田舎暮らし 田舎で農業 農業の豆知識 - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

道の駅で地域活性化できるか?



yjimage6S5OQR5Z.jpg



私が田舎暮らしをはじめたばかりの頃は

道路も整備されていなくて不便でしたが、

今は道路ができて生活が便利になる人や、仕事が潤う人、

逆に立ち退きなどで引っ越しをしないといけない人、

田んぼを手放す人、(お金もらって手放せて喜んでいる非農家もいる)

その人によって賛否両論&明暗に分かれます。


全員が満足することって難しいのでこうした方がいいなんて

意見をすることはありませんが、

ただ…道の駅ができたため、地域の農作物を出品しようと

出品者を募るも出品する農家さんがいない(らしい)ことに加え

第6次産業として加工品を販売すると名乗りでて

出品するという企業が販売許可が必要なことを知らないとか。


それに対して話しを進める関係者も(立派な位置づけにいるのに)

誰も気づいていない?とかで突っ込まれて白紙に戻り

ちょっとありえない仕事の認知さにがっくりきています。


ただ、さすがにそれはないでしょ?またこれも田舎の悪い癖で?

単なる批判の噂が私に回ってきただけの話しかもしれないので

話し半分に聞いていますが…


第6次産業に関しての販売許可は、結構気づいていない個人も多く

誰かが加工品出しているからうちも出そう的な発想の人もいます。


そして深く追求するでもなくまあいいかとそのままになるとか、

私は田舎は好きだけどこういうふうに なあなあなところとか

きちんと自分で仕事で大事な部分を考えないところは嫌いです。


農地法を知らない農家さんも普通にいます。。。


ただ悪気があるわけでもなく

『知っておかないといけない』という認識がないから

『知る必要性を教える』ことが大事です。


難しい言葉は嫌がられるのでわかりやすく説明、

くどいほど教える必要があります。


構えられない事も大事。面倒なことを言うとやらないことも。




なぜ道の駅に出品者がいないのか?


ここはですね、色々と言われはあるわけです。


教科書通りにこうやったら儲かるよとか

こうしたら良くなるよというルールとは別に

その土地ならではの事情というものもあるのですが結局のところ、

誰のための・何のためのというところが

明確ではないから結局魅力を感じていないという部分もありますね。


成功している道の駅の責任者は

ハッキリと明確にしています。だからみんなついてくる。


その部分がちょっと弱いのかな。というのか無いのかな!?

うまく伝わってないのかな?


地域おこし協力隊の方も、その地のことを肌で感じて

マニュアル通りではない地域活性を考える必要があります。


方程式があり決まった回答があるわけではなく

その地、その地で答えは様々。


都会から動かず机上でコントロールしてうまくいくわけありません。


本気で惚れた地域を良くしたいなら

根気と嫌われる勇気と負けない心と愛情が必要です。


実際そうはいってもホント思うようになかなか行きませんよね。


徳島の葉っぱ産業で地域活性化した主導者も一番苦労したのは

地元の人をいかにやる気にさせるか

という部分だったそうです。





農家さんの収入源が増えて目標をたてることが楽しくなる在宅副業



農家でなくても農地は借りれる?



yjimage7OVQINMG.jpg



先日、ご近所の100歳を超えた

農家のおじいさんがお亡くなりになり、

悲しみに暮れていたのですが、


今日、おじいさんのご家族に会い

私が田舎に来たばかりの25歳の時の援農時代の想い出話しを一緒にしていました。

今暮らすログハウスの地主さんですが、



その来た当時、おじいさんが歳で畑にあまり出れなくなり畑が最近

イノシシに荒らされているから

全部収穫してきて欲しいと話してて

収穫してあげてました。



『周りのおばあさんたちに

畑が荒れるから何か作りなさいって言われてて、、、』

と話されてましたが、一人ではしんどいの私がで援農に行っていました。


そのご縁でそのおじさんの農地の一部を借りて宅地変更して造成して

今のログハウスを建てました。

土地は借地で家は持ち家です。



私のログハウスの建っている地主さんから、

『農業はこのまま続けていきたいけれど

でも、私一人ではもう歳で無理だから一緒に作らない?』


と言われました。



もともと私が田舎暮らしがしたくて山村に移住して

会社の社宅から今のログハウスに引っ越した理由は農業が好きで、

広い庭と家のそばで畑がしたかったからで、

実際に広い土地(150坪くらいのスペース)なのですが、

諸事情で庭で畑をすることが厳しく…

28歳の時、ログハウスを建てた当初は諦めていたところ、

裏のおじいさんおばあさんたちが

自分の畑を使っていいよと言ってくれていて

でも、お仕事で留守がちで

ずっとここの土地に戸籍はありますが、このログハウスに毎日いる訳ではないしと

断っていたら、田舎に来た当時から、

私が農地を借りたいというのはご近所さんみんな知っていて

そのおばさんおじさんが、『一緒につくろう』と言って誘ってくれました♪


周りのご近所中のおばあさんたちが教えてくれるそうで

直ぐに一緒にスタートしたのが農業を始めたきっかけです。


その当時の20代の時はやったー♪という気分でした。


それまでは会社の農地を間借りしたり、援農に行ったりしていた程度だったので。。。



農地を借りるのは農家さんしか借りれないというけど

一緒にするお手伝いなら全く問題ないですし、

耕具も揃っていてベテランおばあさんのご指導付き♪

贅沢な好条件です。


その3年前までそこに援農に行ってましたが

私が、引っ越しを考えていて行けなくなるかと思っていたのですが、

また畑に通えることが嬉しかったです。

今でもそこの地主さんとはご縁が続いております。



畑を借りたい


おばさんおじさんたちも体力のある私が仲間になって助かると言ってくれたし、

また毎日の田舎暮らしの楽しみが増えて嬉しかった♪のを覚えています。


私はご近所さんに恵まれていて

本当にありがたいです。



農業に憧れているなら都会で家で考えているだけでなく

思い切って田舎の農地に飛び込んで

農業の環境にどっぷり浸かれば

スタートは無計画でも何とかなるものです。


人は朱に交われば朱に染まるものですから。。。




農家さんの収入源が増えて目標をたてることが楽しくなる在宅副業

イノシシの農作物被害を防ぐための4つの対策方法



clip_image0022.jpg



田舎暮らし農業をやってると

困るのがイノシシ被害


イノシシが田んぼに入るだけで

売り物には出来ないほど

米が獣臭くなるといわれるくらい

イノシシの臭いはキツイのです。



yjimage1HDR3NAN.jpg



私が援農していた有機野菜農家さんでは

トウモロコシが大被害に遭いました。


電気柵では効果がなかったので今年から網に変えましたが

網をを飛び越えてトウモロコシを

一夜にして食べちらかされました(TT)



自然と共存している山の中で仕方ないのですけど

でもでも一生懸命作ったものを

いよいよ明日収穫だっという金曜日の夜に

悲劇が起こりました…


生き残った貴重な貴重な

トウモロコシをいただきまして…

こちらも恐縮しちゃって。大事に大事に食べました。


援農といっても

困った猪対策。


イノシシ君はとっても頭がいいので

一度仕掛けにかかりそうになると学習します。


電気柵も一度越えるのを失敗して、

研究して加速して飛び越えたのでしょう…


一般的には電気ショックは慣れにくく、

一番効果があると言われている

イノシシ対策なんですけどね。


援農先では電気柵も網も効果なしでした。



8BvPL7X0.jpg




イノシシ対策(防除法)の種類


イノシシ被害が拡大しないために

防除することが必要ですが、

イノシシはすぐに慣れてしまうので

根気よくいろんな方法を試す必要があります。


できれば一軒一軒ではなく

集落全体で協力しあうのが望ましいですね。




防除法として、


・嗅覚防除…髪の毛、クレオソート、血粉、犬の糞など

・聴覚防除…爆音器(近所でも夜中に鳴ります)、ラジオなど

・視覚防除…赤い布、ビニール風船、点滅ライトなど

・物を使った防除…金網、漁網、ネットフェンス、トタン、電気柵など


があげられます。


嗅覚や聴覚はすぐ慣れてしまうとのこと…


トタンは畑などの中が見えなくて

高さがイノシシの目線より高いものは

比較的被害は少ないのです。


その理由はイノシシは目で、

着地点を確認して侵入する習性があるからですが、

しかし、少しでも隙間があると

そこをつききって侵入してきますので

完全に囲う必要があります。



イノシシは目で確認して鼻で触るので

電気柵は視認性を高くすることが必要です。


電気柵の効果は高いとは言われますが、

私の援農先のように

一度痛い目にあってもまた来ることもあるので、

気が抜けないです。



自治体によってはイノシシ対策による

補助金があるところもありますが、

条件などは異なるので役場で

確認してみると良いでしょう。



ちなみにご高齢の女性が一人で

かぼちゃを育てていて、

イノシシに荒らされ気力を失い、

もうそのシーズンは畑をしなくなってしまったという例もあり


それほど、作り手にとっては

イノシシの被害の精神的ダメージは大きいのです…。


熊も出るところもありますので

夜明けの畑は要注意です。



私は罠と鉄砲で獣被害から自分の農作物を守っています。

やはり獣は頭が非常にお利巧ですから小細工は全く通用しません。

狩猟をすることで力で制圧するしか方法はないのです。





農家さんの収入源が増えて目標をたてることが楽しくなる在宅副業

栗の木はお世話が大変!



yjimage4M1ZY0GT.jpg



私の山と畑と田んぼのある古民家の別宅のお庭で大きく佇む栗の木。


🎶大きな栗の木の下で

あなたとわたし〜仲良く遊びましょ♪



っと子供なら本当に歌いたくなるくらい大きくて

でも大人の私は毛虫の落下に気をつけましょうっと、、、

現実を考えてしまうほど。。。



田舎暮らし農業ではを植える前によく考えましょう。



私は栗の木の下を通る時は毛虫が怖くて早足です^^笑


昨日の雨風で受精しなかった雄花が落ち

ムカデがいっぱいいるみたいで気持ち悪いので…

夜明けと共に通路だけでも掃きました。


栗の花 栗の花


外の通路の部分だけでも大量です。



b55daa826fce6d8c688caac565d3809a.jpg



一応これでもかき集めました。↑

ホント、ムカデみたいで気持ち悪いでしょ。


うちは山の中だから良いですが、

これがもしも家のお庭だったら。。。

想像しただけでもゾっとします。



さてさて、今度は栗の雄花だけでなく

地面にに落ちた実もお掃除というか収穫します。


栗の実が落ちても足の踏み場もないくらいに凄いことになります。↓



yjimageQNYY3CME.jpg



栗の木は本当に植える場所に注意しましょう。



気持ち悪い栗の雄花や、痛い痛い栗の実の後は

可愛らしい栗の実の赤ちゃんです。

めちゃくちゃ小さくて可愛いでしょ。
 
小さくてわかりにくいので

アップでわかりやすいものを↓



49c8c1ec49c887a96e1508fbc5c3f741.jpg



手が届かない位置なので

手のひらと比較できないんですけど、

まだ直径15mmくらいのミニミニの栗の実です。



ここでクイズです。

栗の実は 野菜でしょうか?果物でしょうか...???

...

.....

はい、栗の実は果物に分類されます。


私は野菜なのか果物なのか自体

今まで考えたことも無いのですけど

成長を見ているうちに気になって来ました。



秋に収穫するのが今の楽しみです。


毎年はこれ位の量が毎日毎日拾えました(^^)



yjimageO84IH2B0.jpg



もちろん…もちろんね…

こんな感じでお掃除も大変でしたっ。


食べるのも皮をむくのが大変な作業ですしね。


皆さんもお気をつけて。。。





農家さんの収入源が増えて目標をたてることが楽しくなる在宅副業

田舎では農作業中に何故ラジオを大音量で流しているのか?



t02200099_0580026013528602035.jpg



田舎暮らしのあるある・何故、農作業中にラジオを流しているか?


について今更ながら記載します。



今まで、私は農業に携わってきて知らなかったことですが、

農作物の販売代行等で

農園に行くことがあったのですが、

全ての農園ではありませんが、

ラジオをガンガンに流しているんですね!


私は農作業中に一人寂しく

ヒマという言い方は適していませんが、

話し相手がいないので

耳だけでも何か刺激が欲しいのかな?


という程度にしか考えていませんでした。


ただお店にBGMがあるのと

同じような感じで捉えて気にしてなかったのが

今更ながら恥ずかしいです・・・


何もあんなに大音量で流さなくても・・・

ご近所迷惑だろ!


っとまで思っていました。




我が家にアナグマが住み着いた時のお話し…

前にも少し記載しましたが、

5月にまた私の家の床下にアナグマが住み着いてしまい

本当に苦労しました・・・



nihin-anagumaWM%20(5).jpg



今は無事に来なくなったのですが、

その時にめっちゃくちゃ調べたんです。


狼の尿素を撒く。笑

焼けた匂いのする薬剤を撒く。

セロリを植える。

ブロックを敷き詰める。


狼の尿素をまくこと以外は色々したけど全く効果はなく、

毎日毎日アナグマとの戦いでした^^;汗


そこで、山に入る前に熊に注意の看板がある下に

一人で歩くときはラジオを携帯しましょう

と書いてあったのを思い出し、


床下に生息しているであろう場所に

ラジオを置いたりして

撃退を目指すも中々…


更に電波も入り難く、

ラジオがギーギーガーガーと苦戦^^;


何の効果もなかった理由は赤ちゃんを産んでたから

母としては何をされても絶対に入って来るので

何の対策も意味がなかったので、

本来ラジオの効能はあるかどうか答えは分かりません・・・。


その時にふっと

恥ずかしながら今更気がついたんです。




何故、農作業中にラジオを流しているかが腑に落ちた。


私が訪ねていた農園で

ラジオを流している所は

全部、山にある農園なんです。


もしかするともしかすると

自分が作業のBGMにしたいだけではなくて、

熊とか野生の獣が来ないようにしてるんじゃないかと。。。

(効果があるかないかは私は分かりませんのであしからず…)


え?今更って感じですが、

自分の感覚ではラジオって聞く為のものなので

勝手な思い込みで決めつけていたんですよね。


だから今はラジオが大音量で流れていても

それは本人の嗜好ではなくて

クマ撃退の為なんだなあと…。


獣避けの為に山に入る時はラジオを持つとか、

畑で一晩中ラジオを流すとかは

当たり前のように知っていたのに、


農作業中のビニールハウスの中でラジオをガンガンに流すなんて。。。


意味が分かった時は

何故か抜け落ちてしまっていました。。。


農家の方に聞くと、

農作物そのものが音楽を聞くことで刺激になり、

元気にスクスクと育つらしいです!



山暮らしの人には当然のあるある常識で

今更?と呆れるかもしれませんが、

逆に都会の人にはこの記事は

ちんぷんかんぷんかもしれません 笑





農家さんの収入源が増えて目標をたてることが楽しくなる在宅副業













×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。