田舎暮らし 田舎定住支援制度など - MLM革命!在宅副業と田舎暮らしのすすめ

田舎暮らしへの情報のインフラや移住制度の改善・検証ができる時期?!



yjimageJWXD4FTS.jpg



2,017年前半、

ブログで活動をしておりまして、様々なご相談をお受けしてきました。


田舎暮らしするには?

移住先の集落との付き合いの悩み

田舎で起業する準備にどんなスキルが必要か

地域おこし協力隊になる不安がある

地域おこし協力隊ではない移住をしたい

田舎で地域活性の役に立ちたい

農作物を作って販売したい


などなど人によってさまざまな問題を

直接メールでお応えしてきましたが、

最近は特に田舎暮らしをするための情報が増え

国の施策でもある地域創生ということもあり

田舎移住の精神的な壁も低くなってきましたね。




教えて!goo×地域創生プロジェクトは登録無料で情報収集ができる。


地域おこし協力隊になるには?という相談も増えていて

どちらかというと田舎で独立して好きなことを仕事にすることを推奨しているので

あまり受け入れ態勢のある情報をお届けすることができません。


自力で頑張ったほうがしがらみないよ!というのも本音で。



でも、確かに最初は地域に溶け込むためにも

地域おこし協力隊になって人脈やスキルを築く方法も

人にとっては有効的ではあります。



暮らしのこれからを変える

地域おこし協力隊員募集中

無料会員登録時にあなたの希望する地域や

何に興味があるかを登録しておくと


その条件に近い情報がある際に

メールで担当者さんが連絡をくれたり

移住に関するイベントの案内が届くものもあります。


メール登録をする段階で営業電話などもかかってこないので

情報収集の一つとして登録することをお勧めします。




田舎暮らしへの情報のインフラや移住制度の改善・検証ができる時期?!


田舎暮らしをする方法は地域おこし協力隊だけではありません。


カフェを開業したいとかいろんな相談を受け付けている

自治体もあるので、上手に活用できると良いですね。



地方創生に関して数年経過しそれなりのデータや結果、

失敗・成功含め、いろんな答えが出たころで、

これからの改善や良案などが出てくると思います。


ただ、正解はご自身の価値観によって変わるので

情報だけに流されないようにお気を付けください。





好きなことをしているだけで儲かる超ハッピービジネスで真の成功者になる!




子育て世代の田舎移住制度はどんな特典がある?



yjimage885A6L2F.jpg



今回は、田舎暮らし子育てはどんな特典がある?

についてお話をします。



地方の各自治体は

過疎化防止

のために、人口確保を目的に、移住特典を設けています。


ですから子供がいる世代の田舎移住はかなり良い条件があります。


この特典とは田舎定住支援制度のことですが、

THE爆報フライデーを筆頭にテレビで移住特典という言葉が

多く使われるようになりました。




子育て世代の移住支援に関しては各自治体により異なる。


テレビや雑誌などで●●県●●市の移住特典と紹介されているのを

目にすることがあるかと思いますが、

その特典はその地域の条件であり、地域により異なります。



子育て移住支援の例。


高知県土佐市…出産祝金支給

(土佐町に1年以上住所を有し、

かつ居住し引き続き土佐町に居住する意思がある者・

1人につき年額6万円その他条件あり。)


鹿児島県奄美市…出産祝金支給

(市内に1年以上居住している者の第二子以上の出産時に支給。

第2子2万円、第3子以降5万円。)


北海道旭川市…保育料助成・医療費助成

(小学生までの子どもの入院・通院にかかる

健康保険適用の医療費自己負担額を助成。)


などなど、場所に寄って条件や支給金額が変わります。



医療費や学費の助成が主になりますが出産祝い金や

妊婦さんの通院補助金などある地域もあります。




ネット上だけでは判断しにくいので自治体に直接聞く。


ネットで移住者のブログを読んで、私もその制度を利用しよう!

と思ってもあなたは条件に見合っていないことや

場所によって違うので必ず管轄の自治体に確認をしましょう。



あと、すぐに支給されるのではなく、

移住後1年経過した際に支給されるなどの条件もありますので、

資金計画に助成金を入れていると

計画通りにならないこともあります。



とにかく子育て支援の移住制度はかなり家計が助かりますね。


ただ、それだけではなく、お子様にとっても、本当に良い環境なのか?

子育ての方針と見合っているのかを考えましょう。


田舎の子育てはのびのびしていいですが

高学歴の英才教育をさせようと考えている人は

立派な家庭教師が近くにいるか、塾があるかなどを考えないと

遠方に通わせるための費用もたくさん必要になります。


田舎の夫婦共働きが多いのはお子様の学費、特に地域から出て

一人暮らしをする際の生活費や家賃などが必要になることを予想した

子供の学費貯蓄目的でもあります。


都会だと通いで済んでも、地方だと下宿になりますからね。


子供の夢を摘まないよう心も金銭的にもゆとりを持った田舎移住を意識しましょう。



子育て世代の田舎移住支援制度はどんな特典がある?まとめ。


子育て世代の移住支援に関しては各自治体により異なる。

ネット上だけでは判断しにくいので自治体に直接聞く。

目安としてはJOINッポン移住・交流ナビを使う。


JOINニッポン移住・交流ナビで検索してみてください。





田舎での子育てもこの在宅副業で子供にも優雅で贅沢な暮らしをさせてあげられる


晴れの国・岡山県の田舎定住支援制度の実例



yjimageXMTJW321.jpg



今回は、お試し住宅制度って?岡山県田舎定住支援制度の実例

についてお話しますね。



私が大阪にいたころ農業が盛んで海もあり大阪にも近いということで、

島根県、鳥取県、岡山県、愛知県田原市も候補地にあがっていました。

その時に色々と調べたことを記憶をたどりながら少しずつ書いていきます。



岡山県のお試し住宅制度って?


お試し住宅制度とはこれから田舎暮らしをしたい人が

田舎移住を決意する前に自治体などが管理をしている物件に一定期間住んでみて

近所付き合い、気候、風土、雇用、教育、生活環境等々の

不安を体験して、定住するかお試しに田舎生活をする制度です。


極力負担が少なく田舎暮らしを体験できるメリットが有ります。


お試し住宅の賃貸期間終了後の空き家の紹介を受けたり、

移住定住促進補助金がもらえることもあります。


自治体の条件を必ず確認する。


テレビなどでもお試し住宅の紹介があり、

お気軽に田舎暮らしを体験できるイメージが有りますが、

各自治体によってルールがありますので確認しましょう。


特に賃貸期間や、家賃、お試し期間中の仕事の紹介

参加しなければいけない行事などそれぞれ規約があります。




暮らしやすさが魅力の晴れの国おかやまの実例。


岡山県は田舎移住・定住者に積極的に情報配信をしていて

田舎暮らしの物件探しでも岡山県は情報が沢山あり

仕事情報も比較的収集しやすいし移住者も多いです。



おかやま晴れの国ぐらし

というサイトや空き家情報バンクのホームページも充実しています。


「晴れの国ぐらし」とは、快適・便利・安心な岡山県での暮らしを提案し、

岡山県内27市町村と岡山県から、これから岡山移住や岡山との交流を

検討されている方に向けて配信する情報サイトでメールマガジンもあります。


住まいるおかやまでは主に約1,700社の業者さんが集い

岡山市・倉敷市・津山市・玉野市・笠岡市・総社市などの

賃貸/売買の不動産情報が掲載されています。




美作市 『お試し住宅』 入居者募集条項。


各自治体や募集時期により、変わりますので必ず

自治体のホームページや広報などをご確認ください。


下記には募集の実例として掲載しますが、条件は変わることもあります。



お試し住宅利用条件。


美作市外へ在住の方。

美作市への移住を希望される方。

地元集落の自治会活動等へ参加する意志のある方。

利用期間中、1名以上が常時滞在できる方。



お試し住宅設備

家賃は月額2〜3万円。

利用期間は6カ月〜1年。

上・下水道・光ケーブル整備。CATV・NTT光インターネット・光電話利用可能。

光熱水費は全て自己負担。



お試し住宅制度って?のまとめ。

お問い合わせ先は各自治体。

自治体によって条件が違う。

極力負担が少なく田舎暮らしを体験することが出来る。





好きなことをしているだけで儲かる超ハッピービジネスで真の成功者になる!

お得な田舎暮らしをしたい方の移住特典を探す方法



yjimageM0L5B0AV.jpg



前回の続きで、

お得な田舎暮らしをしたい方の田舎移住特典を探す方法です。


前回のレッスンでは、

まずは目安として JOINニッポン移住・交流ナビを使う。

その後条件を絞って実際に足を運んで判断する。

田舎定住支援制度を有効利用する。

気になる場合お試し住宅制度も利用してみる。

と前回お話しをしましたね。



中古物件になると実際に見ないとわからないことも多く、

リフォーム代や下水工事代が必要になる場合もあるともお伝えしました。




田舎暮らしの空き家バンクの物件価格は高い場合も。


都会と違い田舎は固定資産税も安く、同じ100坪でも評価額の差が大きく、

都会では住めない豪邸が田舎では手に入れやすいです。


アパートを借りる際の駐車場も都会は月額3万円するところもザラ。

しかし地方では場所によりますが2−3千円と0の数が少ないのです^^;


しかも1台分は家賃に含まれていることもあります。そういう視点から見ても

都会の人から見ると田舎の土地は安い

わけですからどれもお得に思いがちなのです。


がしかし、その価格は実は地元の人から見ると高いことも


実際私も今の住まいの土地は地元の人に借り、

150坪あるんで庭も家も広く妥当かと思うのですが、

住んでからご近所さんと親しくなり、土地代が高過ぎると言われています。


誰があの土地借りるんだ?高過ぎるだろ、とまで言われてたそうで…

そう言われるとちょっと悔しいかななんて思いますね^^笑


でも年間7万円ですので大阪と比べればかなりお得ですよねぇ。



沖縄に住んでいた友人が最初は賃貸暮らしで数年後に家を購入し、

都会に戻る際に売りに出して、都会の方に購入してもらった際に

購入価格よりも高く買い取ってもらえたのに

相手は安く買えたと喜んでいたという実例もあります。


まさに、購入者には言えない秘話ですよね…。

ご本人が満足しているので教える必要はないかと思います。


私も後で知らなければ土地代は満足してたので…



最初は田舎で賃貸暮らし・慣れてから購入という方法もあり、

空き家バンクにかぎらず、田舎暮らしの情報を検索すると

ここぞとばかり?不動産屋のサイトが出てくるので

どうしても購入しないといけない固定観念に縛られがちですが

最初はお気軽に賃貸のほうが実は良いこともあります。



その理由として、その地に馴染めなかった場合引っ越ししやすいことや、

地域に慣れたら地域だけの口コミや物件紹介があります。


地元は地元なりの相場というものがありますし、

家の傷み具合なども地域の人はよく知っています。


家賃を払うのがもったいないと思う人もいますが、

いざ購入して損をしたり、あとに引くに引けない状態で

苦しい田舎暮らしになってしまう方がもったいないです…。



田舎暮らしの空き家バンクの物件価格は高い?まとめ。


田舎の物件探しをする際には、

その地の評価額・固定資産税を調べる。

リフォームが必要か・下水工事が要るか調べる。

その地に馴染み、地元の人に相談してみる。





好きなことをしているだけで儲かる超ハッピービジネスで真の成功者になる!

お得な田舎暮らしの移住特典を探す方法とお試し住宅のススメ



yjimageD4NFW809.jpg



田舎暮らしがいかにお得かと感じさせるようなフレーズで

移住特典

という言葉が最近出てきましたが田舎定住支援制度のことです。


今回説明で使用したサイトは、

JOINニッポン移住・交流ナビで検索してみてください。



yjimageE27JXLBN.jpg



JOINニッポン移住・交流ナビで田舎移住情報収集できること。


・田舎暮らしのお得な移住特典

・田舎の住まい情報(空き家バンク)

・地域おこし協力隊情報

・移住体験者のブログ


など閲覧することが出来ます。


全国の移住特典・田舎移住支援制度も探しやすいのですが、

特典には注意点もあります。




移住特典は自治体にも狙いがあります。


田舎移住支援制度は移住者を増やすための特典ですが、

もちろん無条件でだれでも歓迎ということではありません。


理由や狙いがあって自治体は移住特典と名を打って

移住者を募集しているわけです。


なので年齢制限や家族がいる人限定。

何年以上住まないといけない、自治体の指定する場所に住まないといけない

などなど様々な制約も当然あります。



自治体は人口と良い人材と税収がほしい

わけですからそこに応える必要があります。


なので基本的に高齢者に対する移住特典は少ないです。


ただ、東京都日の出町では日本一お年寄りに優しい町として

75歳以上の人は医療費が無料という補助制度があり、

ガン医療費も無料。80歳以上のお年寄りには温泉の宅配もあり。

60歳以上の人は町内を走るバスが無料。

1食500円週2−3回栄養バランスの取れた食事の宅配サービスがある。

65歳以上、1回500円で年に6回出張カットをしてもらえるなどなど

住んでいる高齢者は幸せそうに暮らしているとのことです。




空き家バンク・住まい情報でお試し住宅も探そう。


空き家バンクは各地の空き家情報が見れます。


各自治体によって掲載方法は違いますが共通して言えることは、

物件は写真と図面だけで判断してはいけません。


中古物件になると実際に見ないとわからないことも多く、

改装しないといけない荷物が入ったまま、

ボットントイレ、ずっと空き家で虫だらけ

ということもあります。


最初は無理に購入しなくても、お試し住宅制度などを

利用した方がいいと私は考えます。


一度お試しで住んでみて近所づきあいや、生活や仕事を経験し

そこから住処を見つけるほうが移住を失敗する後悔が少ないと思います。



田舎の住まいのことや各地の移住情報まとめ

まずは目安として JOINニッポン移住・交流ナビを使う。

条件を絞って実際に足を運んで判断する。

お試し住宅制度も利用してみる。





好きなことをしているだけで儲かる超ハッピービジネスで真の成功者になる!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。