトしていく。


最初は苦労しましたが

自分もお客様も嬉しい素敵なお仕事になり

それが徐々に収入に繫がったのです。



準備計画の段階から

理想ばかりを追っていてはダメですが、

やり甲斐を持って心を豊かにすることで

自然と人が集まって来てくれることを今の私は知っています。


作るべき野菜は人に求められる野菜を作るです。





この出会いとご縁をきっかけに好きなことだけをして収入を得る
自由な暮らしを始めてみませんか?






先ずは身近な大切な人に喜んで頂きましょう。

脱サラ新規就農で一番必要な事は資金の準備です! .... 脱サラ新規就農で一番必要なことは資金の準備です!



t02200146_0500033213463841761.jpg



田舎暮らし脱サラして新規就農をしたい!

ということで新規就農制度を利用して

研修を受けて農業の知識を得ようとお考えの前にっ、



退職して田舎移住後、最低でも1年間の生活が出来るだけの蓄えがあることが必要です。


何故ならば…


最初の数年は収入の見込みが無いくらいの覚悟が要るからです。



半年から一年間研修し、農業技術を学んだからといって

直ぐに野菜を作って販売出来ることは難しいからです。





野菜は種を蒔いて収穫して…っというスパンが長く、

経験値が圧倒的に足りないからです。



研修終了後も教えてもらえる仲間がいれば良いのですが、

それでも必ず失敗します。


一人だと尚更失敗します。



安定するまで収入が無いっと思って挑んだ方が良いので

挫折しない為には、生活の心配をしなくて済むように、


1年間の生活費や農機具の購入資金、

農地や住宅を手に入れる(借りる)資金を貯めましょう。




借金をして農業を始めるのはどうか?


借り入れ制度を利用して新規就農を始めれば良いやっと

お考えでしたらちょっと考えを改めて下さい。



脱サラして初めて農業をする方で1年以内に安定した収入を

得れるようになったケースはほんの僅かです。


と言いますか私の周りでは一人も聞いたことがありません。


私はお膳立てがあったので、資金も準備も必要が無く直ぐに収入が取れましたが、

それはたまたま運が良かっただけです。


兼業農家ですが後継ぎとしての環境に乗っかっただけです。



農業というのはサラリーマンと違って、約束された月収制ではありませんので、

安定するまでは数年間は無収入という覚悟が要ります。


その中で借入金を返済…


出来る訳がありませんし、お子様がいらっしゃる場合は特にリスクが高過ぎます。



準備の為に全国新規就農センター等で相談するという手もありますが、


正直、農家の方で兼業農家が多いということは

農業だけで食べていけないからです。


そして万が一の自然災害に備えて

他の収入が無いと不安だということで奥様は外に働きに出て…

というケースも少なくありません。


我が家も一家全員働きに出ていますし副業もやっています。



なのでいきなり借入してIターンして農業をするより、

サラリーマンでいる内にいくつものアルバイトや在宅の内職等で掛け持ちで副業をしてでも、

たっぷりと貯金をしてから田舎移住して農業することをお勧めします。



資金計画は綿密に。。。





この出会いとご縁をきっかけに好きなことだけをして収入を得る
自由な暮らしを始めてみませんか?

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。